英検2級の単語を解説!効率の良いオススメの覚え方・勉強法教えます

英検2級の単語を解説!効率の良いオススメの覚え方・勉強法教えます

こんにちは、4技能型英語塾のキャタルです。ただ合格するだけでなく英検レベルを十分に満たす一生使える英語力を身につけるための塾です。この記事では、英検2級の難易度や合格点・合格率、準2級との違い、具体的な勉強法・対策を紹介します。ぜひ最後までお読みくださいね!

↓英検2級対策関連の人気記事をチェック↓
英検2級になかなか受からない?お子さまが最短合格できなかった原因を解明

英検とは

英検は、日本英語検定協会が実施する検定試験で、正式名称は「実用英語技能検定」といいます。

1963年に創設、1968年に「文部省認定の技能検定」の認定を受け、日本での英語に関する検定を牽引してきました。英検の特色は、英語の「読む」、「書く」、「聞く」、「話す」の4つの技能を測定できる点です。年間の受験者数は250万人を超え、大学入試、就職など様々な場面で英語力を証明できる資格として活用されています。

検定は年3回、全国各地の会場で実施されています。試験は易しいレベルから順に5級、4級、3級、準2級・2級、準1級・1級の7つのレベルに分かれています。試験後は、合否の結果と英検CSEスコアが通知されます。検定料は級によって異なり、2級の場合は本会場での受験は6,500円、準会場での受験は5,500円です。

引用:英検2級に合格するための勉強法・対策総まとめ

英検2級の単語レベル

英検2級の合格には高校卒業レベルの英語力が求められると言われていますが、過去問で使用されている単語を解析すると、8割超が中学水準、2割弱が高校水準以上となっています。単語・語彙数で比べた場合、英検準2級が2,600~3,600語程度であるのに対し、2級の場合は3,800~5,100語程度です。

英検準1級の合格点(CSEスコア)は以下の通りです。

英検2級一次試験の問題数、目安時間配分、CSEスコア、合格ラインまとめ

英検2級二次試験の問題数、目安時間配分、CSEスコア、合格ラインまとめ

英検2級一次試験の合格率は65%、二次試験は60%程度と言われています。

TOEICやTOEFLとのレベル比較

英検と同じくスタンダードな英語試験であるTOEIC、GTEC、TOEFLと、英検2級レベルの比較を以下の表にまとめました。

英検2級・TOEIC・TOEFL合格点レベル比較表

英検2級・TOEIC・TOEFL合格点レベル比較表

英検2級のレベルって?TOEICやTOEFLとの難易度などを徹底比較!

たとえばこんな単語!

英検2級を受けるにあたって覚えなければいけない単語は多種多様ですが、毎回繰り返し出題されるものがあることも事実です。以下では頻出単語の例をご紹介します。

動詞

・adopt 〜を採用する
・allow 〜を許す
・apply for 〜に申し込む
・attract 〜を魅了する
・avoid 〜を避ける
・inform 〜を知らせる
・prevent 〜が…するのを防ぐ
・protect 〜を守る
・provide 〜を与える、提供する
・recommend 〜を推薦する

名詞

・construction 建設
・consumer 消費者
・deal 取引、商売
・decision 決断、決定
・employee 従業員
・expert 専門家
・improvement 改良
・pollution 汚染
・project 計画、事業

形容詞

・additional 追加の
・ancient 古代の、大昔の
・effective 効果的な
・harmful 有害な
・industrial 産業の、工業の
・likely 〜しそうな、ありそうな
・mental 心の、精神の

副詞・接続詞

・actually 実際は
・frequently 頻繁に
・however しかしながら
・immediately すぐに
・increasingly ますます、だんだんと
・therefore したがって
・well 充分に、上手に

英検2級では、社会問題や環境問題に関する設問が多く、準2級に比べて使用される単語の幅が広がります。日常的に用いられるような単語に加え、このようなトピックにまつわる単語も意識的に学習していきましょう。

熟語も一緒に勉強しよう!

英検2級では熟語問題も多く出題されます。また、単語は単独よりも熟語としての方が覚えやすく、実際に試験の文中に出てきた際もスムーズに答えを導き出すことができます。以下では頻出熟語の例をご紹介します。

・according to 〜によれば
・account for ~の説明をする
・be aware of 〜に気づいている
・carry out 実行する
・come up with 〜を思いつく
・deal with 〜に対処する
・depend on 〜に頼る、〜次第である
・due to 〜のせいである、〜による
・find out 見つけ出す
・get rid of 〜を取り除く
・go over ~を越える、調べる
・look forward to 〜を楽しみにする
・look up to 〜を尊敬する
・make sure 〜を確かめる

熟語も単語と同じく出やすいものとそうでないものとがあります。上記のような頻出とされる熟語は、必ず押さえて試験に臨みましょう。

非効率的な勉強方法に要注意!

