英検2級の合格ラインとは?
勉強法を徹底解説

英検®対策のキャタル

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です

このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認推奨、その他の検討を受けたものではありません。

英検2級の合格ラインとは?
勉強法を徹底解説

英検®対策のキャタル

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です

このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認推奨、その他の検討を受けたものではありません。

英検2級の合格が難しいのはなぜ?

必要な語彙数は約5,000語!英検2級は「高校卒業程度」の英語力が必要です

英検2級は大学入試レベルとされていますが、リーディングでは社会性のある内容の文章を読めるだけの語彙が、リスニング・ライティング・スピーキングでは日常生活レベルの語彙が必要です。
「英語が出来るようになりたい」人にとっては、英検2級の単語は全部知らなければいけない単語だといえます。
5000語もの単語を覚えるには、一夜漬けや短期間の学習では間に合いません。長期的に積み上げてきた学習が大切なのです。

また、英検2級で重要なのはライティングとスピーキングです。
ライティングでは、準2級の質問形式と違ってTOPICに対する意見を求められます。日本語でも書くのが難しいような、社会性のあるテーマが大きなハードルになっています。
スピーキングも同じく、準2級では日常生活の話題ですが、2級では環境についてなどの社会性のある問題が出題されます。
準2級ではパッセージのフレーズをほぼそのまま述べればよかったものが、2級ではパッセージのフレーズを文章として成り立つように整える必要があるなど、答え方もよりレベルが上ってきます。

英検2級を合格できる点数は?

\ 約70%以上の正解率で合格! /

リーディング リスニング ライティング 合計 合格基準
650点満点 650点満点 650点満点 1950 1520

4技能化された英検では、CSEスコアが均等配分になるため一次試験のリーディングとリスニングだけ良くても合格できません。英検2級では、ライティングは英作文問題たったの一問を650点満点で評価されます。
二次試験のスピーキングも650点満点で、合格基準スコアは460点。
つまり、ライティングとスピーキングのスキルがとても重要になってきます。
参照:「英検CSEスコアのご紹介」日本英語検定協会

英検2級をとるなら、目指すは2級A!

4大学進学に向けて英検をとりたい方は、ぜひ「2級A」を目指して下さい。
「2級A」とは、2級に合格し、4技能合計CSEスコアが2150点以上の方に与えられる資格です。
2級の中でも、高スコア合格者に付与される海外留学用の語学力証明として、多くの大学が採用しています。
アメリカ留学では、2年生大学やESLに必要とされている基準は英検2級Aとなっています。
英検2級Aを取得できれば、海外留学への可能性も高まります!

キャタルで英検2級に合格しよう!

英検2級 一次試験対策のポイント

Point 1

リーディング

英検2級の長文読解では、社会性のある内容の文章を理解することができるレベルが求められます。大事なことは、文脈を素早く押さえることです。
だいたいの生徒が、分量に戸惑い、出てくる単語の難しさから意味を理解できず、苦戦することでしょう。

キャタルでは、時事的なテーマを取り上げたノンフィクション教材を使って、日頃から長文を読むレッスンを行っています。その中に出てくる単語を英英辞典を使って学び、直接和訳をしないことで、英文や前後の文脈から意味を理解できるようになります。単語と単語がイコールでつながり、言い換えができるようになれば、語彙が広がっていきます。
また、読解力を上げるには、音読をすることが一番の近道です。英文を目で読み、口で読み、口で読み上げた英文を耳から聞くことで効果的に英語力が上がります。口で読み慣れてくるとスピードが速くなっていきます。読むスピードが速くなれば、そのぶん長文も速く読むことができるようになります。
キャタルでは英文を読んだあとに必ずサマリーを書きます。サマリーを書くと思って英文を読むのと、何も考えずに読むのとでは、頭の中に入ってくる内容がまったく変わってきます。
要点を押えながら読む習慣を身につけておけば、英検や大学入試などで長文がでてきても戸惑うことはなくなります。

Point 2

ライティング

英検2級の英作文(ライティング)では、社会性のある話題について書くことができるレベルが求められます。社会的な話題に日頃から関心を持ち、それに対する様々な意見を知っておくことや、説得力のある英文の書き方を身に着けておく必要があります。
「課題で求められている内容が含まれているか(内容)」、「英文の構成や流れが分かりやすく論理的であるか(構成)」、「課題に相応しい語彙を正しく使えているか(語彙)」、「文構造のバリエーションやそれらを正しく使えているか(文法)」が問われます。
英作文には模範的な構成があり、それにあてはめて書くということはとても大切です。
しかし、ただ書くだけでライティングのスキルは上がりません。

