英語塾キャタル

目指せ英検準1級合格!キャタルの英検対策カリキュラムを徹底解説

目指せ英検準1級合格!キャタルの英検対策カリキュラムを徹底解説

4技能型英語塾のキャタルは、ただ合格するだけでなく英検準1級レベルを十分に満たす、一生使える英語力を身につけるための塾です。バイリンガルの正しい英語学習法で英語力を高めて英検準1級合格を目指します。

英検対策で重要なのは、合格までの道のりを把握して、今の自分に必要な学習を行うことです。準1級のレベルと今の自分の英語力との差がどれくらいあるのかを把握し、それに対して必要なカリキュラムに取り組み、英検準1級レベルまで自分のレベルを引き上げる必要があります。

この記事では、どうやって合格までの距離を縮めていくのか、実際にキャタルで行っている英検対策カリキュラムを解説したいと思います。

続きを読む

英検準2級 3級 4級 5級向け大問1苦手な方必見!合格のコツと対策をご紹介!

英検準2級 3級 4級 5級向け大問1苦手の方必見!合格のコツと対策をご紹介!

単語や熟語は英語学習の基本

英検の一次試験では、読んで解答するリーディングセクションと、自分の考えなどを書くライティングセクション、聴いて解答するリスニングセクションがあり、二次試験には面接形式のスピーキングセクションがあります。

リーディングセクションは、単語と熟語と文法問題からなる大問1と、会話文の空所補充や、短文の語句整序(並べ替え)、長文読解などからなる大問2~4があり、構成は級によって異なります。リーディングセクションで唯一、5級から1級まで、全ての級で同じように出題されるのが大問1です。

このことからも、単語や熟語は英語学習の基本であるといえます。どんなに文法力やリスニング力があっても、肝心の単語がわからなければどうしようもありません。つまり、単語量を増やすことが最初の一歩なのです。

英検大問説明

各級ともに、リーディング・ライティング・リスニング・スピーキングの4技能で等分に配点されています(4・5級は2技能で半分ずつ)。どの技能も合格点を満たしていないと合格できません。例えば、ライティングで0点だと他が満点でも不合格になります。

続きを読む

英検1級 準1級 2級向け大問1苦手な方必見!合格のコツと対策をご紹介!

英検準2級 3級 4級 5級向け大問1苦手の方必見!合格のコツと対策をご紹介!

英検の大問1は、単語と熟語の知識を問われるセクションです。級が上がれば上がるほど、大問1が最難関と感じる人も多いようです。

この記事では、英検2級以上に挑戦したけれど、大問1でつまずいてしまった、という人におすすめの学習法をご紹介します。


続きを読む

目指せ英検1級合格!最も点を取りやすい長文で高得点を取る方法を過去問を使って紹介します!

英検1級に合格するため、過去問の長文で高得点を取る方法をご紹介します!

最も点を取りやすい長文問題

英検1級は、国内の英語検定試験の最高峰であり、最難関です。英語の勉強をしている人にとっては、憧れでもあり、目標でもある一方、手の届かない存在のように感じている人もいるかもしれません。
ですがご安心ください。この記事では、最も点を取りやすいと言われている長文で高得点を取るための方法を解説します。

英検1級を持っていると、国家資格の通訳案内士では筆記試験が免除されます。CEFR(セファール)ではC1レベルに値しますので、「海外の大学院に進学する際に必要な英語力」に相当します。英語圏で普通に生活できる英語力ですので、国内はもちろん、海外での進学や海外企業への就職など世界で活躍するためにも、大きな武器になります。
続きを読む

英検準2級に合格するため、過去問の長文で高得点を取る方法をご紹介します!

「設問に関係ありそうな部分を探す」が通用しなくなる準2級

準2級の長文では、さまざまなジャンルから出題され、やや硬い内容の論説文が中心です。
また、時間との戦いにもなってきます。せっかく長文を読むための単語力や文法力があっても、時間切れになってしまっては力を発揮できません。
しかし、3級までのように、設問に関係ありそうな部分だけを探して解く、という方法は通用しません。なぜなら、準2級以降では、単語や語句を言い換えた表現で出題されるからです。
ある程度のスピードで、しっかり内容を把握しながら読めるようになるには、やはり普段から幅広いテーマの長文を読んでおく必要があります。

とは言え、効率よく正確に解くコツはあります。
ただ英検で点数を取るための小手先のなテクニックではなく、学校の試験や大学入試などで長文を解く時にも使える、基本的な方法を3つ、ご紹介します。
続きを読む

英検2級に合格したい人がつまずきやすいポイント&対策!