ここでは、多くの方がはまりがちな、非効率的な勉強方法についてご紹介します。

丸暗記する

単語や熟語の勉強というと、単語集を赤シートで隠したり書き出したりしてひたすら丸暗記する方法をイメージする方も多いのではないでしょうか。しかし、このようないわゆる「丸暗記」はあまりおすすめできません。上記のような方法でも短期的には多くの単語を覚えることができるかもしれませんが、似たような単語同士を混同してしまったり、文脈によって異なるニュアンスで用いられていた場合に理解できなかったり、時間が経つと忘れてしまったりすることが多いからです。結果的に非効率な方法と言わざるを得ないでしょう。

英単語学習アプリを利用する

最近では、英単語の学習のための携帯用アプリも多くリリースされています。「英単語」「アプリ」で検索すると多くのアプリケーションがヒットし、中には無料のものもあるので試したことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。ゲーム感覚でできるものや発音を耳で確認できるものもあるので、使いようによっては役立つこともあるでしょう。しかし、本質的には「丸暗記」であることに変わりはないので、これらの学習効果も上記の丸暗記と大差ないと言えます。

オススメの英単語勉強方法!

英検2級に求められる単語・熟語のレベル、出題傾向はお分かりいただけたでしょうか。次に、これらを学習するにあたってどのような勉強法をとるべきか解説していきます。
オススメするのは、本を使った単語・熟語の学習です。具体的な勉強方法について以下で解説していきます。

単語を例文で覚える

新しい単語は、英単語とその意味を暗記するだけではなく、その単語を使った文章を通して覚えるようにしましょう。例えば、「drop」という単語について「落とす」という日本語の意味を覚えて終わりにするのではなく、「I drop my pen on the floor.」や「Did you drop your wallet on the train?」といった、単語を使った文章を勉強するようにします。こうすることで、単語の意味だけではなく使い方も理解できるようになり、実際の空所補充の問題で同義語が出題されたときにも、前後の文脈から正解を導き出せるようになるのです。

英単語の正しい覚え方!語彙力を強化する効率の良い学習方法を徹底解説します

レベルに合った英語の本を読む

上記の方法と合わせて学習レベルに合った英語の本を読み進めていくことで、新たに学習した単語の定着を図ります。知らない単語に出会うこともあると思いますが、それは実際の試験でも同じです。まずは文脈から意味を推測し、その後辞書を用いて意味を確認することで、読解力を高めながら効率的に単語を学習することができます。

英語で文章を書く

直接的にはスピーキングやライティングの勉強に思えるかもしれませんが、文章を書くことは単語学習にも効果的です。いざ文章を書こうと思うと、分かったつもりで本当は覚えていなかった単語が明らかになるからです。また、自分で書いた文章はすんなりと頭の中に入っていくため、一度使えばなかなか忘れることはないでしょう。

英単語の学習にあたっては、一見ショートカットに思えるいわゆる丸暗記は実は非効率的な勉強方法です。新しい単語をまずは例文で覚え、それらが用いられた文章を読み、さらには自分の言葉として使ってみることで、実際の試験で困らない本物の単語力を身につけましょう。

英検1級・準1級・2級対策!リーディング・大問1が苦手な方必見、合格のコツと単語学習法をご紹介

英検2級のリーディング対策。最短で身につく本物の勉強法

対策期間2週間で英検2級に合格した中学3年生のストーリー

英語塾キャタルでは、英検に合格することで自分の夢への実現へと近づいた生徒たちがたくさんいます。その生徒たちは、決して「近道」をした訳ではありません。英語学習を楽しみながら継続して学び続けることで、英検合格に必要な英語力を身につけているのが特徴です。

対策期間2週間で英検2級に合格した中学3年生のストーリー

英語塾キャタル池袋校に通う中学3年生Kさんは暗記が苦手でしたが、キャタルのコーチから例文を使って単語の説明を受けたことをきっかけに、必ず例文と一緒に単語の意味を理解するようになりました。例文を使って理解することで、「これはこういう使い方だからこういう意味だ」と思い出しやすくなり、苦手克服へと繋がりました。

また、Kさんはキャタルのレッスンで英語力を身につけた力試しとして英検を受験したため、一次試験の対策はほとんどせずに合格しています。そんなKさんも、キャタルに入塾した当初は周りの生徒と自分の英語力の差に悔しい思いをしました。「もっと英語ができるようになりたい!」という思いから、英語学習を習慣化させてコツコツと英語力を身につけていきました。

英語学習のスタート時期や習得している英語レベルは、一人ひとり異なります。だからこそ、一人ひとりのレベルに合わせた学習カリキュラムで学ぶことが大切だと私たちは考えています。不合格という回り道をせずに英検2級に合格するなら、ぜひ英語塾キャタルのWEBサイトへお越しください!