英語塾キャタル

英検準2級の長文対策 合格に必要な勉強法やコツを教えます

  • LINEで送る

英検準2級対策

英検対策に強い塾・4技能型英語塾のキャタルは、ただ合格するだけでなく英検準2級レベルを十分に満たす一生使える英語力を身につけるための塾です。バイリンガルの正しい英語学習法で英語力の向上を図り、英検準2級合格を目指します。この記事では、まず英検準2級試験の概要を解説し、次に準2級試験突破の鍵となる長文対策について、具体的な勉強法や対策、注意点を紹介します。

英検とは

英検(正式名称:実用英語技能検定)とは、日本英語検定協会が主催する、日本で最もよく知られた英語の技能検定です。試験は年3回実施、学習レベルに応じて7つのグレードが設定されています。英語に関する「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能の審査を通して、受験者には合否判定と英検CSEスコアの通知が行われます。年間で300万人近い受験生を集める国内最大規模の英語検定であり、初心者の英語学習の達成度の確認はもちろん、入試優遇や単位認定あるいは採用試験での評価対象にも使われるなど、英語力を客観的に証明する資格としても認知されています。

準2級の試験内容・流れ

高校中級程度のレベルとされる準2級試験ですが、教養を深める内容や社会的な題材など出題されるテーマが幅広くなり、3級と比べ全体的に難易度も増します。ここでは、準2級の試験内容・流れについて、長文が出題される1次試験を中心に解説します。

試験内容

1次試験ではリーディング、ライティング、リスニングの3技能が出題されます。
各技能の問題内容は以下の通りです。

・リーディング(4肢選択式)
短文の語句空所補充(20問):文脈に合う適切な語句を選ぶ問題
会話文の文空所補充(5問):会話文の空所に適切な文や語句を選ぶ問題
長文の語句空所補充(5問):文章の空所に適切な語句を選ぶ問題
長文の内容一致選択(7問):文章に関する質問の答えを選ぶ問題

・ライティング(記述式)
英作文(1問):質問に対する回答を英文で記述する問題

・リスニング(3~4肢選択式)
会話の応答文選択(10問):会話に対する適切な応答を選ぶ問題
会話の内容一致選択(10問):会話に関する質問の答えを選ぶ問題
文の内容一致選択(10問):短い文章に関する質問の答えを選ぶ問題

一次試験で取り上げられる主な場面と話題は下記のとおりです。

得点目安

合否判定は級により固定された英検CSEスコアに拠ります。これまでの素点での判定だったら配点が低いライティングを白紙で出しても合格する可能性がありましたが、現在は4技能それぞれに均等にスコアを配分するので、技能間に大きな偏りがあると合格できません。

時間配分

1次試験の筆記の試験時間75分をリーディングに49分、ライティングに20分程度かける時間配分がおすすめです。残りの6分間は見直しと次のリスニングの問題の選択肢の確認に充てることができます。

合格点・合格率の目安

1次試験の筆記の合格点目安は83点満点中54点で、65%程度得点できれば合格できるでしょう。英検CSEスコアでの1次試験の合格ラインは、1322点(満点は1800点)です。合格率は現在公表されていませんがおおよそ40%~45%と言われ、3級より10%近く下がっています。

過去問例題

ここでは、過去の出題から長文の内容一致選択問題をご紹介します。(2019年度 第1回より)

準2級の長文では、さまざまなジャンルから出題され、やや硬い内容の論説文が中心です。
また、時間との戦いにもなってきます。せっかく長文を読むための単語力や文法力があっても、時間切れになってしまっては力を発揮できません。
しかし、3級までのように、設問に関係ありそうな部分だけを探して解く、という方法は通用しません。なぜなら、準2級以降では、単語や語句を言い換えた表現で出題されるからです。
ある程度のスピードで、しっかり内容を把握しながら読めるようになるには、やはり普段から幅広いテーマの長文を読んでおく必要があります。

とは言え、効率よく正確に解くコツはあります。
ただ英検で点数を取るための小手先のなテクニックではなく、学校の試験や大学入試などで長文を解く時にも使える、基本的な方法を3つ、ご紹介します。

The History of Firefighting
Nowadays, most towns and cities have firefighters to put out fires, but it was very different in the past. In early U.S. history, as towns started to grow into larger cities, fires were very dangerous. In the 1700s, most houses were made out of wood. Once a fire started, it could spread very quickly, putting thousands of people in danger. There were no fire departments, so neighbors and volunteers worked together to put out any fire that started in a neighborhood.
In order to put out a fire, people would make a line between the nearest river and the place where the fire was. They passed buckets of water that were collected at the river from one person to the next. Then, the people closest to the fire threw the buckets of water over it. They continued to do this until the fire was put out.
In the 1800s, there were many new inventions to fight fires. Although these tools helped put out fires, they were difficult to use. This meant that people needed to get special training to use them. As a result, special teams of men began to learn to use these tools. They were called firefighters.
By 1910, another important invention changed the way firefighters did their work. This was the fire engine a type of truck that firefighters use. By using fire engines that carry water, it became faster and easier to put out fires. Because of this, fewer people were needed and the number of firefighters on a team got smaller. Today, firefighters do much more than just put out fires. They are trained for many kinds of emergencies. In fact, firefighters provide help in 70 percent of all emergency medical calls in the United States.

