英検1級のリスニング対策!効果的な勉強法と高得点がとれるテクニックを紹介

英検1級のリスニング対策!効果的な勉強法と高得点がとれるテクニックを紹介

この記事では英検1級のリスニングについて解説していきます。英検対策に強い塾。4技能型英語塾のキャタルは、ただ合格するだけでなく英検1級レベルを十分に満たす一生使える英語力を身につけるための塾です。バイリンガルの正しい英語学習法で英語力を高めて英検1級合格を目指します。
この記事では、英検1級の難易度や合格点・合格率、準1級との違い、具体的な勉強法・対策を紹介します。

英検とは

英検は、公益財団法人日本英語検定協会が実施している英語4技能(「読む」「書く」「聞く」「話す」)を測定するための試験です。正式名称は「実用英語技能検定」と言い、2018年度の志願者数は英検Jr.、英検IBAと合わせて約386万人にも上りました。

英検には5級から1級までのグレードがあり、特に1級合格者には、「通訳案内士(ガイド)試験」筆記試験のうち、外国語(英語)が免除されるなど、英検は社会的に広く認知され活用されています。
また、2021年1月から実施予定の「大学入学共通テスト」に利用可能な「大学入試英語成績提供システム利用型英検」の実施も決定され、今後英検の受験者はますます増加していく見込みです。

試験内容・流れ

ここまでは、英検資格の社会的認知度の高さと活用例についてご紹介しました。次に、リスニング問題が含まれる1次試験の概要や時間配分、合格点などについてご説明していきます。

試験の流れ

リスニングも含まれる英検1級1次試験では、短文・長文それぞれでの「語句の空所補充」、そして「長文の内容一致選択」の計3形式でリーディング、「英作文(エッセイ)」形式でライティングの能力を測ります。
リスニングに関しては、「会話の内容一致選択」「文の内容一致選択」「Real-Life形式の内容一致選択」「インタビューの内容一致選択」の計4形式でリスニング能力を問われ、解答していくことになります。リスニングパートは出題形式が最も多く、決して楽観視してはならないパートであることがよくお分かりいただけるでしょう。

時間配分

英検1級1次試験では、筆記問題で100分、リスニング問題で約35分の解答時間が与えられます。筆記問題とリスニング問題は1冊の冊子で配布され、135分間の中でどう時間配分をしていくかは受験者の自由です。
そのため、例えば開始30秒間は全得点の約30%を占めるパート4の英作文を確認、その後30分ほどでパート1~3までのリーディング問題を解答し、その後30分を使って英作文の解答。残った時間を各解答の見直しやリスニング問題の準備に充てるというように、自分の最も解答を進め易い順番・時間配分を試験対策の段階から把握しておくのが良いでしょう。

合格点・合格率の目安

英検では2016年度からCSE(Common Scale for English)スコアが導入され、この英検CSEスコア上での3技能(リーディング・リスニング・ライティング)の合格基準スコアは2550点(各850点)満点中、2028点です。問題数に関係なく満点のスコアが均等配分されており、日本英語検定協会によると、2016年度第1回1次試験の1級・準1級では各技能7割程度の正答率の受験者が多く合格しているというデータが示されています。

7割正解すれば良いなら少しは安心かな、と思ってしまいそうですが、ここには大きな落とし穴が隠れているので要注意です。何故なら、3技能の各配点は850点。つまり、英作文を記述するライティング問題では、たった1問に850点が配分されているということになります。極端な例ですが、リーディング・リスニング問題での得点が850点満点だったとしても、ライティングが0点であれば合計は1700点。とても合格基準とされる2028点には届きません。
3技能それぞれでバランス良く得点していくことが、英検1級1次試験の突破には必要不可欠です。

1級のレベルと準1級との違い

英検準1級試験での出題目安は「実際に使える英語力を証明するもの」ですが、1級に至っては「幅広い英語知識に加え高い発信力と対応力で、世界で活躍出来る人材であると証明するもの」とされています。
双方ともに大学程度の英語力が推奨目安ですが、具体的に相違点を挙げると英検準1級での必要語彙数は7,500~9,000語、1級ではなんと10,000~15,000と一気に跳ね上がっています。
このように必要語彙数だけを見ても、英検1級に求められる英語能力がどれほど高いものかは一目瞭然です。

