英検準一級の単語を解説。おすすめの覚え方、勉強法教えます!

英検準一級の単語を解説。おすすめの覚え方、勉強法教えます!

こんにちは、4技能型英語塾のキャタルです。ただ合格するだけでなく英検レベルを十分に満たす一生使える英語力を身につけるための塾です。この記事では、英検準1級の難易度や合格点・合格率、2級との違い、具体的な勉強法・対策を紹介します。ぜひご覧ください!

 

英検とは

英検は、日本英語検定協会が実施する検定試験で、正式名称は「実用英語技能検定」といいます。

1963年に創設、1968年に「文部省認定の技能検定」の認定を受け、日本での英語に関する検定を牽引してきました。英検の特色は、英語の「読む」、「書く」、「聞く」、「話す」の4つの技能を測定できる点です。年間の受験者数は250万人を超え、大学入試、就職など様々な場面で英語力を証明できる資格として活用されています。

検定は年3回、全国各地の会場で実施されています。試験は易しいレベルから順に5級、4級、3級、準2級・2級、準1級・1級の7つのレベルに分かれています。試験後は、合否の結果と英検CSEスコアが通知されます。検定料は級によって異なり、準1級の場合は7,600円で本会場でのみ受験することができます。

引用:英検準1級に合格するための勉強法対策総まとめ

英検準一級の単語レベル

英検準1級のレベルはおよそ大学中級程度、「社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用することができる」とされています。英検準1級で出題される単語は、日常会話で耳にするものよりも、社会性の高い話題で使用される専門的な用語など、難易度の高いものが多いです。準1級で必要な単語数は約7,500〜9,000語。英検2級の必要語彙数が大体5,000〜6,000語ですから、およそ3,000語の上乗せが必要になります。
合格率は全体で約16%とかなり低いため、しっかりと対策をして試験に臨まなければ合格は難しいでしょう。

英検準1級の合格点(CSEスコア)は以下の通りです。

英検準1級一次試験の問題数、目安時間配分、CSEスコア、合格ラインまとめ

英検準1級二次試験の問題数、目安時間配分、CSEスコア、合格ラインまとめ

TOEICやTOEFLとのレベル比較

英検と同じくスタンダードな英語試験であるTOEIC、GTEC、TOEFLと、英検準1級レベルの比較を以下の表にまとめました。

英検準1級・TOEIC・TOEFLレベル比較表

英検準1級・TOEIC・TOEFLレベル比較表

英検2級のレベルって?TOEICやTOEFLとの難易度などを徹底比較!

たとえばこんな単語!

英検準1級で頻出の単語をご紹介します。単語の意味が分かるかどうか、自分の今のレベルを把握してみましょう。

動詞

  •  enforce 施行する
  • alter 変える
  •  reckon 思う
  •  uphold 支持する
  •  stray はぐれる
  •  eliminate 複雑にする
  •  preclude 妨げる

名詞

  • revenue 収益
  • persecution 迫害
  • leverage てこの作用
  • particle 微粒子
  • discomfort 不快
  • captivity とらわれの状態
  • tariff 関税

形容詞

  • noble 高潔な
  • arrogant 尊大な
  • cynical 懐疑的な
  • straightforward 率直な
  • hypocritical 偽善の
  • docile 従順な
  • conspicuos 目立つ

副詞

  • ruthlessly 冷酷に
  • blissfully 至福に
  • definitely 間違いなく、確かに
  • sparsely まばらに、わずかに
  • significantly 著しく
  • invariably いつも
  • seemingly どうやら〜らしい

熟語も一緒に勉強しよう!

英検準1級レベルの単語を1つ1つ覚えていくことは大変です。また、実際に英文を読む際に大事なのは、単語の有機的な繋がりであるフレーズの判別・理解です。単語と同時に熟語も一緒に勉強し、本試験の英文中のフレーズをすばやく読解できるようになりましょう。以下に、頻出熟語を挙げます。

  • at face value 額面どおりに
  • back down on ~に無関心である
  • get down to ~に本腰を入れて取り組む
  • have precedence over ~より優先される
  • in the name of ~の名目で
  • lose oneself in ~に夢中になる
  • on the contrary それどころか
  • reflect on ~を熟考する
  • take a bit of doing ~するのに骨が折れる
  • well into the night 夜更けまで

