学校生活について

慶應NY学院の年間スケジュールを徹底解説!

慶應NY学院の 年間スケジュールを徹底解説!

慶應NY学院の 年間スケジュールを徹底解説!

今回は、慶應NY学院の年間スケジュールを月ごとに細かくご紹介します。運動会などの各行事、定期試験、長期休みなど、慶應NY学院の生徒がいつどのような1年を過ごしているのか気になる方、ぜひ読んでみてください。

※この記事は、慶應NY学院2017年卒業生が書いたものです。慶應NY学院の年間スケジュールは毎年異なるので、参考程度に読んでいただけたら幸いです。

続きを読む

卒業生が語る!慶應義塾NY学院の学校生活・平日と休日の過ごし方

今回の記事では、起床から就寝までの慶應NY学院での1日の学校生活を、平日と休日に分けてご紹介します。慶應NY学院の授業の特徴や、寮の制度など、卒業生の体験を元に、学院のホームページに載っていない情報まで詳しくご紹介するので、ぜひ読んでみてください。

 

平日の過ごし方

6:30 起床

寮生は、朝食時間に間に合うように起床します。
部活動の自主練習や朝練のため、より早く起きる生徒もいます。

7:10 朝食(寮生)

朝食のメニューは、パン、ベーグル、スクランブルエッグ、ベーコンなどの洋食、白米、梅干し、お茶漬けなどの和食をバイキング形式で選びます。(※2019年度より朝食にも出席があるので)寮生全員がしっかりと朝食をとり、体調や健康を整えることができます。

7:40 登校

通学生はスクールバスで登校します。自宅近くの停留所にバスが到着するので、時間に合わせて乗車します。どうしても自宅が遠い場合は、両親の送り迎えで登校が許可される場合もあります。
寮生は学校の敷地内に寮があるので、徒歩5分程で登校することができます。

7:50 教室にて点呼

ホームルームにて点呼です。
ホームルーム後は各自の時間割に沿って、授業の教室へと向かいます。

8:00 授業開始(40分7コマの場合)

授業は40分7コマです。(※2019年度より授業は学年によってコマ数が異なります。)
7:3の割合で英語と日本語で行われる授業があります。数学、理科、英語においては学力別によって3つのレベルに分かれるため、自分のレベルにあった授業を受けることができます。アメリカの学校では、積極的に発言することが必要とされるため、授業内の発言やディスカッションはとても大切です。昼食の時間は、学年やクラスによって分かれていて、それぞれ決まった時間に食べます。

15:05 授業終了

終業時間は15:05と早いのは、シーズンスポーツの部活の試合があるためです。慶應NY学院には、日本でいう「帰りの会」というホームルームがないのも特徴的です。
授業終了後、寮生はすぐに自分たちの部屋に戻ります。通学生は部活動に向かうか、スクールバスで帰宅します。

15:10 自由時間

放課後の時間、スタディーアワーの始まる20時までは自由時間です。部活動で汗を流したり、寮の部屋で友達と話したり、宿題をしたり、生徒によって様々な過ごし方があります。

18:00 夕食

寮生は、朝食と昼食と同じカフェテリアで夕食を食べます。洋食、和食、イタリアンなど日替わりでメニューが異なります。(※2019年度より夕食にも出席があるので)寮生全員がハウスや部活ごとに夕ごはんを食べます。
通学生も寮生と同じようにカフェテリアで夕食を食べることもできますが、部活動が終わった時間に合わせて、保護者の方がお迎えに来て、自宅で夕食を食べる生徒が多いです。

19:00 シャワー

夕食後はシャワーに入り、スタディーアワーの準備をします。

20:00 スタディーアワー

20時からはスタディーアワーといって寮の部屋で2時間勉強する時間です。この時間内に宿題や課題、予習などの勉強を行います。慶應NY学院では、大きな課題が出されることが多いので、計画的に課題に取り組む必要があります。

22:00 自由時間

スタディーアワーを終えると、少し自由時間があります。この時間にもシャワーに入ることはできますし、お腹を空いたらお湯を取りにいき、カップラーメンや春雨などを作ります。

22:30 ナイトチェック

寮の各フロアを代表して1人の生徒が、フロア全室を回り寮生がきちんと部屋にいるか確認する点呼です。

23:00 ナイトラウンド・消灯

各フロアの寮監がフロア全室を周り、寮生がきちんと部屋にいるか、就寝の準備ができているか確認した後、消灯です。

 

休日の過ごし方 (寮生ver.)

