受けたい級にまっすぐ合格

英検®を使って一生モノの
英語力を身につけよう!

受けたい級にまっすぐ合格

英検®を使って
一生モノの英語力を
身につけよう!

英検準一級のリーディング長文問題対策!合格に必要な勉強法やコツを教えします

この記事のURLをコピーする
  • LINEで送る
英検準一級対策

英検対策に強い塾。4技能型英語塾のキャタルは、ただ合格するだけではなく英検準1級レベルを十分に満たす、一生使える英語力を身につけることができる塾です。バイリンガル教師陣による効率的な英語学習法で生徒の英語力を高め、英検準1級合格を目指します。
この記事では、英検準1級の合格点・合格率・過去問題に加え、長文問題に対する具体的な勉強法・対策を紹介します。

英検とは

英検は、日本英語検定協会が実施する検定試験で、正式名称は「実用英語技能検定」といいます。

1963年に創設、1968年に「文部省認定の技能検定」の認定を受け、日本での英語に関する検定を牽引してきました。英検の特色は、英語の「読む」、「書く」、「聞く」、「話す」の4つの技能を測定できる点です。年間の受験者数は250万人を超え、大学入試、就職など様々な場面で英語力を証明できる資格として活用されています。

検定は年3回、全国各地の会場で実施されています。試験は易しいレベルから順に5級、4級、3級、準2級・2級、準1級・1級の7つのレベルに分かれています。試験後は、合否の結果と英検CSEスコアが通知されます。検定料は級によって異なり、準1級の場合は7,600円で本会場でのみ受験することができます。

引用:英検準1級に合格するための勉強法対策総まとめ

準一級の試験内容・流れ

英検では5級から1級まで7つのグレードに分けて、受験者の英語技能を測ります。中でも、最終目標となる1級とそのすぐ手前に位置する準1級の2つは特に難関で、今回取り上げる準1級のレベルはおよそ大学中級程度です。社会生活で求められる英語を充分に理解した上で使用できるだけの英語力が求められます。ここでは、英検準1級合格の試験内容について解説します。

合格点・合格率の目安

合格率は約16.7%と難易度が高く、合格者の半数以上が大学生および社会人となっています。
英検準1級の1次試験はリーディング・ライティング・リスニングの3技能に各750点ずつ、計2,250点満点で配点されています。合格基準となるCSEスコアは1792点と言われており、主催する日本英語検定協会では2016年度第1回1次試験での合格者は7割程度の正答率の受験者が多かったと発表していますので、合格基準は各パートCSEスコア750点満点中7割の、525点以上の得点が目安となります。

試験内容・得点目安

英検準1級の1次試験の素点は86点満点です。各パートによって満点の得点は異なりますが、およそ6~7割程度の得点を目指せば合格ラインに到達します。英検準1級の1次試験の試験内容と問題数は以下のとおりです。

・リーディングパート(計41問・4肢選択のマークシート方式)
短文の語句空所補充問題:25問
長文の語句空所補充問題:6問
長文の内容一致選択問題:10問

・ライティングパート(記述式)
指定されたトピックについての英作文を書く問題:1問

・リスニングパート(29問・4肢選択のマークシート方式)
会話の内容一致選択問題:12問
文の内容一致選択問題:12問
Real-Life形式の内容一致選択問題:5問

各課題でまんべんなく得点し、合格基準の525点以上を狙えるよう実際の試験本番に即した試験対策をしておきましょう。

時間配分

試験突破の要となるのが、時間配分の要素を取り入れた勉強方法です。
英検準1級の一次試験では筆記に90分・リスニングに約30分の解答時間が与えられる形式になっています。筆記の解答時間内でリスニングパートの問題の先読みまですることを想定するならば、長文問題に掛けられる時間は45分ほど。英検準1級の長文問題を制するには、この45分間で問題文中からいかに多くの情報を得るかが鍵となります。
長文問題の試験対策では時間を測りながら問題を解き、時間内で余裕をもって解答ができるようになるまで繰り返し練習をすることが最も大切です。

過去問例題

ここでは、実際に出題された問題を紹介します。
※2019年6月https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_1/pdf/201901/2019-1-1ji-1kyu.pdf

Read each passage and choose the best word or phrase from among the four choices for each blank. Then, on your answer sheet,find the number of the question and mark your answer.

