受けたい級にまっすぐ合格

英検®を使って一生モノの
英語力を身につけよう!

受けたい級にまっすぐ合格

英検®を使って
一生モノの英語力を
身につけよう!

英検4級に合格のための勉強法・対策総まとめ

この記事のURLをコピーする
  • LINEで送る
英検4級に合格のための勉強法・対策総まとめ

英検対策に強い塾。4技能型英語塾のキャタルは、ただ合格するだけでなく英検4級レベルを十分に満たす一生使える英語力を身につけるための塾です。バイリンガルの正しい英語学習法で英語力を高めて英検4級合格を目指します。この記事では、英検4級の難易度や合格点・合格率、5級との違い、具体的な勉強法・対策を紹介します。

英検とは

英検とは、日本英語検定協会が主催する英語力測定を行う英語検定試験、「実用英語力検定試験」の通称です。年に3回、1月・6月・10月に実施され、「使える英語の登竜門」と呼ばれる5級から最終目標となる世界基準の英語の証明である1級まで、7つのグレードに分けて受験者の「読む」「聞く」「話す」「書く」英語力、「英語4技能」を測っています。
ビジネスの現場でも英語力の証明として扱われることがありますが、取得級によって入試や単位認定の面での優遇や、海外留学の際に語学力の証明手段として活用できるなど活用の場が広いこともあり、どちらかといえば学生の受験者が多い資格の1つです。

英検4級の難易度・合格点・合格率

英検では5級から1級まで、7つのグレードに分けて受験者の持つ英語力を測ります。
登竜門となる5級では英語を習い始めた受験者を対象に家族や趣味など身近な話題が出題され、英語の基礎固めには最適なレベルとなっています。
ここでは5級と比べた、英検4級の難易度・合格点・合格率について解説していきます。

難易度

英検4級では出題形式・内容ともに実用的で身近な話題を題材とした読解問題が加わります。目安となるレベルは中学中級程度です。主催する日本英語検定協会によると、「簡単な英語を理解でき、それを使った表現ができること」が求められるとのことです。
英語検定の難易度を表すのによく使われるのが、必要語彙数です。一般的に英検4級では約600~700語を理解し活用できる英語力が必要とされており、その数は5級に求められる語彙数の約2倍です。
また、過去・未来・比較の表現や不定詞・動名詞を用いた問題も出題されるため単純に「下から数えて2つ目のグレード」だと楽観的に考えず、地道にコツコツと基礎を伸ばし続けることが大切です。

合格点

英検ではCEFRという、外国語の語学力を証明する国際基準のスコアに対応した「英検CSEスコア」を導入しています。この英検CSEスコアを表記することで、自分の英語力が受験級の中でどの位置にあるかや、他の英語検定試験のスコアと見比べて実力を測ることが可能になりました。

日本英語検定協会によると、英検4級1次試験で各パートに割り振られるスコアは500点満点。合格基準スコアはリーディング・ライティングの合計で622点、録音形式のスピーキングテストでは324点となっています。ただし、4級まではスピーキングテストは合否に関係ありませんので、リーディング・ライティングで合格基準スコアを満たしていれば4級合格となります。

合格率

英検4級の合格率は、65~70%程度と言われています。英検CSEスコアの導入により、確実に合格を目指すための方法は「各パートの技能バランスを重視すること」へと変化しました。極端な話、従来であれば配点の低いライティングが0点でも合格できる可能性がありましたが、パートごと均等に満点のスコアが配点される現在の英検CSEスコアベースではそういうわけにはいきません。そのため、苦手なパートにも力を入れて満遍なく得点できるようにしておく必要があります。

勉強時間の目安

受験者が英検4級の目安である「中学中級程度」、つまり中学2年生であれば約1ヶ月・1日30分~1時間程度の学習で充分でしょう。英検4級の出題内容は学校の授業でほぼカバーできる範囲となっているので、それほど心配はいりません。学校で習った内容をしっかりと把握することを目標に、過去問題をどんどん解いて問題の傾向を掴みましょう。

もし中学2年生で英語が苦手であったり、中学1年生や小学生で英検4級を受験したりする場合であっても心配はいりません。試験対策の期間を3か月程度と長めに取り、まずは1日30分試験対策の時間を取るところから始めましょう。
英語学習は継続することが何よりも大切なので、リーディング・リスニング・スピーキングそれぞれの問題をバランス良く学習する癖を付けることを目標に、コツコツと焦らず対策することが重要です。