受験者が最もつまづきやすい2級は、大学入試にも役立つ

英検2級は「高校卒業程度」の英語力の証明になり、大学入試にも役立つため、取得を目指す高校生がとても多い級です。また、履歴書に書けるのは英検2級から、と言われているため、就職のために2級合格を目指す大学生や社会人も多いです。

一方で、「5級から順番に受験してきたけれど、初めて不合格になったのが2級」「準2級までは対策本をちょっとやれば合格したのに、2級はなかなか合格できない」という声も多く、英検受験者にとっては最初の壁でもあるようです。

この記事では、
「英検2級に挑戦しているがなかなか合格できない」
「まだ受験したことはないけれど合格する気がしない」
という、2級の壁の前で立ちすくんでいる方のために、
英検2級合格のために今、①知るべきこと と ②やるべきこと ③ライティングのコツ をお伝えします。
続きを読む

英検2級に合格するため、過去問の長文で高得点を取る方法をご紹介します!

英検2級の難易度と問題の傾向・特徴

2級の長文で出題されるテーマは、政治や経済、テクノロジーや文化、宗教や環境問題など多岐にわたっており、難易度は大学入試のセンター試験レベルと言われています。
また、長さは準2級の約1.5倍あり、英作文やリスニングの先読みをする時間を確保するためには、読んで内容を理解して正解を導き出すまでのスピードも意識しなければなりません。1問につき2分以内が目標とされています。
さらに、2級以上の長文では、関係詞や構文が使われることにより、一つの文章が長くなっているのが特徴です。主語は何か、述語動詞はどれか、文の構造を理解しながら読み進めていく力が求められます。
ある程度のスピードで、しっかり内容を把握しながら読めるようになるには、やはり普段から幅広いテーマの長文を読む習慣をつけておく必要があります。

とは言え、効率よく正確に解くコツはあります。
このテクニックは英検のみならず、学校の試験や大学入試などで長文を解く時にも使える、基本的な方法を3つ、ご紹介します。
続きを読む

英検準1級に合格するため、過去問の長文で高得点を取る方法をご紹介します!

英検準1級に合格するため、過去問の長文で高得点を取る方法をご紹介します!

英検準1級の難易度

準1級の難易度は、大学入試のセンター試験で満点に相当するレベルと言われています。実際に、準1級を持っていればセンター試験の英語を満点扱いにしたり、受験を免除する大学も多数あります。
確かにとても難しいですが、逆に言うと、英検準1級に合格しておけば、大学受験に有利なだけでなく、就職活動や社会人になってからも武器になりますので、ぜひ目指してほしい級でもあります。

続きを読む

英検5級に合格のための勉強法・対策総まとめ

英検5級に合格のための勉強法・対策総まとめ

英検5級に合格のための勉強法・対策総まとめ

英語の初学者で、自分の現在の英語力を確かめてみたいと考えている人は、英検の中で最も基礎的なグレードである英検5級を受験するのがおすすめです。しかし、英検5級の試験を受けることが決まったけれど何から勉強すればいいのか、そもそもどんな問題が出題されるのかが分からない人もいるでしょう。
この記事では英検5級の難易度や合格点、試験内容といった基本情報から、各セクションの勉強法、対策までを総まとめしてご紹介します。そして最後に英語の実用的な4技能を強化でき、英検対策にも最適な英語塾「キャタル」についてもご紹介します。

続きを読む

もし、英語のことで
少しでも悩んでいるなら

大人でも英語を学んで身につけることは難しいと思います。また、これから子どもたちにとって英語学習の重要度がさらに高まり、「何を」「どのように」すればいいのだろう?と悩まれているかもしれません。もし英語学習のことで悩んでいるなら、ぜひ一度、お問い合わせいただいて、ふだんのキャタルの姿を見に来てください。

お電話はこちら(総合受付)
03-4520-4236
受付時間 9:00 - 21:00