英語塾キャタル

英検3級の長文対策合格に必要な勉強法やコツを教えます

  • LINEで送る

英検3級

この記事では英検3級の長文対策について解説します。4技能型英語塾のキャタルは英検対策に強く、英検合格はもちろんのこと一生使える英語力を身につけるための塾です。バイリンガルの正しい英語学習法で英語力を高め、英検3級合格を目指します。本記事では、英検3級の試験内容や流れ、勉強法・対策を紹介します。

英検とは

英検とは実用英語技能検定の略称であり、公益財団法人日本英語検定協会が実施する英語技能検定です。学習の段階に応じて5級、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級の7つの級が設定されており、無理なく確実にステップアップしながら英語力を身につけることができます。英検では「リーディング」「リスニング」「スピーキング」「ライティング」の4技能を受験することで総合的な英語力を身につけていくことができます。英検取得者は入学試験や単位取得に優遇措置があり、企業の採用においても級に応じて、評価の対象となるなどのメリットがあります。年3回、全国各地の会場で実施され、3級は4,900円、団体申し込みの場合は3,900円の検定料がかかります。

3級の試験内容・流れ

英検3級のレベルは中学卒業程度で必要語彙数は2,100語程度です。ここでは試験の内容をはじめ、時間配分、合格点・合格率の目安について解説します。

試験内容

1次試験の試験内容は以下の通りです。

・リーディング(4肢選択式)
大問1:短文の語句の空所補充 15問
大問2:会話文の空所補充 5問
大問3:長文の内容の一致選択 10問 (掲示・案内とEメール、説明文の3種類の問題が出題されます)

・ライティング(記述式)
大問4:質問に対する回答を25~35語を目安に、自分の考えとその理由を2つ記述 1問

・リスニング(3~4肢選択式)
第1部:会話の応答文選択        10問
第2部:会話の内容の一致選択   10問
第3部:文の内容の一致選択     10問

時間配分

1次試験は筆記試験に50分、リスニング試験に25分の時間が割り当てられています。

リーディング全体に31分(大問1:8分、大問2:3分、大問3:20分)、ライティングに15分かけて、残りの4分間で見直しとリスニングの選択肢に目を通しておくと良いでしょう。

合格点・合格率の目安

英検3級の受験生の合格率は2016年以降公開されていませんが、約53%と言われています。

合格点はCSEスコアで換算され、以下のように約65%が合格ラインです。

・1次試験
合格スコア / 満点  =  1103 / 1650

・2次試験
合格スコア / 満点  =  353 / 550

過去問例題

ここでは長文の過去問を紹介します。実際に解いてみましょう。

長文の解き方のコツは、まずはざっと文章を読んで全体像を把握することです。
その際に、重要な部分や混乱しがちな部分は簡単なメモをしておきましょう。

この文章の場合、年号と出来事がいくつもでてくるため、何年に何があったかを筆者はメモしました。自分がわかれば良いので、きっちり書く必要はありません。

2019年10月6日(日)実施 3C問題 https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_3/pdf/201902/2019-2-1ji-3kyu.pdf

次の英文の内容に関して,(26)から(30)までの質問に対する答えとして最も適切なもの、または文を完成させるのに最も適切なものを1,2,3,4の中から一つ選び、その番号のマーク欄をぬりつぶしなさい。

Grand Central Terminal

One of New York City’s most famous symbols is Grand Central Terminal. This is the city’s main train station. About 750,000 people walk through it every day.

When the station was first built in 1871 by a man named Cornelius Vanderbilt, it was called Grand Central Depot. In 1901, a larger building was built and named Grand Central Station.

However, that building was closed because of a big train accident in 1902. In 1913, a new and even bigger station was opened, and it was given the name Grand Central Terminal. This is the one that people can still see today.

Grand Central Terminal has 44 platforms.* That is more than any other train station in the world. It also has 67 train tracks.*  The main hall is called the Main Concourse, and it is very big.

The windows are about 23 meters high. The Main Concourse has many interesting things to look at. In the middle, there is a famous clock made of opal. Opal is a very expensive stone, so it cost millions of dollars. Many people meet their friends by the clock.

On the ceiling* of the Main Concourse, there is a picture of the night sky with 2,500 bright stars. This ceiling was made in 1912, but it was covered in 1944 because it was old and rainwater was coming into the building. From 1996 to 1998, the ceiling was cleaned and fixed. Now, it is one of the most beautiful parts of the building.

*platform:(駅の)ホーム
*track: 線路
*ceiling: 天井

(26) In 1871, the name of New York City’s main train station was

1. Grand Central Terminal.
2. Grand Central Station.
3. Grand Central Depot.
4. the Main Concourse.

(27) What happened in 1902?

1. Grand Central Depot was built.
2. There was a bad accident at Grand Central Station.
3. A new Grand Central Terminal was opened.
4. A man named Cornelius Vanderbilt was born.

(28) Why did the clock cost millions of dollars?

