英検準二級のライティング対策!本物の英語力を養うための方法伝授

英検準二級のライティング対策!本物の英語力を養うための方法伝授

こんにちは、4技能型英語塾のキャタルです。英検合格はもちろんのこと一生使える英語力を身につけるための塾です。この記事では、この記事では、英検準2級ライティングの難易度や合格点・合格率、3級との違い、具体的な勉強法・対策を紹介します。ぜひ最後までお読みくださいね!

英検とは

英検は、日本英語検定協会が実施する検定試験で、正式名称は「実用英語技能検定」といいます。

1963年に創設、1968年に「文部省認定の技能検定」の認定を受け、毎年約250万人が受験している、日本でもっともポピュラーな英語の技能検定です。英検の特色は、英語の「読む」、「書く」、「聞く」、「話す」の4つの技能を測定できる点です。年間の受験者数は250万人を超え、大学入試、就職など様々な場面で英語力を証明できる資格として活用されています。

検定は年3回、全国各地の会場で実施されています。試験は易しいレベルから順に5級、4級、3級、準2級・2級、準1級・1級の7つのレベルに分かれています。試験後は、合否の結果と英検CSEスコアが通知されます。検定料は級によって異なり、2級の場合は本会場での受験は6,500円、準会場での受験は5,500円です。

引用:英検準二級に合格のための勉強法対策総まとめ

英検準二級一次試験

英検準2級一次試験の問題数、目安時間配分、CSEスコア、合格ラインを表にまとめました。

英検準2級一次試験の問題数、目安時間配分、CSEスコア、合格ラインまとめ

英検準二級ライティング

試験構成

試験は、筆記(リーディング・ライティング)とリスニングの一次試験と、面接形式でのスピーキングの二次試験が行われます。

目安時間配分

英検準2級の筆記試験では、試験時間はリーディング・ライティング併せて約75分間となっています。ライティグは20分程度で解答を終えるようになることを目指しましょう。また、早く書き終えた場合は、この時間でリスニング問題の確認や読み込みをしておくと良いでしょう。

CSEスコア・合格ライン

ライティングのCSEスコアは1問で600点の配点となっています。一次試験のCSEスコアは1,322 /1,800が合格ラインとなっているため、ライティングで大きく点を落としてしまうと合格が難しくなってしまいます。

準2級のレベルと3級との違い

準2級のレベルは高校中級程度、必要な語彙力はおよそ3,800から4,000単語程度です。一方、3級は中学卒業程度、必要な語彙力は3,000語程度となっています。3級までは英語の基礎力をつけていく級であったのに対し、準2級からは応用力をつけ、実践的な英語力が求められるようになります。
ライティングでは、3級は質問に対する回答を35語程度の英作文で回答するのに対し、準2級では50~60語の英作文で回答します。

TOEICやTOEFLとのレベル比較

英検と同じくスタンダードな英語試験であるTOEIC、GTEC、TOEFLと、英検準2級レベルの比較を以下の表にまとめました。

英検準2級・TOEIC・TOEFL合格点レベル比較表

英検準2級・TOEIC・TOEFL合格点レベル比較表

英検準二級のレベルを解説。TOEICやTOEFLとの難易度などを徹底比較

評価の観点

英検準2級ライティングは、次の観点で評価されます。

内容:トピックの質問に沿った内容になっているか
構成:文章の構成や流れがわかりやすく論理的か
語彙:単語が適切かどうか
文法:表現のバリエーションや文法のが適切かどうか

試験内容

英検準2級ライティングでは、自分の意見とそう思う理由を2つ英語で記述します。
出題傾向としては、学校教育や個人の趣味、日本についてなど、ある身近な話題についてがテーマとなっています。

試験当日に使えるテクニック

ライティングを回答する際には、覚えておくと便利な定型文があります。定型文を使用して、論理的な英作文を作成しましょう。

  1. まず冒頭でI think that「…だと思う」と意見を述べ、I have two reasons. で理由が2つあることを述べておく
  2. 理由についてはFirst,…、 Second,…といった形式で順に理由を説明する
  3. 具体例については、For example、For instanceといった「例えば」で始まる表現で示す
  4. 最後は、For these reasons、That is whyなどの「こうした理由で…」といった表現で結論、まとめを述べる

定型文を覚えておけばそれなりの英作文を作ることはできてしまいますが、その場しのぎの対策で身につかない恐れもありますので、テクニックに頼りすぎず、ライティング力を磨く努力は必須です。

準二級ライティング勉強法・対策

ライティングは、文章の構成を意識して学習を進めることが重要です。学習の際は、ライティングの回答形式である「意見とその理由を2つ」述べる点と「50~60語で書くこと」という点を守って解答するようにしましょう。
また、英語で論理的に自分の意見を展開するために以下の構成を意識して英作文すると良いでしょう。

  1. 自分の意見をはっきり述べる
  2. なぜそう思うのか、1つ目の理由を述べる
  3. 1つ目の理由を支持する具体例を簡潔に述べる
  4. なぜそう思うのか、2つ目の理由を述べる
  5. 2つ目の理由を支持する具体例を簡潔に述べる
  6. 改めて自分の意見(結論)を述べ、まとめる

以上の構成を書きやすくするために、理由や具体例を考えてから賛成・反対の立場を決めると書きやすいでしょう。思いつく限りのアイデアをまずは日本語でメモし、書きやすそうな立場を選んでから取り掛かるとスムーズに英文を書くことができます。

よりレベルの高い文章の書き方とは?

英検準2級では、3級の問題とは表現が少し異なり、外国人の「友達」が「知り合い」に変わっています。日本語においても、ただの知り合いと話す場合は友達と話す時と比べて丁寧な表現を使うことが多いかと思います。準2級では3級よりもレベルが上がっているということで、より丁寧で高度な表現を使うことが求められます。

例文を上手く加えることが鍵となる

英検3級よりも増えた語数を満たすためには、なぜそう思うかという理由を説明するための具体例が必要です。3級と比べ準2級のライティングでは、トピックに対しより深く考え、なぜ自分がそう思うかということを具体的に説明することが求められています。

英検準2級に合格して自信に!継続する力を武器に英語が上達

英語塾キャタルでは、英検準1級に合格することで自分の夢への実現へと近づいた生徒たちがたくさんいます。その生徒たちは、決して「近道」をした訳ではありません。英語学習を楽しみながら継続して学び続けることで、英検合格に必要な英語力を身につけているのが特徴です。

英検準2級に合格して自信に!継続する力を武器に英語が上達

英語塾キャタルに通うK君は、通塾4年で英検準2級にほぼ満点で合格しました。Kくんが成長した秘訣は、「継続する力」でした。Kくんがキャタルで英語学習を始めた頃はアルファベットがわかるぐらいでしたが、4年半以上キャタルで学び続けている理由は、レベルが上がっても同じ学習方法で学び続けられるからだと語ってくれました。

もともと「英語を使って何かをしたい」という明確な目標は持たずに英語学習を始めたKくんですが、伸びている自分に気づくその瞬間が嬉しくて英語学習を続けた結果、英検準2級合格に繋がりました。

英語学習のスタート時期や習得している英語レベルは、一人ひとり異なります。だからこそ、一人ひとりのレベルに合わせた学習カリキュラムで学ぶことが大切だと私たちは考えています。不合格という回り道をせずに英検に合格するなら、ぜひ英語塾キャタルのWEBサイトへお越しください!