 

気をつけて!非効率的な勉強方法

英検準1級合格に必要な単語・熟語のレベルはかなり高いことがお判りいただけたと思います。
ここでは、非効率的な勉強方法の例を挙げた上で、より英検準1級合格レベルの単語・熟語を効率的に習得できる勉強方法をご紹介します。

まず、一般的によく知られてはいるものの、実は非効率的な勉強方法を挙げてみます。

ひたすら単語だけを丸暗記する

単語を覚えるというと、自作の単語カードをめくり続ける、単語集を赤シートで隠す、あるいはとにかく紙に書き出すといったひたすら丸暗記する方法が思い浮かぶかもしれません。しかし、単語を文章から切り離して単独で覚えても、文脈によって臨機応変な読解ができないなど、応用力を身につけることはできません。

また、短期間に「丸暗記」した単語は時間の経過とともに忘れてしまうことが多いなど、長い目で見ると定着率が悪いので、非効率的な勉強方法です。

アプリを利用する

最近は英単語学習のための携帯用アプリも多く出され、若い方を中心に広く普及しています。中には無料で使えるものもあり、気軽に英単語学習に取り組めるため非常に便利です。しかし、単語カードや単語集がスマホに変わっただけで、やることは「丸暗記」ですので、アプリの利用もまた非効率的な学習方法となります。

 

おすすめの勉強方法は?

ここでは、おすすめの勉強方法をご紹介します。ポイントは英文を通して単語を覚えていくということです。

例文と一緒に覚える

例文の中で単語を覚えると「丸暗記」よりも定着率が良くなります。例文と一緒に覚えると単語の意味だけでなく使い方も学べますので、応用力が養われます。例えば、「take」のような多くの意味を持つ単語が、ここでは何の意味で使われているのか、といったことが前後の文脈から判断できるようになります。また、定型表現的な例文を数多く知っておくと英作文の表現力が豊かになるというメリットもあります。

覚える際は例文の場面を頭に描きながら、声に出してみましょう。声に出すことで視覚だけでなく聴覚も刺激されるので、記憶への定着率がアップします。毎日コツコツと反復し、最後は暗唱できるレベルにまで持っていければより効果的です。

英単語の正しい覚え方!語彙力を強化する効率の良い学習方法を徹底解説します

英語で文章を書く

英語で文章を書くことも効果的な単語の覚え方です。実際に英文を書いてみると、単語の意味や使い方がうろ覚えであることに気づくことができます。この作業は時間がそれなりにかかりますし、苦痛さも伴いますが、自分で書いた文章は記憶に残りやすいです。一度覚えれば一生使える本物の単語力を身につけることができます。

英検1級・準1級・2級対策!リーディング・大問1が苦手な方必見、合格のコツと単語学習法をご紹介

対策期間2週間で英検2級に合格した中学3年生のストーリー

英語塾キャタルでは、英検に合格することで自分の夢への実現へと近づいた生徒たちがたくさんいます。その生徒たちは、決して「近道」をした訳ではありません。英語学習を楽しみながら継続して学び続けることで、英検合格に必要な英語力を身につけているのが特徴です。

対策期間2週間で英検2級に合格した中学3年生のストーリー

英語塾キャタル池袋校に通う中学3年生Kさんは暗記が苦手でしたが、キャタルのコーチから例文を使って単語の説明を受けたことをきっかけに、必ず例文と一緒に単語の意味を理解するようになりました。例文を使って理解することで、「これはこういう使い方だからこういう意味だ」と思い出しやすくなり、苦手克服へと繋がりました。

また、Kさんはキャタルのレッスンで英語力を身につけた力試しとして英検を受験したため、一次試験の対策はほとんどせずに合格しています。そんなKさんも、キャタルに入塾した当初は周りの生徒と自分の英語力の差に悔しい思いをしました。「もっと英語ができるようになりたい!」という思いから、英語学習を習慣化させてコツコツと英語力を身につけていきました。

英語学習のスタート時期や習得している英語レベルは、一人ひとり異なります。だからこそ、一人ひとりのレベルに合わせた学習カリキュラムで学ぶことが大切だと私たちは考えています。不合格という回り道をせずに英検2級に合格するなら、ぜひ英語塾キャタルのWEBサイトへお越しください!