(34) What is one problem people had in U.S. cities in the 1700s?

1. Houses that were made of wood easily caught on fire.
2. People did not learn how to put out fires in their cities.
3. Nobody wanted to work as volunteers at fire departments.
4. It was difficult to find the wood that people needed to build fires.

(35) In the past, neighbors and volunteers

1. lived close to rivers so that there would be fewer fires.
2. bought buckets for firefighters to use for training.
3. collected water from rivers and used it to put out fires.
4. passed buckets to firefighters to help stop fires.

(36) Why did special groups start to train to be firefighters in the 1800s?
1. People thought it was better for men to put out fires than women.
2. New inventions began to cause fires that were difficult to put out.
3. Workers needed a lot of strength to use heavy firefighting tools.
4. It was difficult for people to learn how to use the new firefighting tools.

(37) The number of firefighters on a team became smaller because

1. trucks that carried water made their job easier.
2. the number of emergencies began to go down.
3. people began to call other groups for help.
4. an important invention stopped fires from happening.

本文の全訳

消防士の歴史

現在、ほとんどの町や都市には消火のための消防士がいますが、過去はそうではありませんでした。

アメリカの初期の歴史では、町がより大きく成長し始めていたので、火災は非常に危険でした。1700年代、ほとんどの家は木材でできていました。火災が発生すると、それはとても急速に広がってしまい、何千もの人々が危険にさらされることになります。

消防署はありませんでしたので、火災が始まると、近隣の人とボランティアが一緒に火を消すために働きました。

火を消すために、人々は、一番近い川と火災現場の間に一列に並びます。川で集めたバケツの水を人から人へと渡していき、火に最も近い人がバケツの水を火にかけました。火が消えるまでこの作業を続けたのです。

1800年代には、消火のための多くの新しい発明がありました。これらのツールは消火に役立ちましたが、使用するのが困難でした。このことは、人々がそれらを使用するために特別な訓練を受ける必要があることを意味しました。その結果、特別な男性チームがこれらのツールの使用方法を学び始めました。彼らは消防士と呼ばれました。

1910年までに、また新たな重要な発明が消防士の仕事のやり方を変えました。これは消防車という消防士が使用するトラックの一種でした。水を運ぶ消防車を使用することで、消火がより早く、そして簡単になりました。このため、必要な人が少なくなり、チームの消防士の数が少なくなりました。

今日、消防士は火を消すだけではありません。彼らはさまざまな緊急事態のために訓練されています。実際のところ、アメリカの緊急医療コールのうちの70%を消防士が対応しています。

長文を効率よく読み解く3つのコツ

それでは、長文を効率よく正確に読み解く3つのコツをご紹介します。
ただし、ここで説明している内容はテストでいかに点数を取るかというテクニックです。英語力を上げる方法ではありません。

①タイトルを読む

当たり前じゃないか、と思うかもしれませんが、意外とできていない人が多いです。
焦りもあり、ページをめくるとすぐに本文を読み始めていませんか?
タイトルを読むことは実は大変重要なのです。この長文の場合では「消防士の歴史」ですね。準2級以降のテーマは世界じゅうの文化、社会、環境など多岐にわたっていますので、先に「ああ、消防士の話なんだな」とわかってから読み始めるのと、知らないで読み始めるのでは、理解に大きな差があります。
この長文でも、もしタイトルを読まずに始めていたら、一段落目に firefighter という単語は出てくるものの、city、town、house、wood などの語句も出てくるので、建築の話かな?など、消防の話だと気づくのに時間がかかってしまうかもしれません。

②設問に一つずつ目を通してから本文を読んでいく

準2級の設問は、本文に書かれている順に出題されます。つまり、最初の設問は本文の最初のあたりから出題されて、真ん中の設問は本文の真ん中あたりから出題されるということです。ですから、先に1問目の設問に目を通してから、本文を読み進めていきます。そして、設問の答えに関係しそうなところに来たら、設問を解いて、次に2問目の設問に目を通し、また本文の続きを読み進めていく、という方法です。
何について問われているかを頭に入れて読んでいけば、あ!ここだ!と大事な文節に気づきやすくなります。

