英語塾キャタル

英検1級のライティング対策本物の英語力を養うための方法伝授

  • LINEで送る

この記事では英検1級のライティングについて解説していきます。英検対策に強い塾。4技能型英語塾のキャタルは、ただ合格するだけでなく英検1級レベルを十分に満たす一生使える英語力を身につけるための塾です。バイリンガルの正しい英語学習法で英語力を高めて英検1級合格を目指します。この記事では、英検1級の難易度や合格点・合格率、準1級との違い、具体的な勉強法・対策を紹介します。

英検とは

英検とは実用英語技能検定の略で、公益財団法人日本英語検定協会が実施している英語技能の検定です。英検では「読む」「書く」「話す」「聞く」の4技能を測定しますので、英検に合格することで、日常会話からビジネス英語まで使えるようになります。英検には、英語の基礎を身に着けステップアップする5級・4級・3級、世界に通用する準2級・2級、品格のある英語使用者として国内外で評価される準1級・1級の7つの級があります。英検合格者は多くの高校・大学で単位認定や入試優遇制度があり、企業の採用においても履歴書の評価対象になるなど、多くのメリットがあります。

試験内容・流れ

ここでは、英検1級のライティングの試験内容と流れ、難易度、準1級との違いについて説明します。

試験内容

ライティングでは、英作文の問題が出題されます。試験内容は、与えられたトピックについて、200~240語で自分の意見とその理由を英文で書くというものです。トピックは、10語程度の英文でYesかNo、またはAgreeかDisagreeかを問うタイプの問題がほとんどです。出題内容は、社会性が高く、「発展途上国の経済発展は、環境保護より優先するべきか」など賛否両論の分かれるテーマが多いです。

得点目安

ライティングは、内容、構成、語彙、文法の観点から採点され、配点は各8点で32点満点です。24点くらいを得点できれば合格ラインです。

時間配分

1次試験の筆記試験では、リーディングとライティングの問題を100分間で回答する必要があります。そのため、ライティングに割ける時間は約25分です。ライティング問題を回答するまでにかけられる時間の内訳は、以下のように配分すると良いでしょう。

・意見と意見を支える理由のメモ 2~3分
・構成の検討 4~5分
・英文作成 15~17分
・見直し 2分

合格点・合格率の目安

CSEスコア換算での合格点は以下のとおりです。
合格点/満点 = 2,028/2,550(Reading、Listening、Writing各850点満点)
英検1級の合格率は10%程度で、年に3回ある試験にも関わらず合格者はわずか3,000名という難関試験です。

準1級との違い

必要語彙数は、準1級の7,000語に対して、英検1級は12,500語から15,000語です。
1級のライティング試験は、準1級のライティング試験と同様にエッセイですが、準1級の必要語数が120~150語であるのに対して、1級の必要語数は200~240語ですので、難易度は格段に上がっています。

過去問

ここでは、2019年度第1回で実際に出題された問題と解答例を紹介します。

English Composition
● Write an essay on the given TOPIC.
● Give THREE reasons to support your answer.
● Structure: introduction, main body, and conclusion
● Suggested length: 200 240 words
● Write your essay in the space provided on Side B of your answer sheet.
Any writing outside the space will not be graded.

TOPIC
Agree or disagree: Infectious diseases will become a bigger problem in
the coming decades

解答例:
Infectious diseases have been plaguing human populations throughout
the course of history. Despite scientific advances that benefit healthcare, the three
main factors of population growth, globalization, and widespread poverty mean such
diseases will, unfortunately, become an even bigger problem in the coming decades.
As Earth’s population increases, it becomes easier for infectious
diseases to spread. As much of the planet becomes densely populated, close contact
among people creates an ideal environment for disease outbreaks and epidemics.
What is more, as human populations encroach on animal habitats, germs harbored in
these animals can more easily infect people.

People are also increasingly mobile, and more travel will make it harder
to track and halt disease outbreaks. Disease-spreading organisms such as insects are
often transported along with people, making it likely that infections once limited to
local populations will become problematic globally. To make matters worse, doctors
will struggle to diagnose diseases previously unseen in their areas.