英検4級と5級との違い

英検4級と5級のもっとも大きな違いは「長文の内容一致選択」、つまり読解問題が出題される部分にあります。過去問題を見てもよく分かるように、読解問題の英文の量が多いため、ぱっと見ただけで英語が苦手な人はパニックになってしまうかもしれません。
試験対策にもっとも効果的なのは日々の継続です。英語が苦手であればまずは英語の長文に慣れることから始めて英語力を底上げしていきましょう。

受験するメリット

英検を受験するメリットとして大きなものは、2021年度から実施される「大学入学共通テスト」への外部資格活用制度をはじめとした入試・単位認定の優遇です。「大学入学英語成績提供システム」を利用して入試をすることになった場合、従来の英検と同じ形式の「英検2020 2 days S-Interview」、録音式のスピーキングテストが採用されている「英検2020 1 day S-CBT」、Windowsパソコンを使用して英検を受験することができる「英検CBT」のいずれかを選び、受験することになります。

英検4級をはじめとする各グレードの受験は、基礎的な英語力の向上を目指すのと同時に英検への受験そのものに慣れておくことで、将来的に大学入学英語成績提供システムを利用する際の大きなアドバンテージにもななり得るのです。

英検4級の試験内容

ここまでは英検自体や英検CSEスコアについて解説してきました。
次は、英検4級を受験する上で必要な試験内容に関する知識についてご説明します。

試験内容

英検4級では1次試験でリーディング35問・リスニング30問が出題され、グレードの取得に対する合否判定を行います。

リーディングでは以下の4つの課題が出題され、長文問題以外の3つは短文・会話文での出題がメインとなります。
・短文の語句空所補充
・会話文の文空所補充
・日本文付き短文の語句整序
・長文の内容一致選択

リスニングで出題される課題は以下の3つです。すべての問題の出題時に2回放送がされるようになっていて、序盤の会話の応答文選択には補助イラストがあります。
・会話の応答文選択
・会話の内容一致選択
・文の内容一致選択

また1次試験とは別に、スマートフォンやタブレット端末などからインターネット上の受験サイトにアクセスし、英検4級および5級の受験者が任意で「スピーキングテスト」への受験をすることもできるようになっています。こちらは試験の合否には関係なく気軽に受験することができるため、上位グレードの取得を視野に入れている方はぜひ挑戦してみてください。

時間配分

受験をする上で重要になるのは時間配分です。どの問題にどれだけ時間をかけて良いのかを事前に知っておけば、試験対策で過去問題を解くのと同じように、当日も冷静に得点を稼いでいくことができます。

英検4級1次試験で与えられる解答時間はリーディング35分・リスニング30分の計65分。リーディングパートの目安となる時間配分は以下のとおりです。

・短文の語句空所補充 :8分
・会話文の文空所補充 :3分
・日本文付き短文の語句時整序 :3分
・長文の内容一致選択 :18分

あくまで一例ですが、合計32分でリーディングパートの問題を終わらせておくと、残りの3分で間違いがないかの見直しや、リスニング問題の選択肢の先読みをすることができます。解答時間が足りず試験当日に慌ててしまったなどということのないように、自分にとって最適な時間配分でリーディングパートを終えられるように準備をしておきましょう。

得点目安

受験したグレードに対する合否は英検CSEスコアに基づいて判定されますが、これまでの試験結果に基づいた得点目安をご紹介します。
全体の目標点は65点満点中41点で、63%程の正答率が求められます。各セクションの目標点は、リーディングパートが35点満点中14点(正答率40%)、リスニングパートが30点満点中27点(正答率90%)です。どちらかに得点が偏り過ぎないで、バランス良く得点できるように心掛けましょう。

日程

英検は年に3回、1月・6月・10月に実施されます。2019年度第3回目の開催日程は以下のとおりです。

受付期間:11月22日~12月12日(書店は12月6日締切)
<一次試験>
・本会場:2020年1月26日(日)
・準会場(すべての団体) :1月25日(土)・26日(日)
・準会場(中学・高校のみ選択可):1月24日(金)

勉強法・対策

英検4級を受験すると決めたら、対策として何をすればいいのでしょうか。
ここでは、リーディング・リスニング・スピーキングそれぞれのパート別に対策法を解説します。

リーディング対策

リーディングパートでは「短文の語句空所補充」「会話文の文空所補充」「日本文付き短文の語句整序」「長文の内容一致選択」の4つの課題を解答していくことになります。
どの課題でも問われるのは、必要語彙数を満たしているか否かです。時間を測りながらスピーディーかつ正確に問題を解く練習を繰り返し行い、単語帳などを活用して地道に語彙数を増やしていくことがリーディング対策の1番の近道になります。
リーディングを解き終えた後に見直しやリスニング問題の選択肢の先読み時間を確保するためにも、ある程度余裕を持って解答ができるように対策をしておきましょう。

