慶應NY学院の年間スケジュールを徹底解説!

  • LINEで送る
慶應NY学院の 年間スケジュールを徹底解説!

慶應NY学院の 年間スケジュールを徹底解説!

今回は、慶應NY学院の年間スケジュールを月ごとに細かくご紹介します。運動会などの各行事、定期試験、長期休みなど、慶應NY学院の生徒がいつどのような1年を過ごしているのか気になる方、ぜひ読んでみてください。

※この記事は、慶應NY学院2017年卒業生が書いたものです。慶應NY学院の年間スケジュールは毎年異なるので、参考程度に読んでいただけたら幸いです。

慶應NY学院の年間スケジュール

慶應NY学院の寮生は6月上旬から8月末まで、約3ヶ月の夏休みの間、全員退寮しなければなりません。日本に一時帰国する生徒、アメリカや他の国に滞在する生徒など、世界各国で長期休みを過ごします。それでは、8月から6月まで、月ごとに詳しくご紹介します。
※慶應NY学院はアメリカにある学校のため、授業は9月から6月上旬までです。

8月

アーリーリターン Early Return

秋のシーズンスポーツに所属している生徒は、8月末にアーリーリターンで他の生徒より少し早くNYに戻り、部活動の練習をします。

プリエントリープログラム(新入生のみ) Pre-Entry Program

アーリーリターンと同時期の8月の下旬には、新入生に向けて約1週間のプリエントリープログラムがあります。学校が始まる前に新入生同士が絆を深め合い、新生活に慣れる時間です。通学生もこの期間は入寮し、寮生と共に過ごします。

9月

新年度開始 Classes Start / 入学式 Entrance Ceremony

慶應NY学院はアメリカにある学校のため、9月から学校が始まります。入学式は保護者も参加可能です。新入生と一緒に入寮準備をし、入学式に出席する保護者も多いです。

10月

運動会 Athletic Day

運動会は保護者も見学することができます。大きなグラウンドで、仲間や先輩、後輩とともに汗を流して運動するのは、とても楽しく一生の思い出になります。

TOEFL & Theater Day

慶應NY学院では、年に2回学内でTOEFLの試験が行われます。午前中はTOEFL、午後はみんなでブロードウェイにミュージカルを見に行きます。本場NYのミュージカルを見るTheater Dayは、生徒全員がとても楽しみにしている行事です。

アイスブレーカー Ice Breaker

10月中旬の土曜日、夕方の4時間ほどを使って新入生と在校生の壁をなくす交流イベントです。ダンス部(ZION)とロック部によるパフォーマンスをメインに、新入生との交流を楽しみます。

一学期期末試験 1st Quarter Exam

慶應NY学院は4学期制です。10月の下旬には、1学期が終わるので、期末試験があります。成績が悪いと、部活に出ることができなかったり、両親を交えた面談が必須になるので、生徒全員が必死に勉強します。ピアチューター制度(※1)を利用して、先輩に勉強を教わったり、放課後に先生に質問したり、ルームメイトと勉強を教えあったりなど、色々な方法で勉強ができるのも慶應NY学院の生徒ならではの勉強法です。
※1ピアチューター制度とは、上級生がボランティアで下級生に勉強を教える制度です。慶應義塾の伝統的な教育方法である「半学半教」の精神をもとに作られたシステムです。

仮装大会 Costume Day

試験が終わると、10月末ハロウィンの時期になります。先生や生徒が思い思いの仮装をして楽しむイベントです。通常の授業も並行しながら行いますが、みんながコスチュームを着ているというなんとも変わった1日です。

仮装大会

仮装大会

11月

ペアレンツデー Parents’ Day

各クラスの担任の先生や各教科教員が保護者に対し、授業についての説明をしたり、個別面談をする期間です。ペアレンツデーは2日間あり、その間生徒は学校が休みになります。

慶應NY学院のシステム上、学校内に両親が泊まることは出来ません。そのため、ペアレンツデーのために渡米した両親は学校近くのホテルに泊まります。学院の生徒も両親と同様ホテルに泊まることは出来ますが、寮の外に外泊する際には、前もって外泊届けを出す必要があります。

サンクスギビング休暇 Thanksgiving Holidays

サンクスギビング休暇は約1週間ほどです。寮に滞在する生徒、ペアレンツデーのために渡米してきた保護者と1週間旅行に出かける生徒、日本に一時帰国する生徒など、様々な形でそれぞれの休暇を楽しみます。
筆者はNYで過ごした3年間の中で、両親と一緒にLAやメキシコに旅行に行ったり、通学生の家に泊まりに行ったりと毎年異なったサンクスギビング休暇を過ごしました。

12月

クリスマスパーティー Christmas Party

文化祭実行委員主催のパーティーです。クリスマスツリーや手作りの壁紙を背景に、写真を撮ったり、ダンス部(ZION)とロック部によるパフォーマンスを見て楽しみます。

クリスマスパーティー

クリスマスパーティー

冬休み(2-3週間) Winter Vacation / 寮生一時退寮

12月中旬から1月の初旬までは冬休みです。寮生はこの期間、一時的に退寮しなければなりません。生徒は様々な地域へ一時帰国し、家族と一緒にクリスマスとお正月を過ごします。