The developing world will be particularly vulnerable. With limited access
to healthcare and medicine, populations in developing nations could be decimated by
the spread of a lethal infection. Moreover, as urban slums grow larger, unhygienic
conditions and lack of access to clean water will make it easier for infections to
occur.

Population growth, globalization, and poverty are rampant in the world
today. Given the current situation, it is hard to imagine a scenario in which infectious
diseases do not pose an increasingly significant challenge in the coming decades.

例題

ここでは、例題と解答例を2問紹介します。

● Write an essay on the given TOPIC.
● Give THREE reasons to support your answer.
● Structure: introduction, main body, and conclusion
● Suggested length: 200–240 words

・TOPIC1
Does the Japanese government have much control over the economy?

解答例:
Though Japan operates under a free market economy, in which private spending has the largest impact on the economy, the Japanese government does exercise considerable control. The government has numerous tools at its disposal to adjust the direction of the overall economy. I will highlight three of the most powerful of these.
The Ministry of Finance influences the Bank of Japan (BOJ), which controls the availability of credit by adjusting interest rates. The BOJ lowers interest rates when the economy requires stimulation, and raises them when inflation needs to be suppressed. Access to cheap credit enables companies to purchase, invest and hire employees, all of which boost the economy.
The Ministry of Finance also prepares the budget, including suggestions for setting tax rates and outlining government spending. Lowering tax rates and increasing government spending also stimulate the economy. The government willingly goes into debt during times of recession to provide a boost to the economy.
Finally, the Ministry of Economy, Trade and Industry (METI) actively steers business activity in Japan, including production, trade and distribution of products. METI works closely with businesses to shape trade policies, predict future economic trends and identify growth industries for investment.
All of these government measures are taken with the goal of maintaining steady growth and price stability while keeping unemployment at a minimum. We can see from recent events that the government is not always successful in its efforts, but it still maintains a powerful hold on the economy nonetheless.

・TOPIC2
Should advertising for harmful substances such as alcohol and tobacco be more heavily restricted?

解答例
Although many people insist that advertising for harmful substances such as alcohol and tobacco should be more heavily restricted, I personally believe it should not be restricted. There are mainly three reasons.
Firstly, the international law suggests that freedom of speech is a human right that should not be infringed on. People have to be free from any pressure so that they can express things freely. Advertising is one of the major ways of expressing things.
Secondly, advertising generates a large amount of money, which leads to economic growth in societies. In reality many people purchase goods because of advertisements. In addition, taxes can be made out of the money generated from the purchase of alcohol and tobacco in Japan. There is no doubt that this helps Japan a lot.
Thirdly, it seems that advertising for harmful goods does not actually have bad effects on people’s behaviour. In France, advertisements for goods that are harmful to human body were totally eliminated several years ago. In spite of the ban, however, there was not any change in people’s behaviour. This reveals the fact that people are not likely to be affected by advertisements in a bad way.
For these reasons mentioned above, I strongly believe that advertising for any type of products must continue to be seen in our lives.

勉強法・対策

ここでは、英検1級合格に近づくための勉強法と対策をご紹介します。

勉強法

英検1級のライティングは、積み重ねが大切です。社会性の高い問題や環境問題について、自分の意見を英作文で書くことや、制限時間内に指定された文字数で書くことは、練習の積み重ねによってできるようになるものです。練習は、英検のホームページでダウンロードできる解答用紙サンプルを使って適切な文字の分量を把握しながら、手書きで英作文をしましょう。本番では、パソコンやスマートフォンのスペルチェック機能や予測変換機能を使うことはできません。本番の緊張状態でも正確なスペルで書くために、手書きで書く練習を怠らないようにしましょう。

