あの子がここまで成長できた訳とは?キャタルの保護者さまに聞きました!

今回は「キャタル二子玉川ライズ校」に通ってくれている生徒さんをご紹介します!

平野瑛斗(Hirano Eito)くん、小学4年生。
キャタルの生徒さんを紹介するにあたり、真っ先に思い浮かんだのがEitoくんでした!

2020年3月下旬、春期講習から参加してくれたEitoくんは
なんと初回レッスンを受けたあとすぐ、
新型コロナの影響でキャタルが休校を余儀なくされてしまい
2週間ほどレッスンを受けることができませんでした。

そして4月中旬、レッスンの流れをまだ掴めていないまま
自宅でオンラインレッスンがスタートしました。
実は、このオンラインレッスンを始めた当初、
涙がポロポロと出てきてしまったのです・・
どうやら不安が大きくなってしまった様子。

そんなEitoくんは今、一番乗りで教室へ入ってきて
とても意欲的に英語を学習してくれています!

あの涙から半年、ナゼここまで成長してくれたのでしょうか?
一番近くでEitoくんを見てきたお母様にインタビューをさせていただきました!

小さな挫折と成功体験

まず一つは、彼の性格が功を奏したと思っています。
基本的に負けず嫌いなんです。悔しいことがあってもそこで諦めないタイプで。

その性格が一層強くなったきっかけが4才から始めた習い事のバイオリンです。
私の経験上、音楽など何でもいいのですが、何かひとつ続けていくものがあると
人生に彩りが出ると思うんです。

そこでバイオリンを始めました。(お母様もバイオリン経験者)
ただし、自分で「やりたい」と言わない限り始めないようにしています。
(興味が出るようにコンサートに連れて行ったり、
一緒にバイオリン奏者の動画を観たりしたそう!)
親の意向で始めても結局続かないんですよね…

もちろん最初はそこでも泣きましたよ。笑
でも、バイオリンを通して、諦めない大切さを覚えてくれました。
やった!出来た!という成功体験も得られていると思います。

楽しいから続けられる

もう一つは、
キャタルへ通い続けたことで「楽しい」と感じるようになったからだと思います。

キャタルで読む本は、絵を見ながら音読していくので
なんとなくストーリーがわかるようになってきたり、
自宅でCDを聴きながらネイティブの発音をマネして音読していると
弟が笑って喜んでくれたり、
小学校の英語の授業でも手を挙げて答えられるようになったり、
あと一番は寡黙なお父さんが笑顔で褒めてくれることが嬉しいみたいです!笑

それと、キャタルでは色々な絵本をどんどん読み進められるので
次の本はどんなストーリーかなっていうワクワク感もあれば、
これだけの本を読んだぞ!という達成感もあるようです。

キャタルを通して変化したこと

我が子ながらすごいなと感じたことは、
音読している時のリズムや抑揚がまさに英語になっていることです!
正しい発音で読めていない部分もまだありますが
今の時期はそれで充分だなと思っています。

それと、宿題を「いつ・どこで・どれくらい実施するか」を決める“ホームワークカード”
(キャタルでは自分で復習の頻度を決めてもらいます)にも変化がありました。
毎回、レッスンが終わった後は「毎日やる!」と意気込んで全曜日を選んでいたのですが
やっぱり2日、3日経つと毎日宿題することを忘れちゃうんですよね…

そこで、キャタルはタダじゃないんだよっていうシビアな話もしまして(笑)
これでは意味がないとハッとしたのか
自分で考えて「週3回」と決めるようになりました。
小さなことですが、自分で考えて決めていく作業は
将来、自分で道を切り開くための一歩かなと思います。

成長の源はお母さん

たくさんお話いただき、ありがとうございました!
お母様のおかげで、教室の様子だけではわからない
Eitoくん自身のストーリーを聞くことができて、本当に楽しい時間となりました。

お母様からは、こんなステキなお言葉をいただきました!

「毎日あっという間に過ぎていくけど、こうやって息子のことを振り返ってみると、
彼の良さやがんばっているところを改めて実感することが出来ました!」

そんな風に思ってくれるお母様がそばにいたからこそ
Eitoくんもがんばって来られたのかな^^
同じ母として学ぶべきことがたくさんありました。

我が子を信じること、認めてあげることって、
こどもが成長するために欠かせない要素ですよね。
(頭では分かっているんですが、
日々生活していると目の前のことですぐ怒ってしまいがちな私…反省。笑)

EitoくんはABCから習い始め、
約半年たった今では簡単なストーリーが読めるようになりました。
これからもっともっと成長していく姿を見るのが楽しみで仕方ありません!