カリキュラム

キャタルメソッド

キャタルメソッドとは?

英語を英語で学びます。インプット(Reading, Listening)だけではなく、
アウトプット(Speaking, Writing)を徹底することにより、
英語を英語で考える「英語脳」を鍛えます。

TEAP・英検・TOEFLで結果が出る
キャタルメソッド3つの特長

① 四技能をバランスよく身につけます

英語の本屋TEAPなどの長文を用いて「読む」・「聞く」といった英語力はもちろんのこと、学生が苦手とする長文の全体像をより速く理解するための情報処理能力を高めます。また、「話す」・「書く」といった英語のアウトプットを積極的にレッスンを取り入れ、日本人の弱点である英語での意思疎通や自分の考えを文章化する力を養います。

② ストーリーや例文を通して「使い方」を学べます

長文読解やライティングは、単語の意味だけを理解しても上達しません。大切なのは「単語の使い方」を知ることです。そのために本を読むことは英語学習においても非常に効果的です。本は、頭のなかにストーリーを描きやすく、その単語がどんな「場面」や「表現方法」で使われているかを知ることができます。つまり、単語の使い方を知っていれば、穴埋め問題で同じ意味の単語が出てきたとしても迷うことはなくなります。

③ 「話す」・「書く」、アウトプットがキャタルの強み

四技能の試験ではアウトプットする力が、結果に大きく左右します。特にライティングでは正しいフィードバックでは正しいフィードバックがもらえる環境がランティング力の向上には必要不可欠になります。それも一度だけではなく何度も「書く」→「フィードバック」→「書き直す(リライト)」というサイクルを回し続けることが大切です。キャタルでは、世界の名門大学の先生が添削してくれるライティング学習サービス「Rewrites」を活用し、ゼロからでもライティング力を身につけることができます。

バイリンガルプログラム

① コーチによる学習サポート

  1. コーチが生徒の現在のスキルに合ったチャレンジを考慮してカリキュラムを組むので、目標に対しての成長を実感できます。
  2. 生徒は自宅においても英語を効果的に習得する勉強法の習慣を形成することができます。
  3. 些細なことでも上手くいっているところをコーチに褒められることで、自信を深め、学習意欲が上がります。

最大6名の生徒に対し1名のコーチがついて個別に学習をサポートします。

最大6名の生徒に対し1名のコーチがついて個別に学習をサポートします。

1人のコーチが最大6名の生徒さんを担当します。全員が同じ内容のレッスンではなく、個人のレベルに合わせたカリキュラムで指導します。生徒さんの自学自習の促進を学習コーチがサポートし、家に帰ってからも一人で学習ができる習慣を養います。

② バイリンガル教師による映像教材

  1. バイリンガルの発音を見本にしながら、単語やフレーズを真似して正しい発音を身につけます。
  2. 英語も日本語も堪能なバイリンガル教師を見ることにより、「自分もこうなりたい!」と目標にできます。

バイリンガルの教師が出演するビデオコンテンツを見ながら、単語の意味や使い方、正しい発音を身につけることができます。バイリンガルと楽しく英語が学べる内容になっています!実際にボキャブラリーを学習する映像をご覧ください。

  • バイリンガルと英語を英語で学べる
  • イラストを通して視覚的に英語を身に付ける
  • ネイティブの発音を聞きながら正しい発音が身につく

③ ライティング学習システム“Rewrites Summary”で英作文力を習得

Rewrites Summary(リライツサマリー)は、「書く」・「フィードバック」・「書き直す(リライト)」を繰り返すことで英語力を上げられるライティング学習サービスです。この3つの簡単なステップを繰り返すことで、使えるライティング力が身につきます。

Rewrites(リライツ)

伸ばすのが難しい「ライティング」
日本にはライティングの指導者が
圧倒的に少ない

平均海外滞在年数10年以上の、日本の大学に所属するバイリンガル教師に実施したアンケートで、46%が4技能のうち伸ばすのに一番苦労したものは「ライティング」と答えています。

日本では、英語ライティングに特化した指導者がいません。TOEFLやTEAP などの4技能テストに見られるように、今後の英語教育は「書くこと」と「話すこと」が重視されていきます。学校で不足しているライティング指導を補うためにも、生徒が自発的にライティングの練習をすることが必要です。

ポイント1

なんども練習しないと
上達しない

英語ライティングは、基本的な文法と論理性、どちらが欠けていても成り立ちません。完璧にするまで何回も書き直して練習を積み重ねることが必要です。ネイティブの人たちもそうやって身につけているのです。

ポイント2

成長できるのは
指導者がいるから

残念ながら、ライティングは英語を勉強していれば自然に身につくものではありません。ライティングに特化した指導者に細かいフィードバックをもらい、それを元にリライトすることで、上達するのです。

ポイント3

ライティングを通して
4技能全て鍛える

10年以上海外で暮らしたバイリンガルの多くも苦労したライティングは、文法、語彙、慣用的表現、論理的思考など全て活用する、誤摩化しのきかない高負荷なトレーニングであるためリーディング、リスニング、スピーキングの向上にも繫がります。

レッスンの概要

レッスン形式

個別指導

レッスン時間

1.5h〜3h

※生徒の学習スピードに応じます。