英検準一級のリスニング対策!効果的な勉強法と高得点がとれるテクニックを紹介英検準一級のリスニング対策!効果的な勉強法と高得点がとれるテクニックを紹介

英検1級リスニング対策

「英検ならでは」の出題形式に慣れよう

英検1級のリスニング問題では、Toeic900点以上(リスニング満点)の英語能力を持ってしても思うように点が取れないということがままあります。Toeicがビジネスシーンを想定した問題を主として出題する検定であることも要因の一つですが、それ以上に英検1級のリスニングでは出題される英文が長く、選択肢の読み取りに時間をかけてしまいやすいという特徴があるからです。
そのため、単純な英語能力の高さだけではなく「英検ならでは」の出題形式に慣れる訓練が重要です。

本番同様の時間・形式で集中力を高める

試験対策と聞くと、過去問をひたすら解き続ける詰め込み型の勉強法を思い浮かべる方が多いと思います。もちろんこの方法は、根本的な英語能力を高めるには有効なフローです。しかし、英検1級のリスニング問題に備えるには、それだけでは足りません。より効率的に集中力を高めるために、実際の試験と同様の時間・形式で問題を解き、集中力を高めていく必要があります。

英検1級のリスニング試験は筆記試験の後に行われます。残念ながら途中で適当に休憩を入れたり、セッションごとに解いて丸付けや解説を読み込んだりしていても、「英検ならでは」の試験構成に堪え得る力は身に付きません。
過去問を解く際は、本番同様に筆記問題を100分間解いた後、35分間でリスニング問題を解き、長い試験時間でも最後まで冷静に解答し続けられる集中力と体力を養いましょう。

参考 リスニングとライティングの強化に!ディクテーションの効果的なやり方を紹介!

[sanko href=”https://study.catal.jp/?p=23241″ title=”リスニングとスピーキング力UPに!シャドーイングの効果とやり方を紹介します” site=”_blank”target=”_blank”]

高得点をとるために使えるテクニック

ここでは長時間に渡る試験を冷静に乗り切るための小技として、試験時間を可能な限りリスニング問題の先読み時間として確保する方法をご紹介します。

リーディングの筆記試験中に先読み!

リスニング問題で最も注意しなければならないのが、速いテンポで問題が進んでいく間に焦り、パニックになってしまうことです。前述したように、英検1級1次試験ではリーディング・リスニング問題が1冊の冊子で配布されます。リーディングの筆記試験を行っている時間中にリスニング問題を見てはならないというルールはありませんので、筆記を早めに終えたらリスニング問題の先読みを行いましょう。

セクション内容の解説時間に先読み!

さらに、各セクションの冒頭で行われるディレクション(セクション内容の解説)の時間も問題先読みの時間として狙い目です。斜め読みでも構わないのでどんどんリスニング問題を先読みしてしまいましょう。数分でも多く先読み時間を確保出来れば、その分落ち着いて試験に臨めることでしょう。

ご紹介したテクニックは、あくまで筆記試験を早めに終了させられることが前提にはなります。英検1級合格に求められる本質的な英語能力無しに頼ることは出来ない小技ですが、より確実に英検1級合格を目指していきたい方は是非試してみてください。

キャタルなら本物の英語力が身につく!

長時間の試験を冷静に乗り切るためには本質的な英語能力の高さに加え、リスニング・スピーキングに対する慣れや熟練度が必要となってくることは確実です。

キャタルでは、バイリンガル教師と二人三脚で進めていく学習スタイルを主軸に、「英語を聴き、話すこと」を日常とする環境作りをしています。
英語で英語を学び、楽しく着実にボキャブラリーを増やしてゆく工夫されたオリジナルカリキュラムもその1つです。また、教師からの直接指導だけではなく、英作文へのフィードバックを海外一流大学の学生たちから受けられる「Rewrites.me」という画期的な取り組みも用意されています。

日本でバイリンガルを目指し成長していけるキャタルなら、身近なバイリンガル教師たちをお手本に、世界基準の質の高い英語を学び、英検1級合格に求められる「ネイティブレベル」の英語能力を身に付けていくことが可能です。
無料お試しレッスンも開催していますので、この機会に是非体験を検討されてみてはいかがでしょうか。

目指せ英検1級合格!最も点を取りやすいリーディング・長文問題で高得点を取る方法を紹介します目指せ英検1級合格!最も点を取りやすいリーディング・長文問題で高得点を取る方法を紹介します 英検1級のライティング対策本物の英語力を養うための方法伝授英検1級のライティング対策本物の英語力を養うための方法伝授 英検1級のスピーキング・面接対策!本当に必要な対策はこれだった英検1級のスピーキング・面接対策!本当に必要な対策はこれだった