Catal

英検3級のライティング対策本物の英語力を養うための方法伝授

  • LINEで送る

英検3級

この記事では英検3級のライティングについて解説していきます。英検対策に強い塾。4技能型英語塾のキャタルは、ただ合格するだけでなく英検3級レベルを十分に満たす一生使える英語力を身につけるための塾です。バイリンガルの正しい英語学習法で英語力を高めて英検3級合格を目指します。この記事では、英検3級の難易度や合格点・合格率、4級との違い、具体的な勉強法・対策を紹介します。

英検とは

英検とは実用英語技能検定の略称であり、公益財団法人日本英語検定協会が実施する英語技能検定です。英語に関する検定では日本において最も歴史があり、文部科学省の後援も受けています。

学習のレベルに応じて5級、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級の7つのグレードが設定されており、無理なく確実にステップアップしながら英語力を身につけることができます。

英検では、5級と4級が「リーディング」「リスニング」「スピーキング(希望者のみ受験可能)」の英語3技能を問われ、3級から1級はさらに「ライティング」の技能が加わり、受験することで総合的な英語力を身につけていくことができます。

また、英検では合否判定の他に、各技能の能力を国際的な尺度で計るための指標「CSEスコア」も導入されているので、それぞれの技能を客観的に測定することができます。

年3回、全国各地の会場にて実施され、3級は4,900円(団体申し込みの場合は3,900円)の検定料がかかります。

英検受験のメリット

昨今はグローバル化の潮流の後押しもあり、英語の4技能の習得が重視されています。そのため、英検資格取得者に対し一部の高校や大学では、入学試験や単位認定の際に優遇を行う形で英検が活用されています。また、英検はセンター試験の問題形式とも近いため、受験することで大学受験の力試しにもなります。

さらに英検は、海外留学時の語学力証明資格として活用できる他、教員採用試験での優遇措置、通訳ガイド試験の英語筆記試験の免除(英検1級合格者のみ対象)、といったメリットを受けることができます。

3級の試験内容・流れ

英検3級のレベルは、中学卒業程度で、身近な英語を理解し、使用できる語彙力として2,100語程度が求められます。趣味や休日の予定といった日常会話レベルから、歴史や海外の文化といった幅広い話題が出題されます。

4級までは、筆記試験はリーディングとリスニングのみでしたが、3級からはライティングが加わり、さらに2次試験のスピーキングが加わるため、基礎的な英語力をしっかり身につておく必要があります。

ここでは、1次試験の試験内容、合格点、得点目安、時間配分を解説します。

試験内容

1次試験の試験内容は以下の通りです。

・リーディング(4肢選択式)
大問1:短文の語句の空所補充(15問)
大問2:会話文の空所補充(5問)
大問3:長文の内容の一致選択(10問)

・ライティング(記述式)
大問4:質問に対する回答を25~35語を目安に、自身の考えとその理由を2つ記述(1問)

・リスニング(3~4肢選択式)
第1部:会話の応答文選択(10問)
第2部:会話の内容の一致選択(10問)
第3部:文の内容の一致選択(10問)

合格点

3級の合格正答率は65%弱で、CSEスコア換算の合格点は以下の通りです。

・一次試験
合格スコア:1103
満点:1650

・二次試験
合格スコア:353
満点:550

時間配分

1次試験は全体が75分(筆記50分、リスニング約25分)で構成されています。
時間配分の1例として「リーディング」の大問1に10分、大問2に5分、大問3に20分、「ライティング」に10分、見直しに5分など決めて過去問を解いていくのも良いでしょう。

英検3級合格のためには1次試験の時間配分をバランスよくすることが不可欠です。「時間が足りなくてライティングが十分にできなかった」とならないためにも、普段から時間を気にしながら問題を解いていきましょう。  

過去問

各年度のライティング問題を紹介します。25~35語程度を目安に、質問に対して自身の考えとその理由を2つ英文で書きましょう。解答例はあくまでも一例ですので、自分だったらどう記述するか考えてみましょう。

・2019年度第1回

問題:
What day of the week do you like the best?

解答例:
I like Sundays the best because I can play soccer at the park with my friends. Also, my parents aren’t busy on Sundays, so I can do many things with them.

 

・2018年度第3回

問題:
Which do you like better, reading books or playing video games?

解答例:
I like reading books better than playing video games because I can learn new words when I read

 books. Also, I enjoy learning about the history of foreign cultures, so I like reading history books.

例題

ライティング試験は出題パターンが決まっているので、試験の前に問題演習を繰り返してよく慣れておくことが大切です。ここに例題を挙げます。問題傾向の把握に役立ててください。

例題1

【問題】
Where would you like to go this summer?

【解答例】
I would like to go to the beach this summer because I want to play with sands. I also can go swimming in the sea. 

 

例題2

【問題】
Do you often go to the park?

