【2020年度秋季AO受験合格】自分の甘えと向き合い一発合格!

  • LINEで送る

今回ご紹介するのは、2020年度秋AO入試で慶應義塾ニューヨーク学院に一発合格した生徒です。過去の海外在住経験が受験のモチベーションにもなった彼はどのように受験対策をしたのか聞いてみました。また、これから受験する後輩へのアドバイスをインタビューしました。

バイリンガルになることの難しさを知ったためニューヨーク学院へ!

小学5年生の時に父に教えてもらって初めてニューヨーク学院のことを知りました。そのあとすぐに説明会にいったことや、中学2年生の時にサマーキャンプに参加したことから受験しようと思いました。僕はシンガポールに住んでいた時には英語の方が得意だったのですが、日本に戻ってからは英語を使わなくなってしまって、英語力がどんどん落ちてしまいました。そのため、ニューヨーク学院は日本語と英語を使って勉強するので、それによってどちらの言語でも物事を考えられることがバイリンガルとして両方の言語を維持向上したい僕にはとても魅力的に感じました。

苦手な科目に向き合い、時間をかけて着実に対策

僕が入試で苦戦したのは数学と面接でした。

キャタルで4月に最初に受けた数学のテストは20点くらいしか取れませんでした。しかし、数学の先生に基礎から教わることで、夏ごろには80点くらいの点数を取れるようになりました。それまで試験にでていなかった文章題が出るようになりましたが、その頃には計算問題はほぼ満点を取れるようになっていたので、先生に過去問を何枚も印刷してもらって家で解き、問題集を何度も繰り返し復習することで実力と自信を同時に身に付けました。

僕はシャイなので入試では面接が1番難しいと感じていました。日本語と英語どちらもスピーキングに関して問題はなかったのですが、焦りや緊張で受け答えの内容を整理できなくなってしまうことが何度もありました。キャタルでの面接練習では、自分の回答に変な部分があると、先生に追及されて自分でも何がいいたいのかわからなくなってしまうことがありました。それも何度も練習するうちに少しずつ面接でしっかりと答えることができるようになりました。また、学校で生徒会役員選挙を受けた時の面接や、役員に選ばれてから生徒の前で話すことが、人前で話すことへの慣れに繋がりました。このように面接への対策をしていたため、想像していたよりも入試本番はスムーズに受け答えができました。

自分の性格を理解し、甘えをなくして受験に集中

ニューヨーク学院を受験するチャンスは最大9回ありますが、普通の日本の高校を受験する時と同じようにチャンスを1回に絞り、入試を受けるのは1回だけと両親と話して決めていました。そのため、全力で受験に向けて頑張ったことが合格につながったのかなと思います。学校では生徒会や部活があり、放課後は塾がありましたが、当時は部活の3年生の最後の大会を不参加にしたり、入試1週間前から学校を休んでずっと家で勉強をしたりして、入試を最優先していました。

自分の強みと弱みを把握して的確なアプローチをしたことが合格に!

最初は受験に向けてほとんど準備できていませんでしたが、キャタルの先生たちが1から教えてくれました。数学は計算問題で満点が取れるように、国語は論理的な思考ができるように、英語は考えをしっかりと伝えられるようになりました。勉強においても、ただ作業的に同じことを反復するのではなく、自分の強みと弱みを理解することで、それぞれをより強くしたり、また補うために勉強したりすることが大事だと思います。自分は英語が強みだったけど、文法ミスが不安だったのでそれを補うためにとにかく量を書くようにしました。逆に数学が弱みだったので、事前に時間をかけてしっかり勉強しました。入試本番は実力を出し切るだけでした。

目的を明確にすることで自分の成長の助けに!

現役生たちには1回決めたら投げ出すことなく受験してほしいです。中途半端で投げやりになってしまう、なんとなく受験するということでは結果に関わらず勿体ないと思います。受験に限らず、新しく挑戦したいことがあっても、挑戦したいと思うだけでなく、何が必要なのか調べることが大事だと思います。なんでニューヨーク学院に入りたいのか、自分の中で明確になっていることが自分の成長に大きく関係したと思います。

これまでも、これからも、将来の夢に向けて本物の英語を学ぶ!

キャタルでは英語の本を読んで先生とその内容や感じたことを話すなかで、英語で思考する力が鍛えられました。仲の良い先生とは授業外でも話すことがあって、その時にも英語を使って会話することによって英語で物事を考えて、伝える力がついたと思います。
もともと外交官になりたいと思って英語を勉強していましたが、今は医学部に進んで研究をしたいと考えています。ニューヨーク学院から医学部に進学するためにはこれまで以上に勉学に励む必要があるので、合格したことに満足せずに、親元を離れることもあるため、これまで以上に自立できるように頑張りたいです。

  • LINEで送る

無料カウンセリングで慶應ニューヨーク学院の合格診断をしませんか?

15年間、383人の合格者を送り出したキャタルが、あなたの合格力を診断いたします。

受験には、受験までの道のりをどう描くかのロードマップを作ることが重要です。いつ受験するべきか、AO入試か一般入試か、どのくらいの準備期間があるか、英語力はどうやって身につけるのか、など明らかにするべき点はいくつもあります。ゴールに辿り着くまでのイメージを詳細に描ければ、描けるほど合格の確率が高まります。知らないことは目指せません。何をするのか、どこにいくのか。生徒様一人一人の学力、状況に応じて、14年の経験と実績に基づきカウンセリングいたします。 受験を共に乗り越え、共に成長しましょう。
慶應ニューヨーク学院への切符を勝ち取りましょう。

英語塾キャタル 塾長 林 洋介


無料カウンセリングお申し込みページへ