リスニング対策

事前にリスニングパートの選択肢を先読みしておくことは、重要なポイントになります。選択肢の先読みをしておけば、リスニング問題の出題前にある程度「どんな問題が出題されそうか」という予想が立てられるからです。

たとえば選択肢がすべて食べ物の名前であれば、「何を食べたい?」といった質問がくることが予想できます。試験中は先読みの段階で予想できたものをメモしておき、リスニングパートの出題に備えておくと余裕をもって解答に集中することができます。

スピーキング対策

英検4級の合否判定には直接関係がありませんが、英検ではより多くの受験者がスピーキングテストを体験できる機会の提供を目的として、録音形式でのスピーキングテストを4級・5級の受験者が任意で受験できるようインターネット上に特設サイトを用意しています。

英検4級のスピーキングテストでは「録音型面接」という方法を採用しています。実施方法は、インターネット上で出される面接官の指示に従って問題文の音読や質問への応答を録画して提出します。
スピーキングテストでは「音読に対する慣れ」が大きなポイントとなります。普段から発音や声の大きさを意識しながら音読をしておくと本番でも焦らずハキハキと答えることができるでしょう。音読練習は、録画や録音して客観的に振り返るとより効果的に学習を進めることができるのでおすすめです。

初めての英検受験で絶対に気をつけること

初めて英検を受験する時に気を付けたいポイントをここでは2つ紹介します。

合格できるレベルからチャレンジしよう!

初めて英検を受験して、一回目で不合格になってしまうと、モチベーションの低下につながります。最悪の場合、英語の勉強が苦痛になってしまうかもしれません。初めての英検の受験では、十分な英語力をつけて、できるだけ一発合格を目指して試験に臨みましょう。英語を学びはじめた時期は、成功体験を積み上げていくことが大切です。

過去問ばかり解くと英語嫌いになる!

過去問を使って対策することも大切ですが、英語に慣れていない状態でつまらない問題を解き続けることは、とても苦痛に感じるでしょう。問題を解くということに慣れても、英語の楽しさは感じることができないからです。最初は興味を持って読める簡単な洋書を読むことから始めてみましょう。英検4級であれば小学校低学年用の洋書をたくさん読むと良いでしょう。

キャタルなら本物の英語力が身につく!

この記事では、英検4級の難易度や合格点・合格率、5級との違い、具体的な勉強法・対策を紹介しました。英検4級の合格を目指すうえでも、合格後により高い目標に挑むうえでも重要となるのが、「読む、書く、聞く、話す」という4技能を備えたトータルの英語力です。
実用的な英語力を身につけたい人におすすめしたいのが、4技能型英語塾の「キャタル」です。

キャタルのレッスンでは、英語の本を毎回声に出して読むレッスンを行いますので、英検4級で出題される長文読解に慣れることができ、正しい発音とリスニング力を身につけることもできます。

また毎回のレッスンでサマリーやエッセイを書くことを通じて、自分の考えを英語で表現する力も強化できます。ライティングやスピーキングといったアウトプットする能力は、他者からのフィードバックなくしては成長することができませんので、バイリンガルの先生からフィードバックをもらえるキャタルのレッスンが役立つことでしょう。

キャタルでは無料体験レッスンを開催していますので、英検4級のスピーキング対策をしたい人や、合格後により高い目標を目指したい人は受講を検討してみてはいかがでしょうか。



  • LINEで送る

【無料レベルチェック】次回の英検受験で、合格を目指しているお子さまに!

無料レベルチェック

英検に強い!英語塾キャタルの2018年度の英検合格者数、617名!

キャタルの生徒が英検に合格しているのは、目標レベルと自分のレベルをしっかりと把握して学習しているから。
合格に向けて、現時点でどれくらいの距離があるのかを知った上で、自分に必要な知識を身につけることが大切です。

キャタルでは、無料のレベルチェックを行っています。カウンセリング付きなので、生徒1人ひとりのレベルや目標に合わせて、最適な学習をご提案いたします。

まずは、お気軽に無料のレベルチェックにお越しください。




詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。

もし、英語のことで
少しでも悩んでいるなら

大人でも英語を学んで身につけることは難しいと思います。また、これから子どもたちにとって英語学習の重要度がさらに高まり、「何を」「どのように」すればいいのだろう?と悩まれているかもしれません。もし英語学習のことで悩んでいるなら、ぜひ一度、お問い合わせいただいて、ふだんのキャタルの姿を見に来てください。

お電話はこちら(総合受付)
03-4520-4236
受付時間 9:00 - 21:00