キャタルは、質の高いフィードバックを受けて書き直すということが重要だと思っています。
しっかりとした添削指導を受け、フィードバックをもらった内容を繰り返し書き直すことでスキルを高めていきます。
キャタルでは、ネイティブレベルのスキルを身につけるために「Rewrites.me」というレッスンがあります。キャタルのバイリンガル教師をはじめ、イェール大学やハーバード大学といった海外一流大学の学生たちから直接英文指導を受けることが可能に。
はじめは英文のサマリー(要約文)を書くことで、文章の構成や書き方を学び、英語力が上がってくると、トピックに対して自分の意見を書くレッスンを行います。これは英検対策にもなりますが、AO入試などで提出する小論文や大学でのレポート作成にも繋がるスキルとなります。

Point 3

リスニング

英検2級のリスニングでは、社会性のある内容を聞いて理解することができるレベルが求められます。聞こえた音声から、会話の場面・状況を思い描いたり、英文全体の流れを把握したりする能力が問われます。
会話文ならば、男女がどこで会話をしていて(オフィスなのか、路上なのか)、2人はどんな関係なのか(友人同士なのか、店員と客なのか)を素早く想像することが大事ですし、説明文ならば、時を表す言葉(two years ago, nowなど)やつなぎ言葉(but, thereforeなど)を聞き取り、話の展開を予測しながら聞くことが大切です。

キャタルでは、テキストの文章を読む時に、必ずCDなどの音声と一緒にシャドーウィングをするように指導しています。
耳で正しい発音を聞きながら自分の口を動かして真似することで、発音を覚えます。
自分の口で言えない音は、自分の耳で聞き取ることはできないからです。
また、ノンフィクション教材を使用するときは、ディクテーションを行っています。
英文を見ずに、耳で聞いた英語を実際に書くことで、聞き取る力を養います。
英検では文字に起こせるほど完璧に英語を聞き取る必要はありませんが、英語ができるようにないたい人は、聞き取りながら書けるくらいのスピードで英語を理解できるようになる必要があるでしょう。

英検2級 二次試験対策のポイント

Point 4

スピーキング

英検2級のスピーキングでは、社会性のある話題についてやりとりすることができるレベルが求められます。社会性のある話題が出題され、応答内容、発音、語彙、文法、語法、情報量、積極的にコミュニケーションを取ろうとする意欲や態度などが評価ポイントです。
具体的にいうと、発声の明瞭さや反応の自然さ、積極性なども採点されるということです。相手に聞き取りやすいよう、大きな声ではきはきと話すことが大切です。
スピーキングのスキルは、実践でしか得られません。
パッセージの音読は自分だけでも練習はできますが、実際には不正確な発音をしているのに正しく言えているように錯覚したり、時制や複数形などをミスしているのに気づかなかったりしがちです。

キャタルのレッスンでは、音読しているところを動画に撮ります。
撮った動画をバイリンガル教師と一緒に見ながら、他人が聞きやすいよう明瞭に話しているか、声の大きさは十分か、発音や抑揚は正しいか、過去形と現在形を混用していないかなどを、客観的に分析します。
成長できているところと改善点を一緒に見つけて、バイリンガル教師からフィードバックをもらうことで改善していきます。
また、 キャタルの「Rewrites.me」では、トピックに対して自分の意見を書いたものを、話す英語になおす練習をします。

英検2級 合格への道のり

4技能(リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング)の英語力を身につけるには、正しい学習ステップを踏むことが重要です!

1.語彙力

英文読解による全体的な学習。
英語の基盤となる語彙力、
文法力を同時に培うことで、
60%の英語力が身につきます。
英語学習のうち、もっとも重要なステップです。

2.文法・構文力

正しい文法や構文を覚えることで、
さらに15%の英語力が身につきます。
ステップ1と2で得た知識を深めることで、
ライティング力につながります。

3.リスニング力

英語を聞き取る学習。
人は、理解していない音を
聞き取ることができません。
聞き取った内容を理解する学習により、
さらに15%の英語力が身につきます。

4.スピーキング力

英語を話すことになれる学習を行うことで、
さらに10%の英語力がみにつきます。

キャタルの合格実績

合格者総数
過去3年間で 613
2015年度 第1回〜2017年度 第3回

英検1級/準1級合格者35

英検2級合格者127

英検®対策の塾「受かる+使える」
キャタルの英検®学習法

資料請求をご希望の方は、こちらから

キャタルで英検に合格しました!

