英検1級の単語を解説おすすめの覚え方勉強法教えます

英検1級の単語を解説おすすめの覚え方勉強法教えます

こんにちは、4技能型英語塾のキャタルです。英検合格はもちろんのこと一生使える英語力を身につけるための塾です。この記事では、この記事では、英検1級レベルの語彙力を身につける英単語学習法を紹介します。ぜひ最後までお読みくださいね!

英検とは

英検(正式には実用英語技能検定)は、日本英語検定協会が実施している英語技能検定です。1963年の初開催いらい年3回全国各地で実施されており、今では年間で300万人を超える志願者が集まる人気の英語技能検定です。試験は学習レベルに応じて7つのグレードが設定され、英語力を「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能から総合的に測定します。試験結果は、合否判定と英語力の国際的な指標であるCSEスコアの通知が行われます。英検の社会的な信頼度は高く、入試から留学、就職試験に至るまで、英語力を客観的に証明するパスポートとして広く活用されています。

英検1級に合格のための勉強法対策総まとめ

英検1級の単語レベル

英検1級のレベルは大学上級程度、「広く社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用することができる」とされています。必要語彙数の目安は約10,000~15,000語と言われていますから、約7,500〜9,000語である準1級からさらに2倍弱の単語を覚え込まなければならないことになります。

英検1級で出題される単語のレベルは確かに高く、ふだん新聞・雑誌であまり見かけないものが多いと感じられるかもしれません。しかし、それらは洋書や英文雑誌を読んでいれば普通にお目にかかるものばかりですから、語彙力が合否を左右すると言われることが多い英検1級を突破するためには、このレベルの単語を覚えていく必要があります。

たとえばこんな単語!

英検1級では、たとえばこんな単語が出てきます。現在のレベル把握に役立ててみてくださいね。

動詞

  1. reclaim 取り戻す
  2. infer 察する
  3. overrun はびこる
  4. loom ぼんやり現れる
  5. execute 処刑する
  6. savor 十分に味わう
  7. taunt あざける

名詞

  1. caliber 能力
  2. verge 瀬戸際
  3. ransom 身代金
  4. microbe 病原菌
  5. thesis 論文
  6. turmoil 騒ぎ
  7. proliferation 拡散

形容詞

  1. benign 良性の
  2. squeamish 神経質な
  3. digestive 消化の
  4. appalled 唖然としている
  5. fraudulent 詐欺的な
  6. treacherous 裏切りの
  7. pristine 汚されていない

副詞

  1. erratically  不規則に
  2. scrupulously きちょうめんに
  3. deftly 器用に
  4. adamantly 断固として
  5. cordially 心から
  6. sporadically 散発的に
  7. ruefully 残念そうに

熟語も一緒に勉強しよう!

単語学習の際に、熟語も一緒に勉強すると効率的です。英検1級の語彙問題25問中5問を占める熟語問題対策としてはもちろん、見慣れた単語が英文の中でどう使われているのかを学べるので、長文読解対策にもなるからです。以下に、本試験で出題された熟語を挙げます。

  • carve up (領土などを)分割する
  • draw into  引きずり込む
  • get back at 復讐する
  • kick in 効く、作動する
  • tide over 乗り切る
  • choke off 妨げる、阻止する
  • pile in 乱入する
  • buckle down 真剣に取り組む、専心する
  • roll out (新製品などを)公開する
  • bargain on 当てにする、(通例否定文で)予期する

非効率的な英単語の勉強法

このように、レベルが高く、英検1級試験の合否に直結する語彙力はどうやって磨いたら良いのでしょうか。ここでは、その勉強方法を考えます。
多くの受験生が採っている勉強方法が必ずしも効率的とは限りません。ここでは、よく知られてはいるものの、実は非効率な勉強方法を2つ挙げます。

ひたすら丸暗記する

単語帳を自作する、あるいは紙に書き出すなどひたすら丸暗記するやりかたは、昔からよく知られたもっとも簡単にできる勉強方法です。しかし、丸暗記した単語ほど定着率が悪く、また実際の英文での使われ方が学べないため、実践的な単語力が身につきません。

アプリを利用する

英単語学習のための携帯用アプリは、無料で使えるものもあり若い方を中心に広く使用されています。英単語学習に気軽に取り組める点は評価できますが、単語帳がスマホに置き換わっただけで、やっていることは本質的に「丸暗記」であり、これもまた学習方法としては非効率です。

 

効果的な英単語の勉強方法

ここでは、英単語を効率的に覚えることができる、おすすめの勉強方法をご紹介します。単語を英文の中で覚えることを意識して取り組むと効果的です。

英英辞書で意味を調べる

英語で話したり書いたりする際に、全て日本語変換して英語に直すことをしているとネイティブとのスピードについていけず、コミュニケーションとして成り立ちません。そのため、英語を英語のままで学ぶことが大切です。和訳をせずに英単語を学ぶには、英英辞書を使って意味を調べ、理解すると良いでしょう。英英辞書に書かれているデフィニション(意味・解説)を読んでもわからない単語がある場合は、その単語をさらに調べることで単語と単語をつなげながら覚えることができます。また、慣れてくると単語の意味を調べなくても「こういう意味かな」と推測する力が身についていきます。

例文と一緒に覚える

単語を例文と一緒に覚えることで、単語の意味はもとより使い方が分かるので、英文読解にも役立つなど、生きた単語力が身につきます。また、定型表現的な例文を覚えることで、英作文の表現力が格段に上がります。その際、声に出して取り組むと聴覚も刺激されるのでリスニングや、スピーキング対策にもなるでしょう。

英語の文章を読む

英語の文章を読むことも語彙力の増強に効果的です。英検1級合格を目指すならば、ネイティブが読む小説や英字新聞、TIMEやNewsweekレベルの週刊誌を読み込みましょう。知らない単語が出てきても構いません。本試験に臨んでいるつもりで、文脈からその単語の意味を推測してみましょう。区切りのよい所まで読んだら、辞書で意味を確認して覚えるようにします。このやり方だと、読解力と語彙力を同時に高めることができ効率的です。

英単語の正しい覚え方!語彙力を強化する効率の良い学習方法を徹底解説します

中学1年生で英検1級に合格!続けると結果がついてくる。

英語塾キャタルでは、英検に合格することで自分の夢への実現へと近づいた生徒たちがたくさんいます。その生徒たちは、決して「近道」をした訳ではありません。英語学習を楽しみながら継続して学び続けることで、英検合格に必要な英語力を身につけているのが特徴です。

帰国子女のRくんは、カナディアンインターナショナルスクールから玉川学園に転校することになったとき、英語力をキープするためにキャタルに通い始めました。キャタルで勉強を始めてから、何度も挑戦していた英検準1級に合格し、翌年に英検1級にも合格。

Rくんは、小学6年生の時にキャタルに入会して1年5ヶ月で英検準1級に合格することができました。その際にわかった「合格に必要なこと」は、

  1.  単語の意味だけでなく使い方も理解すること
  2.  習慣的にニュースを英語で見聞きすること
  3.  英語を使う機会をつくること

この3つだと話してくれました。

英語学習のスタート時期や習得している英語レベルは、一人ひとり異なります。だからこそ、一人ひとりのレベルに合わせた学習カリキュラムで学ぶことが大切だと私たちは考えています。不合格という回り道をせずに英検1級に合格するなら、ぜひ英語塾キャタルのWEBサイトへお越しください!