③キーワードになる語句にチェックを入れる

文章は展開していきます。その展開する部分からの出題がとても多いです。そして、展開する所には、キーワードになる語句があります。それらはディスコースマーカーと呼ばれていて、文の構造や論点を理解するのにとても重要です。
準2級レベルの語句で例を挙げると、but や however、although、even if などの逆説の語句や、because や since、thanks to、due to、as a result など原因や結果を表す語句の他、for example や on the other hand などがそうです。
そういう語句の近くに重要なことが書かれていますので、読み進めている時に発見したらチェックをしておきましょう。設問を解く際に、すぐにその場所に戻ることが出来ます。
また、文章は起きた順番に書かれているとは限りません。話の前後関係をつかむために、in 2020 などの年号や、ten years ago、when she was nine、during the World War Ⅱといった、時を表す語句にもチェックを入れましょう。

回答の解説

では、実際に設問を解答してみましょう。

(34) What is one problem people had in U.S. cities in the 1700s?
ー1700年代にアメリカの都市で人々が抱えていた問題は何ですか?

1. Houses that were made of wood easily caught on fire.
2. People did not learn how to put out fires in their cities.
3. Nobody wanted to work as volunteers at fire departments.
4. It was difficult to find the wood that people needed to build fires.

正解は 1. 木でできた家は簡単に火事に遭った。です。
3.にある、volunteers や、departments といった、一段落目にある目立つ単語についつられてしまいそうになりますが、先に設問を見て「人々の抱えていた問題はなんだろう?」ということを念頭に読んでいれば、他の3つの選択肢が違うことは明確だと気づけるはずです。In the 1700s のところにチェックをしておけば、同じ文章にある内容なので見つけやすいですね。

”In the 1700s, most houses were made out of wood. Once a fire started, it could spread very quickly, putting thousands of people in danger.”=1700年代、ほとんどの家は木材でできていました。火災が発生すると、それはとても急速に広がってしまい、何千人もの人々が危険にさらされることになります。

(35) In the past, neighbors and volunteers
ー過去には、隣人とボランティアは、

1. lived close to rivers so that there would be fewer fires.
2. bought buckets for firefighters to use for training.
3. collected water from rivers and used it to put out fires.
4. passed buckets to firefighters to help stop fires.

正解は、3. collected water from rivers and used it to put out fires.
=川から水を集め、火を消すために使った。です。
neighbors and volunteers という語句は、二段落目ではすでに they という単語に置き換えられていますので、語句だけを探しに行っても答えはなかなか見つかりません。このような、theyや them、it や one といった代名詞が何を指しているのかを理解しながら読んでいく必要があります。

”They passed buckets of water that were collected at the river from one person to the next. Then, the people closest to the fire threw the buckets of water over it.”=彼らは川で集めたバケツの水を人から人へと渡していき、火に最も近い人がバケツの水を火にかけました。

(36) Why did special groups start to train to be firefighters in the 1800s?
ー1800年代に特別なグループが消防士になるための訓練を始めたのはなぜですか?

1. People thought it was better for men to put out fires than women.
2. New inventions began to cause fires that were difficult to put out.
3. Workers needed a lot of strength to use heavy firefighting tools.
4. It was difficult for people to learn how to use the new firefighting tools.

正解は 4. It was difficult for people to learn how to use the new firefighting tools.=人々にとって消防用ツールの使用方法を学ぶことは難しかったから。ですね。
3.の「労働者は重たい消防用ツールを使うためにかなりの強さを必要としました」も正しいように思えますね。このように、準2級以降では「常識的に正しそうでも本文には書かれていない内容」の選択肢も混在します。消防用ツールが「難しい」とは書かれていますが「重たい」とはどこにも書かれていませんね。
また、although や as a result にチェックをしていれば比較的見つけやすかったと思います。

“Although these tools helped put out fires, they were difficult to use. This meant that people needed to get special training to use them.”=これらのツールは消火に役立ちましたが、使用するのが困難でした。このことは、人々がそれらを使用するために特別な訓練を受ける必要があることを意味しました。

(37) The number of firefighters on a team became smaller because
ーチームの消防士の数が減っていった理由は

1. trucks that carried water made their job easier.
2. the number of emergencies began to go down.
3. people began to call other groups for help.
4. an important invention stopped fires from happening.