9:00 起床

休日は少しゆっくりと起床する生徒が多いです。シーズンスポーツの部活動に所属している場合は、朝から練習や試合ある場合が多いので、もっと早く起床する必要があります。

10:00 ブランチ

休日も寮のカフェテリアは開いているので、ブランチや夕食を食べることができます。または外出先で食べたり、寮にデリバリーを頼み、ピザ、日本食、中華、インドカレーなどを食べる生徒もいます。

11:00 外出

外出は、学年ごとに決まった区域まで行くことができます。
9.10年生は学校の近隣の街まで、11年生は保護者の許可があればManhattanまで、12年生は保護者の許可なしでManhattanまで外出することができます。外出する場合は、寮の出入り口付近に置かれている紙に名前と行き先を書くので、外出先で何かトラブルに巻き込まれた場合や、寮で突然火災が発生した場合など、やむ終えない事態に遭遇した場合でも、寮監の方は常に寮生を守ってくださるので、安心です。

19:00 帰宅

寮に帰ってくる門限は20時ですが、多くの生徒は余裕を持って帰宅します。

19:30 シャワー

帰宅後はシャワーに入り、スタディーアワーや学校の準備をします。

20:00-22:00 スタディーアワー(日曜日のみ)

日曜日のみ、スタディーアワーがあります。各自の部屋で2時間勉強をします。
土曜日の夜は自由時間となるので、友人と映画を見たり、体育館でスポーツをしたり、夜のグラウンドや芝生の上で寝っ転がったりなど、様々な過ごし方をします。

22:30 ナイトチェック

平日と同様、寮の各フロアを代表して1人の生徒が、フロア全室を回り寮生がきちんと部屋にいるか確認する点呼です。

23:00 ナイトラウンド・消灯

土日だからと夜更かしをしてしまうと、翌週の学校生活に支障が出てきてしまうので、消灯後はすぐに眠りにつきます。

 
以上が慶應NY学院生の平日・休日の過ごし方です。
年度によって学校や寮の規則が異なるので、こちらは卒業生の経験を元にした一例ですので、ご理解いただけると嬉しいです。慶應NY学院への受験を希望されている方は、参考にしていただけると嬉しいです。

慶應義塾ニューヨーク学院 ラルフ・タウンゼント新学院長の経歴と、今後予想される変化

慶應義塾ニューヨーク学院(以下慶應NY学院)は、2019年8月1日付けで、新しい学院長の就任を発表しました。新学院長の経歴や、今後予想される変化について、詳しく見ていきましょう。

 
以下、慶應NY校ウェブサイトからの引用です。

慶應義塾ニューヨーク学院(以下ニューヨーク学院:米国ニューヨーク州パーチェス)理事会はこのたび、2019年8月1日付けで、英国名門パブリックスクールの元校長である、ラルフ・タウンゼント博士を、学院長としてお迎えすることを決定しました。タウンゼント新学院長のご就任に合わせ、ニューヨーク学院は、バイリンガル・バイカルチュラル教育を柱とする伝統を守りながら、欧米一流校をモデルに世界標準に適合した学校へと進化させる取り組みを進めて参ります。これにともなって、(1)入学時点における日本語能力を重視しない入試の施行、(2)ボーディングスクールの理想に立ち返った寮・教室一体型の教育の実現、(3)一流教育人材の雇用による教育レベルアップ、(4)相応の学費水準への改定、などが予想されます。

 

数々の名門校の学院長を歴任

ラルフ・タウンゼント博士(以下タウンゼント学院長)はオーストラリア生まれ、1985年から4年間、ウイリアム王子も卒業したイギリスの名門校イートン・カレッジで教鞭に立ち、1989年に、世界のエリート養成校のひとつであるオーストラリアのシドニー・グラマー・スクールの学院長に就任。10年後、イギリスに戻りオウンドル・カレッジの学院長、2005年~2016年はウィンチェスター・カレッジの学院長として活躍されました。
これらはいずれも伝統的なボーディングスクール(寮制学校)の名門で、政治家や経済学者など世界でも名高い卒業生を輩出しており、学力はもちろん規律が厳しいことでも知られています。

 

今後予想される変化

引用文の中に「欧米一流校をモデルに世界標準に適合した学校へと進化させる取り組みを進めて参ります」とあります。これは、名門校で学院長を歴任してきたタウンゼント氏を迎えることにより、それらの学校の教育方針や理論、手法を慶應NY学院に取り入れて、慶應NY学院のみならず慶應義塾全体の力を世界レベルへ向上させることを目指しているのがわかります。

