2023年度 慶應NY学院入試情報〜受験は何回することができるの?〜

  • LINEで送る

こんにちは、慶應義塾NY学院2020年度卒業生のRです。
現在は慶應義塾大学に在学しており、ここでは自分がNY校で経験してきたことや情報をお伝えします。

今回はNY学院の入試タイミングや、受験可能回数についてご説明します。最新の情報に更新しているので、ぜひご確認ください。

写真:慶應義塾ニューヨーク学院HPよ

慶應NY学院の入試

 慶應NY学院の入試は、一般入試ではなく、すべてAO入試で行われます。種類としては、
「秋AO入試」「春AO入試Ⅰ」「春AO入試Ⅱ」と3種類あり、1年度に3回の試験が行われています。

2023年度の試験日程は以下の通りです。

秋AO入試

出願     9/6-9/23
1次発表     10/27
2次発表 東京  12/10・11
合格発表   12/27

春AO入試Ⅰ    春AO入試Ⅱ  

出願     1月                      出願     4月
1次発表     2月半                  1次発表     5月半
2次発表 東京  3月末                  2次発表 東京  6月半
合格発表   4月                      合格発表   6月末

生徒によって受験可能回数が変わります!

NY学院の試験は上記の通り、秋と春に行われ1年に最大3回受験することが可能です。またNY学院は中学3年生時に、1つ学年を落として受験することが可能です。

Aさん(中学2年生)の場合

① 中2で受験して中3(9年生)から入学×3回

② 中3で受験して中3(9年生)から入学
  中3で受験して高1(10年生)から入学(どちらかの学年を受験 x3回)

③ 高1で受験して高1(10年生)から入学×3回

  合計9回のチャンス 

Bさん(中学3年生)の場合

① 中3で受験して中3(9年生)から入学
  中3で受験して高1(10年生)から入学(どちらかの学年を受験 x3回)

② 高1で受験して高1(10年生)から入学×3回

  合計6回のチャンス

Cさん(高校1年生)の場合

① 高1で受験して高1(10年生)から入学×3回

  合計3回のチャンス

以上のように受験時の学年で、受験できる回数が変わってきます。

最後に

慶應NY学院の試験は、年に3回行われます。そして受験可能回数は学年によって違います。早期から受験対策をすることで合格のチャンスが増えるので、早めの準備をおすすめします。またキャタルでは、1年を通して受験対策を行っています。どの学年からも参加可能なので、いつからでも受験対策を始めることができます。
気になる点がございましたら、ぜひお問い合わせください。

 


↑①お子様のフルネーム ②お子様の生年月日 ③受験時期 ④英語の資格などお持ちであれば をこちらにお問い合わせください。担当者がご連絡いたします。
  • LINEで送る

慶應義塾ニューヨーク学院へ進学した生徒の主な出身校と偏差値

英語塾キャタルは慶應義塾ニューヨーク学院へ日本一の合格実績がありますが、キャタルから進学した生徒たちの主な出身校とその偏差値は、下記のダウンロードリンクよりご確認ください。


資料ダウンロードお申込みはこちら