The Mud Angels

In Florence, Italy, artists such as Michelangelo and Botticelli created works that remain among the world’s greatest treasures. In 1966, however, steady rains caused the Arno River to flood, burying the city in mud. Dozens died, and around 5,000 families lost their homes. ( A ), huge numbers of priceless books and artworks in churches, museums, and libraries were damaged and in danger of
being lost forever.
Residents were too busy dealing with the disaster to save the artworks, and officials were slow to provide aid. As word spread, however, volunteers, who became known as “mud angels,” arrived. Mainly youths, they came from all over the world to clear tons of mud and rescue over a million books and almost a thousand artworks. According to many historians, this effort ( B ). After
World War II, heightened interest in other countries and a growing network of youth hostels led to an increase in youth travel. In fact, many of the volunteers had been backpacking through Europe when the disaster occurred, and simply altered their plans and went to Florence.
The flood ( C ). Donal Cooper, an art historian at Britain’s University of Cambridge, says, “The post­flood response stands as a great achievement of international collaboration and laid the foundations for Italian excellence in art conservation.” The situation’s urgency inspired new restoration methods, raising art­conservation standards. Additionally, Florence’s museums began conducting
regular emergency drills. However, many authorities believe more should be done to control the river, such as building additional reservoirs upstream to hold excess water, if a future disaster is to be avoided.

(A)
1:For instance
2:Rather
3:Nevertheless
4:What is more

(B)
1:was influenced by a social trend
2:put a huge strain on the city
3:remains difficult to explain
4:came too late

(C)
1:inspired a new type of art
2:can also be seen in a positive light
3:also caused damage outside Florence
4:nearly became a more serious emergency

解答:
(A)4
(B)1
(C)2

過去問の長文で高得点を取る方法をこちらの記事で丁寧に解説しています!

準一級の長文読解勉強法・対策

すぐ下のグレードである2級と比べても英検準1級の長文問題は分量が多く、高度な内容が出題されます。ここでは、英検準1級の長文問題を、余裕を持って切り抜けるための対策として、「英文解釈」「初級レベルの洋書の読み方」の2つを解説します。

英文解釈

英文解釈とは、文章の構造を把握しながら、意味のかたまりごとに文の前から順に内容を理解していく方法です。英文法とは違い、文章の前後の繋がりや段落の文脈を意識し、より自然な形で英文の内容を理解していくためのスキルとなります。

このスキルを高めることで、英文を日本語の文章を読んでいる時のように、前から順に読み進めていく形でもしっかりとした内容理解が可能となります。特に分量の多い長文読解問題をスピーディーに解いていくには、英文解釈力を養うことは必要不可欠です。

初級レベルの洋書を多読・音読

初級レベルの洋書の多くは、ネイティブスピーカーの子供向けに書かれた児童書です。これを多読・音読することで、英文そのものに慣れることができ、文章を読むスピードを上げていく練習にもなります。
中には英検準1級のレベルに合わせた洋書を選ぶべきではないか、と不思議に思う方もいるかもしれません。しかし、知らない単語があまりに多いとストーリーについていくことができず、結果としてモチベーションを大幅に下げてしまうリスクがあります。自分には少し簡単すぎると感じるくらいの洋書の方が、継続して英語力を補強していく良い教材になります。あくまで英文に慣れることを重点に置き、知らない単語が2ページ中1つ以下の頻度で出てくる程度のレベルの洋書を選びましょう。

間違った英語長文勉強法

ここまでは英検準1級の長文問題を勉強していく上で有用な勉強法をご紹介してきました。
次は反対に、誤った長文問題対策の例を2つ挙げていきます。

文章丸暗記や書き写し

過去問題などで出題されている文章などの丸暗記・書き写しは勉強法としては誤りです。英検準1級の長文問題で必要とされるのは内容を正しくスピーディーに読み取る英文解釈力です。問題集の文章やその内容を丸暗記したり、時間と労力をかけて全ての文章を書き写したりしても、英文解釈力を養うことには繋がりません。
文章構造と内容の把握をいかに齟齬なく行えるかが鍵となる長文問題には、まったく意味のないただの作業でしかないのです。

復習せずに長文を読みまくる

長文問題の対策として英語の長文をひたすら読むだけ、というのもやはり英検準1級では通用しません。過去問題や予想問題を対策として解くならば、採点や解答の内容把握までしっかりと行った上で間違えた問題を必ず復習するまでが1セットです。
正しい方法で問題数を多くこなして経験を積めば、長文問題で使用される英文や出題傾向を掴むことができるようになっていきます。長文を読む回数よりも、焦らずにじっくりと時間をかけて力を付けることが大切です。

キャタルなら本物の英語力が身につく!