1. It has many stars with bright lights in it.
2. It has a picture of famous people on it.
3. It is made of an expensive stone.
4. It is 23 meters high.

(29) What was cleaned and fixed in the Main Concourse?

1. The ceiling.
2. The platforms.
3. The clock.
4. The windows.

(30) What is this story about?

1. Traveling around the United States by train.
2. The life of Cornelius Vanderbilt.
3. A new art museum in New York City.
4. A famous place in New York City.

本文の全訳

グランドセントラルターミナルは、ニューヨーク市で最も有名なシンボルの1つです。これは市内の主要鉄道駅です。毎日約750,000人が通っています。

駅が1871年にCornelius Vanderbiltという名前の男性によって最初に建設されたとき、Grand Central Depotと呼ばれていました。 1901年には、より大きな建物が建設され、Grand Central Stationと名付けられました。

しかし、その建物は1902年の大きな列車事故のため閉鎖されました。1913年に、新しくさらに大きな駅が開設され、Grand Central Terminalと名付けられました。これが現在のものです。

Grand Central Terminalには世界一多い、44のプラットフォームがあります。また、線路は67本。メインホールはメインコンコースと呼ばれ、非常に大きいです。

窓の高さは約23メートルです。メインコンコースには多くの興味深いものがあります。中央には、オパールで作られた有名な時計があります。オパールは非常に高価な石なので、数百万ドルするでしょう。多くの人が時計の場所で友達と待ち合わせをします。

メインコンコースの天井*には、2,500個の明るい星のある夜空の写真があります。この天井は1912年に作られましたが、1944年には古く雨漏りしたため、覆いを被せてしまいました。
1996年から1998年にかけて、天井は掃除され、修理されました。現在、それは建物の最も美しい部分の一つとなっています。

回答の解説

それでは順に、回答の解説をしていきますね。

(26) In 1871, the name of New York City’s main train station was
ー1871年の、ニューヨーク市で最も有名な駅の名前は?

1. Grand Central Terminal.
2. Grand Central Station.
3. Grand Central Depot.
4. the Main Concourse.

正解は 3. Grand Central Depot.です。
最初の1行だけ読むと、思わず1. Grand Central Terminal.と回答したくなりますが、当初の名前はGrand Central Depotです。その後、名称が変わり、現在の Grand Central Terminal.と呼ばれるようになりました。

”When the station was first built in 1871 by a man named Cornelius Vanderbilt, it was called Grand Central Depot. ”=1871年にCornelius Vanderbiltによって初めて建設された当初、この駅はGrand Central Depot.と呼ばれていました。

(27) What happened in 1902?
ー1902年に何が起きましたか?

1. Grand Central Depot was built.
2. There was a bad accident at Grand Central Station.
3. A new Grand Central Terminal was opened.
4. A man named Cornelius Vanderbilt was born.

正解は、2. There was a bad accident at Grand Central Station.=グランドセントラル駅で事故が起きました。です。
”However, that building was closed because of a big train accident in 1902.”=1902年に起きた大きな列車事故のため駅を閉鎖した、と書かれています。

(28) Why did the clock cost millions of dollars?
ーなぜ時計は数百万ドルもするのでしょうか?

1. It has many stars with bright lights in it.
2. It has a picture of famous people on it.
3. It is made of an expensive stone.
4. It is 23 meters high.

正解は 3. It is made of an expensive stone.=それは高価な石でできています。ですね。
there is a famous clock made of opal. Opal is a very expensive stone,… =そこにはオパールで作られた有名な時計があります。オパールは高級宝石のため、と書かれています。

(29) What was cleaned and fixed in the Main Concourse?
ー掃除されて修理されたのは中央広場の何ですか?

1. The ceiling.
2. The platforms.
3. The clock.
4. The windows.

正解は 1. The ceiling. =屋根です。
This ceiling was made in 1912, but it was covered in 1944 because it was old and rainwater
was coming into the building. From 1996 to 1998, the ceiling was cleaned and fixed.
1912年に作られたこの屋根は、1944年に老朽化し雨漏りしたため覆われました。そして、1996年から1998年の間に掃除と修理をされた、と書かれています。

(30) What is this story about?
ーこのストーリーは何について書かれていますか?

1. Traveling around the United States by train.
2. The life of Cornelius Vanderbilt.
3. A new art museum in New York City.
4. A famous place in New York City.

正解は、4. A famous place in New York City.=ニューヨーク市の有名な場所について。です。
これは問題文の中に回答があるものではなく、自分で判断する問題ですね。

他の回答を訳してみると、
1. Traveling around the United States by train.ー電車でアメリカを旅するお話。
2. The life of Cornelius Vanderbilt.ーCornelius Vanderbilt(駅の建設者)の一生について。
3. A new art museum in New York City.ーニューヨーク市の新しい美術館
となり、この3つはどれも不正解といえます。

問題文単語のCEFR(セファール)レベルは?

