英検準二級の単語レベルを解説!おすすめの覚え方勉強法教えます

英検準二級の単語レベルを解説!おすすめの覚え方勉強法教えます

こんにちは、4技能型英語塾のキャタルです。英検合格はもちろんのこと一生使える英語力を身につけるための塾です。この記事では、英検準2級単語の難易度や合格点・合格率、準2級→3級との違い、具体的な勉強法・対策を紹介します。ぜひ最後までお読みくださいね!

英検とは

英検は、日本英語検定協会が実施する検定試験で、正式名称は「実用英語技能検定」といいます。

1963年に創設、1968年に「文部省認定の技能検定」の認定を受け、毎年約250万人が受験している、日本でもっともポピュラーな英語の技能検定です。英検の特色は、英語の「読む」、「書く」、「聞く」、「話す」の4つの技能を測定できる点です。年間の受験者数は250万人を超え、大学入試、就職など様々な場面で英語力を証明できる資格として活用されています。

検定は年3回、全国各地の会場で実施されています。試験は易しいレベルから順に5級、4級、3級、準2級・2級、準1級・1級の7つのレベルに分かれています。試験後は、合否の結果と英検CSEスコアが通知されます。検定料は級によって異なり、2級の場合は本会場での受験は6,500円、準会場での受験は5,500円です。

引用:英検準二級に合格のための勉強法対策総まとめ

準二級の試験内容

試験はリーディング、ライティング、リスニングの3技能を問われる一次試験と、スピーキングを問われる二次試験から成ります。準2級は、65%程度得点すれば合格できるといわれています。各試験の出題内容と流れを見ていきましょう。

一次試験

試験時間は筆記が75分間、リスニングが25分間です。ライティングは記述式、その他はマークシート方式での回答です。

・リーディング(4肢選択マークシート方式)
短文の語句の空所補充、会話文の空所補充、長文の語句空所補充、長文の内容の一致選択

・ライティング(記述式)
50~60語で自身の意見とその理由を2つ記述式の英作文

・リスニング(3~4肢選択マークシート方式)
会話の応答文選択、会話の内容の一致選択、文の内容の一致選択

二次試験

一次試験に合格すると、二次試験に進みます。面接試験は6分間です。面接は以下の流れで進められます。

  1. ノックをして入室
  2. 「面接カード」を渡す
  3. 着席
  4. 氏名の確認と挨拶
  5. 「問題カード」を受け取った後、試験開始
  6. 試験終了後、「問題カード」を面接官に渡して退出

コミュニケーションは全て英語で行われ、「問題カード」を見ながら面接が進められます。試験内容は、パッセージの音読、パッセージについての質問、イラストについての質問、受験者自身の意見を問う質問が出題されます。スピーキングでは、応答内容、発音、語彙、文法、語法、情報量、アティチュードなどが評価対象となります。アティチュードとは、態度や姿勢のことで、面接中は黙り込んだりせず、積極的にコミュニケーションを取ろうとする姿勢を見せることが重要です。

英検準二級の単語レベル

準2級のレベルは高校中級程度で、身の回りの日常会話から、教養を深める教育や科学、社会的な題材など幅広い場面や題材が出題されます。3級までは着実に英語の基礎力を身につけていくのが目的だったのに対し、準2級は基本的な応用力として次の段階へつながる重要な級と位置づけられています。準2級に合格するためには、大体3800から4000単語の語彙力が必要とされています。これは3級の約2倍とも言われていますので、準2級に合格するためには語彙力が重要なポイントとなります。

英検準二級のレベルを解説。TOEICやTOEFLとの難易度などを徹底比較

たとえばこんな単語!

ここでは、準2級で頻出の重要単語をいくつかご紹介します。現段階でどれだけ分かるか、レベルをチェックしてみましょう。

  • order:〜を命令する/〜を注文する
  • decide:〜を決心する
  • practice:〜を練習する
  • protect:〜を保護する
  • environment:環境
  • direction:方向/指図
  • amount:量
  • neighbor:隣人
  • while:〜する間に/〜だが
  • certainly:確かに

熟語も一緒に勉強しよう!