では、タウンゼント学院長就任により、今後どのような変化が予想されるか、引用文の中の(1)から(4)についてそれぞれ見ていきましょう。

入学時点における日本語能力を重視しない入試の施行

世界水準を意識して、今後はさらに「より英語ネイティブな人」「英語に強い人」を求める傾向が予想されます。これには、海外の日本人学校や現地校に通う日本人や、日本のインターナショナルスクールに通う学生からも進学先として認知されたいという狙いがあります。彼らのような「日本語と英語では英語の方が得意」という日本人にとって、現状の入試の国語は難易度が高く障壁になっています。そのハードルを下げることによって、海外の日本人学生たちが入りやすくなるだけでなく、アジアや欧米の生徒も受け入れやすくなります。また、英語ネイティブの学生が増えることによって、卒業後の進学先が慶応義塾大学だけでなく海外の大学へと拡大されることが期待できます。

ボーディングスクールの理想に立ち返った寮・教室一体型の教育の実現

イギリスのボーディングスクールには「ハウス」というシステムがあります。これは、学年や先生・生徒に関わらず、学校にいる全員を縦割りの「ハウス」というグループに分け、勉強だけでなく寮での食事など学校生活全体をこのハウス単位で行います。ハウス対抗のスポーツ大会や学力コンテストも開催されます。
上級生は下級生に勉強や生活の規律を教えたり、先生や職員も一緒になって協力しあい自分のハウスのために貢献します。イギリスではこのハウスへの帰属意識が大変高く、自分のハウスに愛情と誇りを持って生活し、卒業後も同じハウスだった人とのつながりは強いです。

このシステムを慶應NY学院にも取り入れ、協調性や責任感を養います。

さらに寮の中でも夜のスタディホールでの勉強時間を増やして学力の向上を目指すことが考えられます。

一流教育人材の雇用による教育レベルアップ

前述のハウスシステムを実現させるためには、寮で生活を共にする先生や職員が必要になります。寮での学習時間に、質問ができたり勉強を教えてもらえる先生がそばにいてくれることは、生徒全体の学力アップや学習意欲の向上につながります。
また、大学進学カウンセラーや大学進学のための教師を雇用し、対応環境を整える狙いもあります。

相応の学費水準への改定

アメリカの学校はインフレ率に伴って、毎年少しずつ学費が上がっているのが普通です。しかし、慶應NY学院は今まで一度も学費が上がったことがありません。
先生や職員を充実させるためには、当然、相応の予算が必要となります。今後は他の現地校と同じように、学費がゆるやかに上昇していくことが考えられます。
今回発表になった2020年度の価格改定では、授業料で900ドル、寮費で300ドル、通学費で50ドル、施設費で100ドルの値上げとなり、合計で1350ドル(約15万円)ですのでそれほど大きな額にはなりませんでした。

 

さらなる学業の強化

上記の発表から、タウンゼント新学院長の就任にあたり、これまで歴任してきた世界の名門校のように、さらなる学業の教科と規律の厳しさを、慶應NY学院にも取り入れていこうという意思が感じられます。現在の慶應NY学院は、日本から来た「日本語が母国語の学生」が7~8割を占めています。今後は英語ネイティブの学生の割合を増やしつつ、日本語が母国語の学生にもさらに高い英語力を求めていくでしょう。また、アメリカの大学に進学が可能なTOEFL100点レベルを慶應NY学院在学中に獲得できるように、カリキュラムが変わっていくことが予想されます。

 

夜や土曜日の有効活用で授業数を増加

実際に、次年度より段階的にプログラムが改革されていく予定です。
①月~金曜日まで、各40分9時限制の新時間割を導入、特に英語を話すことに力を入れる
②体育・家庭科は平日の放課後に、美術・音楽・演劇は土曜日の午前に実施
③日曜日に学院長による朝礼を実施
④学年混成のグループ分けを実施、教員がついて学力やマナーを指導
⑤寮では夜のスタディホールでの学習に教員が付いて勉強を助ける

アメリカの現地校にあって慶應NY学院にないシステムとして、AP(アドバンスド・プレイスメント)があります。これは、各科目で大学1年生レベルの高度な内容を学習するカリキュラムで、履修するとGPA(成績評価値)は高くなり、大学進学にはとても有利です。学校としても、APのある科目をたくさん持っていると、よりレベルの高い学校として評価されます。今後、このようなシステムは慶應NY学院でも取り入れられていくでしょう。