1月

二学期期末試験 2nd Quarter Exam

1月中旬から下旬にかけて、2学期の期末試験があります。慶應NY学院の1年も折り返し地点です。

2月

この時期のNYはとても寒く、大雪で学校が休みや遅れて始まることがあります。雪の影響で学校がなくなったとしても、原則振替の授業日などはありませんが、1週間以上休みが続く場合には、休日に授業が行われます。

NYの雪景色

NYの雪景色

バレンタインパーティー Valentine Party

文化祭実行委員主催のパーティーです。バレンタインデーらしい壁紙を背景に、写真を撮ったり、ダンス部(ZION)とロック部によるパフォーマンスを見て楽しみます。
※他のパーティーと違い、毎年開催されるわけではなく、不定期開催です。

TOEFL

学内で年に2回行われるTOEFL。2回目は2月前後に行われます。10月と違い、休日に希望生徒が試験を受けます。

3月

三学期期末試験 3rd Quarter Exam

3月の初旬には3学期の期末試験があります。

4月

祥風祭(しょうふうさい)

4月初旬には祥風祭という文化祭が1日あります。保護者や現地校の生徒が慶應NY学院に遊びに来ます。クラスごとに出し物を考え、準備に取り組むため、仲間との絆が深まります。祥風祭の前日に行われる前夜祭では、ダンス部(ZION)とロック部によるパフォーマンスに加え、学年ごとの演技や出し物など、慶應NY学院の生活の中でとても盛り上がる行事です。
筆者は、クラスみんなで映像を作り、上映する映画館をしました。

祥風祭

祥風祭

春休み(1週間) Spring Vacation

文化祭が終わるとすぐに、春休みがあります。1週間という短い期間なので、サンクスギビング休暇と同じように、寮に滞在する生徒、祥風祭のために渡米している保護者と1週間旅行に出かける生徒、日本に一時帰国する生徒など、様々な形でそれぞれの休暇を楽しみます。筆者は、家族の都合で、日本に帰った年、一週間寮で過ごした年、両親と旅行に行った一年と、毎年異なる過ごし方をしていました。

5月

校外学習 Day Trip

校外学習とは、いわゆる遠足のようなものです。自由の女神、動物園、美術館など、各学年異なる場所へと校外学習に向かいます。

四学期期末試験4th Quarter Exam

5月下旬には、最後の期末試験があります。この試験は進級をするためにとても重要です。生徒全員が、今まで以上に気を引き締めて勉強します。

6月

イベントウィーク Event Week

期末試験が終わり6月になると、1週間ほど学校がなくイベントが盛りだくさんの期間があります。先生方が期末試験の採点や、全生徒の進級可否を判断するための期間です。ここでは、シニアプロムと卒業パーティー、卒業式について記載します。

シニアプロム(主に12年生) Senior Prom

シニアプロムは、基本的に12年生を対象としたプロムパーティーです。女子は華やかなドレス、男子はタキシードと、普段とは違った装いでパーティーへ向かいます。大きな船を貸し切りナイトクルーズ、素敵な教会でディナーを食べるなど、年度によって場所が異なりますが、12年生にとって卒業前一番楽しみにしている行事です。

シニアプロム

シニアプロム

卒業パーティー Graduation Party

卒業パーティーは、卒業する12年生に向けて、後輩たちが企画するパーティーです。後輩たちからお世話になった先輩方に披露するダンスや、ロック部の演奏をメインに、先輩への感謝の気持ちを伝えます。

卒業式 Graduation Ceremony

卒業式では、卒業生はガウンやハットをかぶります。卒業式の終盤に、アメリカのドラマや写真でよく見るような、ハットトスをするのが卒業生の楽しみでもあり、在校生の憧れでもあります。

卒業

卒業

夏休み開始(6月上旬から8月末まで) Summer Vacation Start

卒業式を終えると、約3ヶ月の長い夏休みが始まります。寮生は、スーツケースに荷物をまとめ退寮します。部屋の中の荷物は全て一度引き上げます。夏休み期間、サマースクールに行く生徒や日本を含め様々な地域や帰国する生徒がいます。寮生活を通じて家族のように仲良くなった友人に毎日会えなくなるのがとても辛く、退寮した後はすぐに友人に会いたくなりますね…

ここまで、記事を読んでいただきありがとうございました。
以上が慶應NY学院の生徒が過ごす一年です。

いかがでしたか?
慶應NY学院は、勉強する期間と思いっきり楽しむ期間のメリハリがあるのが特徴的です。友人と切磋琢磨しながら色々な苦労を乗り越え、楽しみを分かち合います。一年間で友人との絆を深めるとともに、自分が何倍も成長することが出来ます。

なにか質問がありましたら、お気軽にご連絡ください!

  • LINEで送る

慶應義塾ニューヨーク学院卒業生に質問できる!

慶應NYのことについて、よくわかった。
だけど、高校生活のことや受験勉強について、もっと詳しく知りたい!もっと聞いてみたい!という方は、下記のボタンよりご質問フォームにお進みください。
慶應NY学院の卒業生があなたの質問にお答えします。
通常、3営業日以内に回答をお送りします。


卒業生への質問はこちらから

コメントを残す

*