対策

どのようなトピックであっても、自分の意見とその理由3つを即座に英語で答えられるように、社会問題に関する知識を増やしましょう。1級のライティングでは、社会・政治、国際関係、環境問題、テクノロジーが頻出問題です。日頃から「Newsweek」「The Japan Times」などを読み、社会性の高い知識と、時事的な英単語の語彙数を増やすことが重要です。さらに、英字新聞や週刊誌は読むだけでなく、記事のトピックについて自分の意見と3つの理由を英文で作れるように練習します。また、自分の意見と逆の意見を支持した場合の意見と、3つの理由も作れるようにトレーニングしておくと良いでしょう。

ライティングの英作文は、いきなり書き始めるのではなく、事前に文章を組み立てる準備をしてから書き始めた方がスムーズに書くことができます。文章をまとめる手順は以下のとおりです。

1. TOPICに対する意見と意見の理由を3つメモで書きだす。
2. 3つの理由について、補強となる具体例や根拠をメモに書く。
3. 論理展開に無理がないか構成を検討する。
4. サポーティング・センテンスとして書くことを決める。
5. 客観的事実・具体例をメモに追加する。
6. 自分の主張と反対の意見をメモに追加する。
7. 解答用紙に英文を書く。

使えるテクニック

ここでは文章を書くテクニックとして、英検1級のライティングで使える表現を紹介します。

序論で役立つ表現

前置きする言い回しとして、「Many people believe that ….」や「 It is often pointed out ….」といった表現が使えます。「While …」 は、「…」の部分で自分の主張とは別の視点を述べることができます。「Although …」 は、「…」の部分に反対の意見を入れることで、賛否が分かれるトピックについて、自分の主張を際立たせることができます。
トピックが Agree か Disagreeかを問う課題だった場合は、「I agree that ….」 や「 I do not agree that ….」 で書き始めましょう。

本論で役立つ表現

意見を支える3つの理由の挙げ方は「First(ly), ….」 「Second(ly), ….」 「Third(ly), ….」 が良いでしょう。

結論の書き出し例

一般的な書き出しは「In conclusion, ….」ですが、その他にも 「To sum up ….」「I firmly believe that … for the above three reasons. 」などが使えます。

これらのテクニックを使えば、英検1級のライティングに役立ちますが、日々の勉強を怠っては本当の英語力を身に着けることはできません。

キャタルなら本物の英語力が身につく!

ここでは、英検1級のライティング試験の対策を紹介しました。
ライティング試験は必要語彙数も多く、難しそうだと感じた方もいるでしょう。1級を受験しようとしている方や、本物の英語力を身につけたい方は是非キャタルへお越しください。
バイリンガル講師によるレベルの高いレッスンと、キャタル流の様々なメソッドで英検対策はもちろんのこと、一生使える実用英語が身に付けることができます。バイリンガル講師の丁寧な指導の元、英語の読み書きや、聞き取りと発音を繰り返すことによって、実用的でハイレベルな英語能力を身に着けることができます。
キャタルでは無料体験レッスンもあります。お気軽にお問い合わせください。

  • LINEで送る

【無料レポート】受験・進学に効く「英検2級A」を取得できる英検勉強法

英検に強い!英語塾キャタルの2018年度の英検合格者数、617名!

英検2級Aの取得を目指している方に知ってもらいたい、英検に合格し将来も使える英語力が身につくキャタルの勉強法を無料公開!

本質的な英検学習で使える英語を身につけ、英検にも合格できる「受かる+使える」英語学習法をご紹介。

特別無料レポートを読むだけで、お子様の英検の勉強が劇的に変わります。
ぜひ、お子様の英検2級A取得にお役立てください。

SNSでもご購読できます。

もし、英語のことで
少しでも悩んでいるなら

大人でも英語を学んで身につけることは難しいと思います。また、これから子どもたちにとって英語学習の重要度がさらに高まり、「何を」「どのように」すればいいのだろう?と悩まれているかもしれません。もし英語学習のことで悩んでいるなら、ぜひ一度、お問い合わせいただいて、ふだんのキャタルの姿を見に来てください。

お電話はこちら(総合受付)
03-4520-4236
受付時間 9:00 - 21:00