慶應義塾ニューヨーク学院 偏差値は?合格する生徒の特徴3つ

  • LINEで送る

慶應義塾ニューヨーク学院には偏差値のデータが存在しません
というのも、慶應NY校の入試は、書類選考・学校の成績・資格・志望理由・論文などで合否が決まりますので、偏差値が高ければ合格できる、というわけではないのです。

ただ、合格者の出身校の偏差値を調べれば、だいたいの目安を知ることはできます。

英語塾キャタルは慶応NY校の日本一の合格実績がありますが、キャタルから慶応ニューヨークへ進学した生徒たちの主な出身校とその偏差値は、下記のダウンロードリンクよりご確認ください。

 

合格しやすい生徒の特徴3つ

資料に記載のとおり、各学校の偏差値にはかなりばらつきがあることがわかります。

では、偏差値にかかわらず、合格しやすいのはどんな生徒なのでしょうか。
合格しやすい生徒には3つの特徴があります。

1.学校の成績が良い生徒
2.英語力の高い生徒
3.ビジョンを持っている生徒

1.学校の成績が良い生徒

受験の際は学校の成績を提出して書類選考が行われますので、1は当然です。

2.英語力の高い生徒

英語力は、英検2級以上が好ましく、こちらも資格を提出します。

3.ビジョンを持っている生徒

志望理由や論文の提出、面接で、自分がなぜ慶應NY校に行きたいのか、入学して何をしたいのか、そしてどんな将来に向かっているのか、を語ることができる成熟度が必要です。しかも、それを英語で伝える英作文(エッセー)が最も配点が高いので、2と3を併せた「言いたいことを英語で表現できる英作力」が求められます。

 

計画的に学習することで合格可能に

2の英語力は、今は英検2級のレベルになくても、しっかりと時間をかけて計画的に取り組んでいけば間に合います。
また、3のビジョンについても、慶應ニューヨーク校受験のためのトレーニングとして、自分と向き合いそれを形にし、完成させていけば、今ビジョンがないという人でも大丈夫です。

キャタルでは、実際に慶應NY校の受験を経験した卒業生たちがサポートしてくれるので、効率的に、モチベーションを高く持って、準備をしていくことができます。

このように、慶応NY校の受験では、もちろん偏差値が高いことも重要ですが、それだけでは合格できるとは限りません。高い英語力と、自分を語れる力を、バランスよく高めていく特別な受験対策が重要だと言えるでしょう。

  • LINEで送る

慶應義塾ニューヨーク学院へ進学した生徒の主な出身校と偏差値

英語塾キャタルは慶應義塾ニューヨーク学院へ日本一の合格実績がありますが、キャタルから進学した生徒たちの主な出身校とその偏差値は、下記のダウンロードリンクよりご確認ください。


資料ダウンロードお申込みはこちら

コメントを残す

*