A.K
小学3年

小学3年生で英検®準2級合格!さらに、5年生で英検®2級にも合格!!

「大好きな本を通じて、もっと英語を頑張りたい!」

私は本を読むことが好きなのですが、キャタルに通っていろいろな英語の本を一人で読めるようになりました。キャタルのライブラリーにはたくさんの本があるので、よく借りて読んでいます。
キャタルのレッスンで大変だと感じることは、本に出てくる英語からボキャブラリーカードを作ることです。書くことが多いので難しく感じることもありますが、私は本が大好きなので、いつも楽しく頑張ることができています。作ったカードは宿題として、声に出してたくさん発音しています。
これからもっと英語を上達させて、たくさん海外へ行きたいと思っています。

N.Y
中学1年

英語初心者から、小学6年生で英検®2級に合格!!

「英語は手段。好きなことを通じて楽しく身につけています」

キャタルに入った当初は完全な英語初心者でしたが、今では長い文章も読めるようになりました。私は本が好きで、本を読んでいる時は単語の意味をちゃんと理解するということを大切にしています。最近では英英辞書の説明を読むと、その単語の意味を想像できるようになってきました。またライティングは、書けば書くほどマルがもらえる機会が増えるので、それがモチベーションに繋がっています。
英語は手段であると思っています。将来は医者になり、英語力を活かして日本の医療技術を世界へ発信できる大人になりたいです。

小学6年生で英検®2級に合格した秘訣は?さらに詳しいインタビューはこちらから

J.K
高校1年

英語初心者から始めて英検®準1級に合格!

「キャタルを全力で楽しみながら成長してきました」

小学生の頃は、レッスンそっちのけで遊んでいました。とにかくキャタルが楽しかったのです。先生方も話しやすく、長く通っていることもあり、今までたくさんの良い先生に出会えました。
毎年夏に必ず3~4週間の短期留学に参加するのですが、いつも実感するのは、たとえ留学しても3週間では英語が劇的に伸びることはないということです。だからこそ、英語学習は続けることが大切だと思っています。キャタルにいる時間は、どれだけ多くの英語を話すかということを意識しています。英語は使うことで伸びるので、ずっと英語で話すようにしています。

M.M
高校1年

キャタルは外国と同じ環境

「日々の積み重ねだけ!試験対策なしで英検準1級に合格しました」

小学生の時から英検準1級を目標に勉強し、中学3年生の夏に合格することができました。よく準1級の対策について聞かれるのですが、特別なことはしませんでした。日々意識していたことは、英語の本を読むことと、英語を話す時間を作ることでした。自分が興味のある本を選び、分からない単語は調べ、文法は何度も出てくる同じ表現を見ることで、楽しみながら自然と理解するようになりました。
キャタルには外国と同じ環境があります。まずは日本でしっかり英語力をつけ、将来は世界で活躍する医者になり、人々の役に立ちたいと思っています。

英語塾キャタル

NEWS!!

弊社代表の三石がマサチューセッツ工科大学 大学院に合格しました!

英語塾キャタル

三石自らキャタルでの勉強法を実践、TOEFL 100点を獲得しました。
そして、2018年の9月よりマサチューセッツ工科大学 大学院に合格!
教育×テクノロジーの可能性を探求していきます。

教室について

英語塾 キャタルは東京に5校、福岡に3校。全国どこの教室で学んでも、キャタルが大切にしていることや教師の質は変わりません。教室ごとに特色がありますので、詳しくはお近くの教室情報をご覧ください。

もし、英語のことで
少しでも悩んでいるなら

大人でも英語を学んで身につけることは難しいと思います。また、これから子どもたちにとって英語学習の重要度がさらに高まり、「何を」「どのように」すればいいのだろう?と悩まれているかもしれません。もし英語学習のことで悩んでいるなら、ぜひ一度、お問い合わせいただいて、ふだんのキャタルの姿を見に来てください。

お電話はこちら
03-4520-4236
受付時間 9:00 - 21:00
無料体験資料請求お電話はこちら