英語塾キャタル

英検2級のリーディング対策。最短で身につく本物の勉強法

  • LINEで送る

英検2級対策

この記事では、英検2級のリーディングについて解説していきます。英検対策に強い塾。4技能型英語塾のキャタルは、ただ合格するだけでなく英検2級レベルを十分に満たす一生使える英語力を身につけるための塾です。バイリンガルの正しい英語学習法で英語力を高めて英検2級合格を目指します。この記事では、英検2級の難易度や合格点・合格率、準2級との違い、具体的な勉強法・対策を紹介します。

英検とは

英検は、日本英語検定協会が実施する英語技能全般を測定する検定試験です。正式名称は「実用英語技能検定」といいます。1963年に創設され、1968年には「文部省認定の技能検定」の認定を受け、日本における英語に関する検定の中で最も長く実施されているものです。年3回、全国各地の受験会場で実施されています。

英検の試験は易しいものから順に5級、4級、3級、準2級・2級、準1級・1級の7つのグレードに分かれています。英語の「聞く」、「読む」、「書く」、「話す」の4技能を総合的に問われ、合否の結果と英検CSEスコアが通知されます。検定料は級によって異なり、2級の場合は本会場での受験は6,500円、団体申し込みで定めた準会場での受験は5,500円です。

試験内容・流れ

英検2級は、1次試験に筆記とリスニング、2次試験に面接形式のスピーキングがあります。ここではリーディングのある筆記についてご紹介します。

筆記試験の内容

筆記試験の試験時間は約85分間です。リーディングとライティングが出題されます。

日常生活を題材とした場面が多く出題されます。道案内などの日常会話レベルから歴史、医療、テクノロジーといった社会性のある話題まで幅広く出題される傾向です。大問1~3がリーディング問題です。リーディングは、4つの選択肢の中から適切なものを選択する回答形式です。

・大問1
問題数20問、解答時間の目安は20分です。短文の語句空所補充、短文や会話文の文脈に合う適切な語句を補う問題が出題されます。

・大問2
問題数6問、解答時間の目安は12分です。長文の語句空所補充、説明文のパッセージの空所に文脈に合う適切な語句を補う問題が出題されます。

・大問3
問題数12問、解答時間の目安は24分です。長文の内容一致選択、Eメールや説明文の内容に関する質問に解答する問題が出題されます。

・大問4(ライティング)
問題数は1問、解答時間の目安は25分です。与えられたトピックについて英作文を記述します。

筆記試験の得点目安

各大問の得点目安は大問1が20点満点中12点、大問2が6点満点中2点、大問3が12点満点中6点で、リーディング合計38点満点中20点が合格ライン目安です。ライティングについては、内容、構成、語彙、文法の4つ観点から評価され、それぞれ配点は各4点、16点満点中9点が合格ラインです。

過去問

2018年度 第1回の試験で実際に出題された問題の一部を3つご紹介します。ぜひ参考にして自分のレベルを確認してみてください。

・大問1
( )に入れるのに最も適切なものを1,2,3,4 の中から一つ選び、その番号を解答用紙の所定欄にマークしなさい。

Wendy wants to (  ) her school in a national science contest.  Only one student’s work from the school will be chosen for the event, and Wendy hopes it will be hers.

1. collapse
2. represent
3. insult
4. obtain

解答:2

 

・大問2
次の英文を読み、その文意にそって( )に入れるのに最も適切なものを1,2,3,4 の中から一つ選び,その番号を解答用紙の所定欄にマークしなさい。

Getting Light Right

Electric lights have greatly improved the quality of humans’ lives. However, scientists have discovered that artificial lights can cause a variety of health problems. ( 1 ), they can prevent people from being able to sleep properly.

This happens because many body rhythms, such as the sleep cycle, are controlled by light. When it is too bright at the wrong time, the body thinks it is time to be awake rather than asleep.

Moreover, problems caused by light seem to ( 2 ). As a result, issues with sleep occur more frequently in the elderly. To solve this, a group of researchers in Europe have come together to create the ALADIN Project. They have discovered that both the brightness and color of light have an effect on body rhythms. With this knowledge, the researchers have created an indoor lighting system that helps seniors sleep better by changing the light throughout the day to match the body’s natural cycle.

Furthermore, the system can be adjusted to match a specific person. By using sensors in the person’s clothing, it is able to detect changes in the body. Then, it adjusts the light to match that person’s needs. For example, when the person’s heart rate decreases in the evening, the light levels in the room go down, allowing that person’s body to prepare for sleep. The researchers believe their system could be used to ( 3 ) in the future. For example, it could be put on airplanes to help passengers sleep on long flights. Therefore, the ALADIN Project could be beneficial to people of all ages.

選択肢
(1)
1. On average
2. On the other hand
3. In return
4. In particular

(2)
1. depend on the season
2. improve over time
3. increase with age
4. cause health issues

(3)
1. help people in other ways
2. reduce airline accidents
3. cure heart disease
4. make better clothing

 

・大問3
次の英文の内容に関して、質問に対して最も適切なもの、または文を完成させるのに最も適切なものを1,2,3,4の中から一つ選び、その番号を解答用紙の所定欄にマークしなさい。

The Price of a Song

All around the world people sing the “Happy Birthday” song on people’s birthdays.
However, for a long time, it was rare to hear the song sung in movies or TV programs.
This was because the copyright for the song belonged to a company. If somebody has a copyright for a song, they can charge money when other people use it in their movies or TV programs. In order to reduce their expenses, many directors avoided using the song in their shows.

