英検準二級のリスニング対策!効果的な勉強法と高得点がとれるテクニックを紹介

英検準二級のリスニング対策!効果的な勉強法と高得点がとれるテクニックを紹介

英検対策に強い塾。4技能型英語塾のキャタルは、ただ合格するだけでなく英検2級レベルを十分に満たす一生使える英語力を身につけるための塾です。バイリンガルの正しい英語学習法で英語力を高めて英検準2級合格を目指します。この記事では、英検準2級リスニングの難易度や合格点・合格率、3級との違い、具体的な勉強法・対策などを紹介します。

英検とは

英検は、日本英語検定協会が実施する検定試験で、正式名称は「実用英語技能検定」といいます。

1963年に創設、1968年に「文部省認定の技能検定」の認定を受け、毎年約250万人が受験している、日本でもっともポピュラーな英語の技能検定です。英検の特色は、英語の「読む」、「書く」、「聞く」、「話す」の4つの技能を測定できる点です。年間の受験者数は250万人を超え、大学入試、就職など様々な場面で英語力を証明できる資格として活用されています。

検定は年3回、全国各地の会場で実施されています。試験は易しいレベルから順に5級、4級、3級、準2級・2級、準1級・1級の7つのレベルに分かれています。試験後は、合否の結果と英検CSEスコアが通知されます。検定料は級によって異なり、2級の場合は本会場での受験は6,500円、準会場での受験は5,500円です。

引用:英検準二級に合格のための勉強法対策総まとめ

英検準二級一次試験

英検準2級一次試験の問題数、目安時間配分、CSEスコア、合格ラインを表にまとめました。

英検準2級一次試験の問題数、目安時間配分、CSEスコア、合格ラインまとめ

英検準二級ライティング

試験構成

試験は、筆記(リーディング・ライティング)とリスニングの一次試験と、面接形式でのスピーキングの二次試験が行われます。

目安時間配分

試験時間は筆記が75分間、リスニングが25分間です。英検準2級リスニングの問題数が30問あるため、1問80秒で解いていく必要があります。

CSEスコア・合格ライン

英検準2級リスニングのCSEスコアは、30問で600点の配点となっています。一次試験のCSEスコアは1,322 /1,800が合格ラインとなっており、おおむね65%が合格ラインです。

準2級のレベルと3級との違い

準2級のレベルは高校中級程度、必要な語彙力はおよそ3,800から4,000単語程度です。一方、3級は中学卒業程度、必要な語彙力は3,000語程度となっています。3級までは英語の基礎力をつけていく級であったのに対し、準2級からは応用力をつけ、実践的な英語力が求められるようになります。

英検3級のリスニング対策!効果的な勉強法と高得点がとれるテクニックを紹介英検3級のリスニング対策!効果的な勉強法と高得点がとれるテクニックを紹介

TOEICやTOEFLとのレベル比較

英検と同じくスタンダードな英語試験であるTOEIC、GTEC、TOEFLと、英検準2級レベルの比較を以下の表にまとめました。

英検準2級・TOEIC・TOEFL合格点レベル比較表

英検準2級・TOEIC・TOEFL合格点レベル比較表

英検準二級のレベルを解説。TOEICやTOEFLとの難易度などを徹底比較英検準二級のレベルを解説。TOEICやTOEFLとの難易度などを徹底比較

試験内容

英検準2級リスニングでは、英語を実用的なレベルへステップアップさせるため、題材も日常会話などの身近なトピックから教育や科学、社会的なものまで幅広く出題され、難易度が上がります。
学校、職場、アナウンスなど多岐にわたる場面が登場します。話題についても趣味、海外の文化、教育、科学、自然・環境など幅広い分野から出題されます。

・会話の応答文選択(10問):会話の最後の発話に対する応答として最も適切なものを補う問題で3肢択一式で回答する
・会話の内容一致選択(10問):会話の内容に関する質問に4肢択一式で回答する
・文の内容一致選択(10問):短いパッセージの内容に関する質問に4肢択一式で回答する

勉強法・対策

リスニングの勉強をする時は問題集を上手に活用しましょう。問題集も解いただけで満足するのではなく、間違えた問題、分からなかった単語や表現はスクリプトと和訳を見比べながら確認します。
また、リスニングの勉強方法として、シャドーイングも有効な勉強法です。シャドーイングとは、聞こえた音声より少し遅れて発音する学習法です。シャドーイングをすることで、英語特有の省略される発音、スピードに慣れることができます。最初は英文を見ながら行い、慣れてきたら英文なしで発音してみましょう。この勉強法は、スピーキングの練習にもなるため、二次試験の面接対策も兼ねることができ、一石二鳥の勉強法です。

試験当日に使えるテクニック

リスニング問題が開始する前に問題冊子の選択肢を先読みしておくと、登場人物の性別、話題や場面をある程度予測することができます。また、選択肢が全て場所を示す前置詞「at」で始まっている場合、質問はWhere…?で始まる可能性が高いので、リスニング中も場所を表す単語や表現に注目して聞き取ることができます。
しかし、テクニックに頼りすぎては実践的な英語力は身につきませんので、きちんとリスニング力をつけて試験に臨みましょう。

キャタルなら本物の英語力が身につく!

実用レベルの英語力を身につけたいのであれば、ぜひキャタルにお任せください。キャタルでは英検対策はもちろんのこと、バイリンガル講師による質の高いレッスンで、一生使える英語力が学べます。キャタル流のコーチングで、インプット・アウトプットを繰り返し行うことで、成長を実感しながらバイリンガルレベルの英語を確実に身に付けることができます。
キャタルでは無料体験レッスンも行っておりますので、お気軽に無料体験レッスンにお越しください。

英検準二級のリーディング対策最短で身につく本物の勉強法英検準二級のリーディング対策最短で身につく本物の勉強法 英検準二級のライティング対策!本物の英語力を養うための方法伝授英検準二級のライティング対策!本物の英語力を養うための方法伝授 英検準二級のリスニング対策!効果的な勉強法と高得点がとれるテクニックを紹介英検準二級のリスニング対策!効果的な勉強法と高得点がとれるテクニックを紹介 英検準二級の面接対策・スピーキング勉強法で本当に必要な対策はこれだった英検準二級の面接対策・スピーキング勉強法で本当に必要な対策はこれだった