英語を不自由なく扱えるようになるためには、多くの時間を使って英語に触れることがとても重要です。そこでぜひおすすめしたいのが、4技能型英語塾のキャタルです。

キャタルのコーチングの最大の特徴は、生徒がバイリンガルと同じ方法で世界基準の質の高い英語を学べる環境です。バイリンガル教師との二人三脚で英語を学ぶことを習慣化して生徒が自発的に家で英語を学ぶようになり、いつしか英語に触れることが当たり前になります。
日本に居ながらバイリンガルを目指して成長していけるのがキャタルでは、お手本となるバイリンガル教師と同様の「英語に囲まれた生活」に近い環境で、長年試行錯誤されてきたオリジナルカリキュラムにより英語を楽しく継続して学んでいくことができます。
無料体験レッスンが開催中のこの機会に、ぜひ受講を検討されてみてはいかがでしょうか。

英検準1級に合格した生徒

高校生で準1級に合格

中学2年生の頃になかなか英検2級に合格できないと伸び悩みキャタルに入塾。その後コツコツと学習を重ね高校1年生で見事英検準1級に合格しました!

伸び悩んだ時期を乗り越えて高校1年生で英検準1級に合格

高校2年生で英検準1級に合格し、高校3年生でTOEIC890点。そして英語を活かして早稲田大学に合格!!

英語がアドバンテージで早稲田大学政治経済学部に合格!高校3年 R.Yさん

入会時はやんちゃだった小学生が高校1年生で英検準1級取得、GTECの成績は校内1位でした!

英語初心者から始めて英検準1級に合格!キャタルを全力で楽しみながら成長してきた

高校1年英検準2級から始め、高校3年で準1級、慶應法学部に合格、センターのリスニングは満点!!

慶應義塾大学法学部政治学科に合格! センター試験リスニング満点の勉強法とは?

中学生で準1級に合格

中学3年生で準1級に合格!大学で留学したいから次の目標はSATとTOEFL受験。同じ方法で学び続けることが大切。

自分の意見を持つ同級生のようになりたい!広尾学園のアドバンスドグループで学ぶ

中学3年生で準1級に合格!次の目標は高校2年生の間にTOEFL100点を取ること。

視野を広げられるから英語が好き! 半年でライティング100点アップし中学生で英検準1級に合格!C.Oさん

海外経験なしの中学3年生の双子が英検準1級に合格!

海外経験がないきょうだいが揃って中3で英検準1級取得!

きょうだい揃って将来の夢は国際的に活躍する医者になること

小学生が英検準1級に合格!!

大人でも合格するのが難しいと言われているレベルの準1級に小学生でありながら合格できた秘訣とは?

小学生が英検準 1 級に合格!高度な内容を理解する力と豊富な語彙力が合格の秘訣



  • LINEで送る

【無料レベルチェック】次回の英検受験で、合格を目指しているお子さまに!

無料レベルチェック

英検に強い!英語塾キャタルの2018年度の英検合格者数、617名!

キャタルの生徒が英検に合格しているのは、目標レベルと自分のレベルをしっかりと把握して学習しているから。
合格に向けて、現時点でどれくらいの距離があるのかを知った上で、自分に必要な知識を身につけることが大切です。

キャタルでは、無料のレベルチェックを行っています。カウンセリング付きなので、生徒1人ひとりのレベルや目標に合わせて、最適な学習をご提案いたします。

まずは、お気軽に無料のレベルチェックにお越しください。




詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。

もし、英語のことで
少しでも悩んでいるなら

大人でも英語を学んで身につけることは難しいと思います。また、これから子どもたちにとって英語学習の重要度がさらに高まり、「何を」「どのように」すればいいのだろう?と悩まれているかもしれません。もし英語学習のことで悩んでいるなら、ぜひ一度、お問い合わせいただいて、ふだんのキャタルの姿を見に来てください。

お電話はこちら(総合受付)
03-4520-4236
受付時間 9:00 - 21:00