 

【解答例】
I often go to the park because I can see my friends. Also, there is a park near my house and I can go there whenever I want to.

 

勉強法・対策

ライティング試験はわずか1問の出題ですが、リーディング・ライティング・リスニングの各技能に均等にスコアが割り当てられる英検3級を突破するためには、ここで一定以上の点数を確保する必要があります。ここではライティング試験の勉強法と対策について解説します。

 

勉強法

ライティング試験は英作文のスキルをみる試験です。英作文に単語力は欠かせません。試験中に単語がすぐに出てこないと書きたいことが表せず、別の言い回しを探すなど無駄な時間を費やしてしまいます。ですから、日頃から目についた物や場面を英語で表現してみる、分からなければ調べるという癖をつけて、語彙を増やすことに努めましょう。

ライティング試験は他の技能試験と異なり手書きで回答しなければなりません。スペルや名詞の複数形の語尾変化などのミスはしっかりとチェックされます。ミスを減らすには、手書きで書く練習を繰り返すしかありません。英検HPから解答用紙のサンプルをダウンロードして実際に書いてみましょう。いきなり過去問を解くのが難しければ、解答例を書き写すことから始めます。模範解答のなぞりを繰り返すうちにどう書けばよいのかおおよそのパターンが掴め、指定語数の見当がつくようになります。慣れてきたら、頻出表現を覚えて過去問や問題集に挑戦してみましょう。

対策

このように限られた字数でまとまった英語文を書くことが要求されるので、模範的な解答形式が事実上決まっています。

[主張] 自分の考えを述べる。(1文程度)
[理由1] 1つめの理由を挙げる。(1文程度)
[理由2] 2つめの理由を挙げる。(1文程度)

この構成に沿って解答をしていくことになりますから、まずはこのパターンで書く練習を繰り返し行いましょう。そして、この構成を覚えるのにあわせて、becauseや Also といった理由を導き、理由を並列させる接続詞を使った定型表現が使えるようになっておくと便利です。

使えるテクニック

このように事前の対策によってライティング能力が身につけられても、本番の試験はまた別物です。ここでは、英検3級のライティング試験中に使えるテクニックをいくつかご紹介します。

・[理由]は自分が英文で表現しやすいものを

QUESTIONに対する自分の[主張]が決まったら次にその[理由]を2つ述べるわけですが、その時にはいくつかの[理由]候補の中から自分が英文で表現しやすいかどうかを基準に選ぶと良いです。ライティング試験は自分の主義・主張を展開する場ではなく、正確な英文で自分の考えを論理的に展開出来ているかを測るものです。ですから、[理由]の採用にあっては、自分の考えに沿っているかどうかよりも、無難ではあっても正しい英作文がつくり易いかどうかということを優先させましょう。

・語数が足りない場合は説明を補強してみる

ライティング試験の目安語数は25〜35語です。本番の試験を書き終えてみると語数が足りなかったということがあるかもしれませんが、そんなときは「いつ」「どこで」「だれと」といった部分を追加して説明を補強してあげることで字数を稼いでみて下さい。

ただ、これらはあくまでテクニックに過ぎません。試験の前にライティング能力を出来る限り磨いておくことが大切であることは言うまでもありません。

キャタルなら本物の英語力が身につく!

英検3級のライティングはたった1問ですが正確な英語力を身につけているかが試されるシビアな試験であり、この試験の出来・不出来が合否に直結します。小手先のテクニックを使ってライティング試験を乗り切るのではなく本物の英語力を身につけて試験を突破したいという方に是非おすすめなのが、キャタルです。

キャタルでは、バイリンガル講師による本格的なコーチングスタイルによる実践的なレッスンが日々行われています。対面での反復学習の徹底により、英検3級のライティング試験の突破だけでなく、一生使える英語力を身に付けることができます。まずは無料の体験レッスンから始められてはいかがでしょうか。本物の英語力を身につけたい方、ぜひご一考ください。

【無料レポート】次回の英検受験で、合格を目指しているお子さまに!

英検に強い!英語塾キャタルの2018年度の英検合格者数、617名!

英検2級の合格を目指して何度もチャレンジしている方こそ知ってほしい、本当に使える英語力が身につくキャタルの勉強法を無料公開!
英検に合格できたけど、英語が「書けない」「話せない」。
そんな子どもたちをたくさん知っています。
本質的な英検学習で使える英語を身につけ、英検にも合格できる「受かる+使える」英語学習法をご紹介。

・なぜ、小学5年生で英検1級に合格できたのか
・英検の大きな誤解と落とし穴は◯◯だった
・英検にも合格できる、使える英語も身につく勉強法とは

など、特別無料レポートを読むだけで、お子さまの英検の勉強が劇的に変わります。
是非、お子さまの英検合格にお役立てください。


ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。