正解は 1. trucks that carried water made their job easier.=水を運ぶトラックが彼らの仕事を楽にしたから。です。
先に設問を読み「消防士の数が減っていくんだな、でもどうしてだろう?」と考えながら読み進めばすぐにわかりそうですね。because of this も目立っています。
本文ではこのあと、現在の消防士の状況について述べられていますが、設問を読んでから本文を読み、解いたら次の設問を読んで本文の続きを読む、という方法で進めていくと、最後の設問を解き終えた時点でもう最後まで読む必要がありませんから、時間の節約になります。

“By using fire engines that carry water, it became faster and easier to put out fires. Because of this, fewer people were needed and the number of firefighters on a team got smaller.”=水を運ぶ消防車を使用することで、消火がより早く、そして簡単になりました。このため、必要な人が少なくなり、チームの消防士の数が少なくなりました。

準2級の長文読解勉強法・対策

ここでは、準2級の長文読解勉強法・対策をいくつか具体的にご紹介します。

英文解釈

英文解釈力をつけましょう。英文解釈は文脈を意識して、英文を意味のかたまりごとに前から順に読み進めていく力を身に付ければ、日本語の文章と同じように頭から読み進めながら内容を理解できるようになります。

「精読」リーディング練習法

もちろん「精読」も大切です。一気読みの後の精読を通じて、分からない単語やイディオム、正確な英文法を身につけられます。分からない部分を確実に潰していく精読という作業で英語学習の質を高めることができます。

初級レベルの洋書を多読・音読

初級レベルの洋書を多読・音読することも効果的な勉強法です。多読することにより英文に慣れ、長文を英語のままで理解できるようになるので、読む速度が確実に上がります。多読を精読の後に行うと、正確な知識の上にスピードが加わるので、本試験でも正確かつ迅速に内容が理解でき、解答できるようになるでしょう。また、音読しながら読めば2次試験のスピーキング対策はもちろん、聴覚を刺激することによる単語や頻出表現の記憶への定着率の向上が期待できます。

間違った英語長文勉強法

よく目にする勉強法が実は非効率なやり方というケースは多いです。ここでは、間違った英語長文勉強法を挙げてみます。

英単語をたくさん覚える

語彙力の習得は必要ですが、本試験では必ず知らない単語に出くわします。ある程度の単語力をつけたら、前後の文脈からその単語の意味をつかむ「単語推測力」が重要になってきます。これは出題意図でもあるので、いたずらに英単語をたくさん覚える勉強法は間違っていると言えます。

文章の暗記や書き写し

文章を丸暗記したり書き写したりする勉強法は効果がないわけではありませんが、ひどく時間がかかり非効率と言わざるを得ません。たとえ過去問であっても出題された長文全体が重要である訳もないのですから、このやり方を採るべきではありません。

復習せずに長文を読みまくる

多読は長文読解力の向上に役立ちますが、一読したら辞書を使って丁寧に復習して、知識を確実にマスターしていくことで初めて意味を持ちます。参考書や問題集を何冊も購入して、復習せずに長文を読み漁るだけでは効果は期待できません。

キャタルなら本物の英語力が身につく!

ここまで見てきた通り、英検も準2級レベルになると効果的な対策をしていかないと合格が難しいのが実情です。キャタルは英検対策に強い塾です。バイリンガル講師によるマンツーマンのレッスンにより英検準2級試験はもちろん、さらに上の英検のグレード対策、そして将来の英語力を活用したキャリアまでを見据えた本物の英語力が身につきます。無料体験レッスンも行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

  • LINEで送る

【無料レポート】次回の英検受験で、合格を目指しているお子さまに!

英検に強い!英語塾キャタルの2018年度の英検合格者数、617名!

英検2級の合格を目指して何度もチャレンジしている方こそ知ってほしい、本当に使える英語力が身につくキャタルの勉強法を無料公開!
英検に合格できたけど、英語が「書けない」「話せない」。
そんな子どもたちをたくさん知っています。
本質的な英検学習で使える英語を身につけ、英検にも合格できる「受かる+使える」英語学習法をご紹介。

・なぜ、小学5年生で英検1級に合格できたのか
・英検の大きな誤解と落とし穴は◯◯だった
・英検にも合格できる、使える英語も身につく勉強法とは

など、特別無料レポートを読むだけで、お子さまの英検の勉強が劇的に変わります。
是非、お子さまの英検合格にお役立てください。


ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。

もし、英語のことで
少しでも悩んでいるなら

大人でも英語を学んで身につけることは難しいと思います。また、これから子どもたちにとって英語学習の重要度がさらに高まり、「何を」「どのように」すればいいのだろう?と悩まれているかもしれません。もし英語学習のことで悩んでいるなら、ぜひ一度、お問い合わせいただいて、ふだんのキャタルの姿を見に来てください。

お電話はこちら(総合受付)
03-4520-4236
受付時間 9:00 - 21:00