4技能試験とは

4技能試験とは

2020年に向けて日本の英語教育は大きな転換点を迎えます。
小学校3年生から「外国語活動」が導入されたり、小学校教育での英語の「教科化」、センター試験の廃止など、多くの英語教育改革が2020年に向けて実施されます。
その中で最も注目されているのが、センター試験が今までの「読む」・「聞く」だけの「2技能型」試験から、「話す」・「書く」を加えた「4技能型」試験に変わることです。マークシート形式の他に、英語の運用力を測定する記述形式、口頭形式の問題も出題されるようになります。
「4技能型」試験の運用について、文部科学省は、4技能を総合的に評価できる外部試験の活用も決めました。
そして、この4技能を評価する外部試験として、いま注目を集めているのが「TEAP」です。

TEAP(Test of English for Academic Purposes)

TEAP(ティープ)とは、Test of English for Academic Purposesの略語で、上智大学と公益財団法人 日本英語検定協会が共同で開発した、大学で学習・研究する際に必要とされるアカデミックな場面での英語運用力(英語で資料や文献を読む、英語で講義を受ける、英語で意見を述べる、英語で文章を書くなど)をより正確に測定するテストです。 テスト形式は総合的な英語力を正確に把握することができるよう「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能で構成しています。
2015年度の入試から上智大学・立教大学の全学部で採用されており、2017年には筑波大学で採用される見通しとなっています。

TEAP採用大学一覧

TEAP採用大学は、日本英語検定協会のホームページ、「TEAP採用大学一覧」ページでご覧いただけます。

TEAP採用大学一覧

「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能を測る

TEAPは利用者の総合的な英語力を正確に測定するために、下記4技能のカテゴリーから構成しています。

Reading test : マークシートによる択一選択方式(時間:70分)

Listening test : マークシートによる択一選択方式(時間:約50分)

Writing test : 解答用紙への記入(時間:70分)

Speaking test : 1対1の面接方式(時間:約10分)

TEAPの出題例

● Task A/Bでそれぞれライティングのトピックスが与えられます。

その内容を英語で理解し、自分の考えや意見を200文字程度で書きます。

(出典:TEAP | 公益財団法人 日本英語検定協会より)

● 1つのテーマに沿ったスピーチ

カードに書かれたトピックを読み、トピックについてスピーチを行います。

TOPIC

“It is good to teach English in Japanese elementary schools.”
Do you agree with this statement? Why or why not?

● Q & A(質問は複数)

Examinerから複数の話題について質問されます。

Should parents limit children's use of the Internet?
Are there any advantages to studying online rather than in a classroom?
Do you think reading newspapers is better than watching the news on TV?
Do you think social media such as Facebook and Twitter are changing the way people interact?

バイリンガルの学習法を無料体験

今すぐお申し込み