In reality, though, the complicated history of “Happy Birthday” meant that it is unclear who actually owned the copyright. The music was originally composed in 1893 by Patty and Mildred Hill, two sisters who were teachers. The sisters wrote a greeting song for their students to sing each morning. Sometime later, the words were changed and the song became a birthday song. Nobody knows who wrote the new words, but it was believed that the sisters gave the copyright to a publishing company.

This copyright was then sold to another company, and then in 1988 it was bought by a large music company called Warner/Chappell. After Warner/Chappell bought the copyright, the company decided to carefully check all movies and TV shows to see if the song was being used. They charged different amounts of money depending on how popular the show was. It is estimated that the company has made two million dollars a year from the song.

However, a group of filmmakers thought that Warner/Chappell might not actually own the copyright to the song. They took the company to court and argued that there was no evidence that the copyright had ever belonged to any of the companies who had claimed to own it. In September 2015, the judge in charge of the case agreed with the filmmakers. He said that the copyright for the song was no longer owned by any company and that anyone could use it freely. As a result, it will probably become much more common to hear the song in movies or on TV.

(1) Why did many directors choose not to use the “Happy Birthday” song?

1. It was not popular in many of the countries where movies are watched.
2. It cost them money to use it in their movies or TV shows.
3. They wanted to use songs that were not used frequently by other directors.
4. They thought that people wanted to hear more interesting songs.

例題

ここでは短文の語句空所補充問題の予想問題と回答をご紹介します。腕試しとしてぜひ挑戦してみてください。

例題1(短文の語句空所補充)
Last year`s (   ) was smaller than usual because there was not much rain.If it rains more this year,farmers will be able to increase the amount of potatoes they send to market.

選択肢
1. reality
2. harvest
3. argument
4. delay

正解:2

 

・例題2(短文の語句空所補充)
After the house was robbed, some people told me that they had seen a (   ) man standing on the street.

選択肢
1. delicate
2. suspicious
3. brilliant
4. valuable

正解:2

勉強法・対策

過去問や練習問題を解くことも大切な勉強ですが、それ以外にもリーディングの勉強方法はあります。まず、十分な語彙力と文法力をつけましょう。その上で、リーディングのスピードアップのために、多読という学習方法をおすすめします。多読とは、とにかくたくさんの英文を読む学習法です。多読の際は、きっちりと意味を理解する必要はなく、大まかに理解できる程度で、とにかくたくさんの英文を読むことがポイントです。多読と併せてサマリーライティングという、読んだ内容を英語で簡単にまとめる学習法も取り入れるとより効果的にリーディング力をアップさせることができます。

使えるテクニック

各大問別を解くときは、以下のポイントを心がけましょう。これらのテクニックを用いれば、得点を稼ぐことはできるかもしれませんが本質的な英語力が身につくわけではありませんので、小手先のテクニックに頼りすぎはやめましょう。

大問1(短文の語句空所補充)

問題数が20問もありますので、わからない問題は飛ばし、回答できるものから確実に解いていきましょう。

大問2(長文の語句空所補充)

空欄の前後だけを読むだけでは誤った回答する恐れがあります。前後の文章を一文ずつ読み、回答しましょう。

大問3(長文の内容一致)

文章を読む前に、選択肢は読まずに設問から読み始めましょう。そして、問いの答えに関係する部分がどのあたりなのか、1段落を読み終わるごとに確認していきます。固有名詞や数字、その他キーワードを頭に入れた上で文章を読むと、答えの根拠となる部分が見つけやすくなります。

キャタルなら本物の英語力が身につく!

キャタルは「英検対策に強い塾」です。資格対策だけでなく、効率的に世界基準の英語力を身につけることができます。キャタルではバイリンガル講師による質の高いレッスンと、キャタル流のコーチングにより、聞く、読む、書く、話す、の4つの技能をバランス良く伸ばすことができます。本物の英語力を確実に伸ばしたい方は、ぜひキャタルにご相談ください。



  • LINEで送る

【無料レベルチェック】次回の英検受験で、合格を目指しているお子さまに!

無料レベルチェック

英検に強い!英語塾キャタルの2018年度の英検合格者数、617名!

キャタルの生徒が英検に合格しているのは、目標レベルと自分のレベルをしっかりと把握して学習しているから。
合格に向けて、現時点でどれくらいの距離があるのかを知った上で、自分に必要な知識を身につけることが大切です。

キャタルでは、無料のレベルチェックを行っています。カウンセリング付きなので、生徒1人ひとりのレベルや目標に合わせて、最適な学習をご提案いたします。

まずは、お気軽に無料のレベルチェックにお越しください。




詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。

もし、英語のことで
少しでも悩んでいるなら

大人でも英語を学んで身につけることは難しいと思います。また、これから子どもたちにとって英語学習の重要度がさらに高まり、「何を」「どのように」すればいいのだろう?と悩まれているかもしれません。もし英語学習のことで悩んでいるなら、ぜひ一度、お問い合わせいただいて、ふだんのキャタルの姿を見に来てください。

お電話はこちら(総合受付)
03-4520-4236
受付時間 9:00 - 21:00