リーディングの大問1の空所補充問題などで熟語の知識が問われますので、熟語も覚える必要があります。また、大問2の会話文の語句補充でもある程度会話表現を覚えておく必要がありますので、ここでは頻出の熟語と会話表現をご紹介します。

熟語

  • be aware of:〜に気づいている
  • be used to doing:〜するのに慣れている
  • make use of:〜を利用する
  • make sense of:〜 を理解する
  • take advantage of:〜を利用する
  • take care of:〜の世話をする
  • put off:〜を延期する
  • in spite of:〜にもかかわらず
  • in stead of:〜の代わりに
  • so far:今までのところ/そこまでは

会話表現

  • Would you like:〜はいかがですか?
  • What do you say to -ing:〜しませんか?
  • Can I/May I/Could I:〜してもいいですか?
  • Would you mind -ing:〜していただけませんか?
  • Please make yourself at home:どうぞくつろいでください。

おすすめの勉強方法は?

単語を覚える際、勉強方法にちょっとした工夫をすることで単語が覚えやすくなります。ここでは単語の勉強方法についてご紹介します。

丸暗記じゃもったいない!

単語を覚えるなら丸暗記するしかないと思っている人もいると思います。また、せっかく苦労して丸暗記できても試験が終わればすぐに忘れてしまって身につかないといったご経験もお持ちの人もいるでしょう。実は単語の丸暗記は非効率的な勉強方法です。単語を覚えるときは、語源を一緒に覚えると語彙力がぐっと上がるのです。漢字も「魚」という漢字を覚えれば、「鰯」や「鯖」といった漢字は読めなくても魚の一種であることは分かります。これと同様の方法で英単語も語源の組み合わせで覚えることができます。例えば、「vis(見る)」を覚えれば、語源を派生させることで以下のような単語も覚えることができます。 vision:視覚 visible:目に見える revise:改訂する このように20の語源を派生させれば1483語もの単語を覚えることができます。チャレンジしてみましょう。

アプリが本当に効果的?

最近では、英単語暗記のアプリなどが多くリリースされています。アプリを使用すれば、通学、通勤の合間に勉強ができますので、忙しい方にはおすすめの勉強方法です。しかし、多くのアプリは単語や例文を見て覚えるだけなので、なかなか頭に入ってこないなど定着させるのには少し時間がかかるかもしれません。また、アプリの中には同義語、対義語が表示されなかったり、反復練習ができなかったりするものもありますので、効率的に学習できないといったデメリットもあります。アプリは単語学習のメイン教材として使うのではなく、学習の補助的な位置づけで活用することをおすすめします。

本を使って覚えよう!

英単語を覚えるには、やはり本を使うのが一番です。本を使って学習することには、書き込みがしやすい、間違えたところが一目でわかる、反復練習も自分のペースで行いやすい、といったメリットがあります。実際、キャタルでは反復練習を重視しており、「ボキャブラリーカード」を用いて効率的な学びをサポートしています。さらに、単語帳ではなく、英英辞書で意味を調べる学習方法をキャタルは採用しています。英英辞書で調べることは、言葉そのものが持っている意味を知り、さらに言葉がどのように使われているのかということも学べるため、より効率的で実践的な英語学習方法といえます。

単語学習の方法について、こちらで解説しています!

英単語の正しい覚え方!語彙力を強化する効率の良い学習方法を徹底解説します

英検準2級に合格して自信に!継続する力を武器に英語が上達

英語塾キャタルでは、英検準1級に合格することで自分の夢への実現へと近づいた生徒たちがたくさんいます。その生徒たちは、決して「近道」をした訳ではありません。英語学習を楽しみながら継続して学び続けることで、英検合格に必要な英語力を身につけているのが特徴です。

英検準2級に合格して自信に!継続する力を武器に英語が上達

英語塾キャタルに通うK君は、通塾4年で英検準2級にほぼ満点で合格しました。Kくんが成長した秘訣は、「継続する力」でした。Kくんがキャタルで英語学習を始めた頃はアルファベットがわかるぐらいでしたが、4年半以上キャタルで学び続けている理由は、レベルが上がっても同じ学習方法で学び続けられるからだと語ってくれました。

もともと「英語を使って何かをしたい」という明確な目標は持たずに英語学習を始めたKくんですが、伸びている自分に気づくその瞬間が嬉しくて英語学習を続けた結果、英検準2級合格に繋がりました。

英語学習のスタート時期や習得している英語レベルは、一人ひとり異なります。だからこそ、一人ひとりのレベルに合わせた学習カリキュラムで学ぶことが大切だと私たちは考えています。不合格という回り道をせずに英検に合格するなら、ぜひ英語塾キャタルのWEBサイトへお越しください!