英検3級の難易度はCEFRのA1レベルとされていますが、実際にこの問題文の単語はCEFRレベルどれくらいなのか分類してみました。
結果、CEFRレベルA1の単語が約60%で、A2も20%ほどあります。
ただし、ここでも固有名詞など出てきますので、この分類は参考程度にしてください。

英検3級の問題文の単語のCEFRレベルを解析!

CEFR(セファール)とは、外国語のコミュニケーション能力を表す指標のことで、欧米を中心に広く使われている国際標準規格です。レベルは A1、A2 、B1、B2、C1、最高レベルのC2に分けられています。

3級の長文読解勉強法・対策

ここでは英検3級の長文を攻略するための、4つの勉強法・対策をご紹介します。

先に問題を読む

本文に目を通す前に、先に問題文と選択肢を読むことをクセとして身につけておきましょう。先に問題文を読んでおくことで、本文がどのような内容なのかが類推でき、必要な部分だけを読んで問題に関係のない部分は軽く読み飛ばすことができます。

単語推測力をつける

文中に出てきた分からない単語を大まかにイメージできる力をつけましょう。意味が分からない単語であっても、前後の文脈や周辺の単語、その単語の成り立ちから意味を予想できます。単語推測力があればある程度の単語を理解していれば長文を読み解くことができます。

単語推測力をつけるためには極力辞書を使わないことです。辞書は長文を一通り読み終わったあとの確認作業で使うようにすると、分からない単語の推測力を磨くことができます。

復習が重要

最後に和訳して復習して、本当に英文を理解することができているか確認しましょう。分からない単語があったらメモをして辞書で調べるようにし、熟語や対義語など様々な情報やイメージとともに覚えるようにしましょう。最後に音読をして、音読で読んだ英文を、日本語を介さずにイメージできるようになれば格段に英語力がアップします。

リーディング練習法 初級レベルの洋書を多読・音読

初級レベルの洋書を多読と音読することで、リーディングスピードが劇的に上がります。洋書を読めば単語やイディオムを覚えられる他にも、文中でどのように単語が使われているかという、ネイティブの感覚を掴むことができますので、リスニング、ライティング力の向上も期待できます。

間違った英語長文勉強法

世の中には間違った英語長文の勉強法もあります。初心者が陥りがちな誤った勉強方法をここでは2つ紹介します。

単語をひたすら覚える

長文を読むときに、分からない単語が出てくる度に辞書を引いていては、英文の読解能力がつきません。英検の試験では分からない単語は必ず出てきますので、単語推測力を用いて読むようにし、覚える単語の量はある程度見切りをつけましょう。

復習せずに新しい長文を読んでいる

長文の勉強で必要なのは量ではなく質です。量をこなせば長文を読めるようになると思って、丁寧に復習せずに新しい長文を読んでいると効果が出ません。また、長文問題はリーディング力だけでは足りず、問題の解き方を覚えたり、出題傾向に慣れたりすることが重要です。間違った問題は理解できていなかったり、苦手な部分だったりすることが多いため、しっかりと復習して苦手を克服しておきましょう。

キャタルなら本物の英語力が身につく!

こ記事では英検3級の長文対策について紹介してきました。多読をしたくても英語が苦手な方、初めての英検の試験で失敗したくない方は是非キャタルへお越しください。バイリンガル講師によるハイレベルで丁寧なレッスンとキャタル流のメソッドで英検対策はもちろんのこと、一生使える英語力を身につけることが出来ます。キャタルのバイリンガル講師との丁寧な反復対面練習で、英語のインプットとアウトプットを繰り返すことによって、バイリンガルレベルの英語能力を身につけることが出来ます。キャタルでは無料体験レッスンも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • LINEで送る

【無料レポート】次回の英検受験で、合格を目指しているお子さまに!

英検に強い!英語塾キャタルの2018年度の英検合格者数、617名!

英検2級の合格を目指して何度もチャレンジしている方こそ知ってほしい、本当に使える英語力が身につくキャタルの勉強法を無料公開!
英検に合格できたけど、英語が「書けない」「話せない」。
そんな子どもたちをたくさん知っています。
本質的な英検学習で使える英語を身につけ、英検にも合格できる「受かる+使える」英語学習法をご紹介。

・なぜ、小学5年生で英検1級に合格できたのか
・英検の大きな誤解と落とし穴は◯◯だった
・英検にも合格できる、使える英語も身につく勉強法とは

など、特別無料レポートを読むだけで、お子さまの英検の勉強が劇的に変わります。
是非、お子さまの英検合格にお役立てください。


ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。

もし、英語のことで
少しでも悩んでいるなら

大人でも英語を学んで身につけることは難しいと思います。また、これから子どもたちにとって英語学習の重要度がさらに高まり、「何を」「どのように」すればいいのだろう?と悩まれているかもしれません。もし英語学習のことで悩んでいるなら、ぜひ一度、お問い合わせいただいて、ふだんのキャタルの姿を見に来てください。

お電話はこちら(総合受付)
03-4520-4236
受付時間 9:00 - 21:00