英検3級のリーディング・長文問題対策で合格に必要な勉強法やコツを教えます

英検3級のリーディング・長文問題対策で合格に必要な勉強法やコツを教えます

この記事では英検3級の長文対策について解説します。4技能型英語塾のキャタルは英検対策に強く、英検合格はもちろんのこと一生使える英語力を身につけるための塾です。バイリンガルの正しい英語学習法で英語力を高め、英検3級合格を目指します。本記事では、英検3級の試験内容や流れ、勉強法・対策を紹介します。

英検とは

英検とは実用英語技能検定の略称であり、公益財団法人日本英語検定協会が実施する英語技能検定です。学習の段階に応じて5級、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級の7つの級が設定されており、無理なく確実にステップアップしながら英語力を身につけることができます。英検では「リーディング」「リスニング」「スピーキング」「ライティング」の4技能を受験することで総合的な英語力を身につけていくことができます。英検取得者は入学試験や単位取得に優遇措置があり、企業の採用においても級に応じて、評価の対象となるなどのメリットがあります。年3回、全国各地の会場で実施され、3級は4,900円、団体申し込みの場合は3,900円の検定料がかかります。

3級の試験内容・流れ

英検3級のレベルは中学卒業程度で必要語彙数は2,100語程度です。ここでは試験の内容をはじめ、時間配分、合格点・合格率の目安について解説します。

試験内容

1次試験の試験内容は以下の通りです。

・リーディング(4肢選択式)
大問1:短文の語句の空所補充 15問
大問2:会話文の空所補充 5問
大問3:長文の内容の一致選択 10問 (掲示・案内とEメール、説明文の3種類の問題が出題されます)

・ライティング(記述式)
大問4:質問に対する回答を25~35語を目安に、自分の考えとその理由を2つ記述 1問

・リスニング(3~4肢選択式)
第1部:会話の応答文選択        10問
第2部:会話の内容の一致選択   10問
第3部:文の内容の一致選択     10問

時間配分

1次試験は筆記試験に50分、リスニング試験に25分の時間が割り当てられています。

リーディング全体に31分(大問1:8分、大問2:3分、大問3:20分)、ライティングに15分かけて、残りの4分間で見直しとリスニングの選択肢に目を通しておくと良いでしょう。

合格点・合格率の目安

英検3級の受験生の合格率は2016年以降公開されていませんが、約53%と言われています。

合格点はCSEスコアで換算され、以下のように約65%が合格ラインです。

・1次試験
合格スコア / 満点  =  1103 / 1650

・2次試験
合格スコア / 満点  =  353 / 550

問題文単語のCEFR(セファール)レベルは?

英検3級の難易度はCEFRのA1レベルとされていますが、実際にこの問題文の単語はCEFRレベルどれくらいなのか分類してみました。
結果、CEFRレベルA1の単語が約60%で、A2も20%ほどあります。
ただし、ここでも固有名詞など出てきますので、この分類は参考程度にしてください。

英検3級の問題文の単語のCEFRレベルを解析!

CEFR(セファール)とは、外国語のコミュニケーション能力を表す指標のことで、欧米を中心に広く使われている国際標準規格です。レベルは A1、A2 、B1、B2、C1、最高レベルのC2に分けられています。

3級の長文読解勉強法・対策

ここでは英検3級の長文を攻略するための、4つの勉強法・対策をご紹介します。

先に問題を読む

本文に目を通す前に、先に問題文と選択肢を読むことをクセとして身につけておきましょう。先に問題文を読んでおくことで、本文がどのような内容なのかが類推でき、必要な部分だけを読んで問題に関係のない部分は軽く読み飛ばすことができます。

単語推測力をつける

文中に出てきた分からない単語を大まかにイメージできる力をつけましょう。意味が分からない単語であっても、前後の文脈や周辺の単語、その単語の成り立ちから意味を予想できます。単語推測力があればある程度の単語を理解していれば長文を読み解くことができます。

単語推測力をつけるためには極力辞書を使わないことです。辞書は長文を一通り読み終わったあとの確認作業で使うようにすると、分からない単語の推測力を磨くことができます。

復習が重要

最後に和訳して復習して、本当に英文を理解することができているか確認しましょう。分からない単語があったらメモをして辞書で調べるようにし、熟語や対義語など様々な情報やイメージとともに覚えるようにしましょう。最後に音読をして、音読で読んだ英文を、日本語を介さずにイメージできるようになれば格段に英語力がアップします。

リーディング練習法 初級レベルの洋書を多読・音読

初級レベルの洋書を多読と音読することで、リーディングスピードが劇的に上がります。洋書を読めば単語やイディオムを覚えられる他にも、文中でどのように単語が使われているかという、ネイティブの感覚を掴むことができますので、リスニング、ライティング力の向上も期待できます。

間違った英語長文勉強法

世の中には間違った英語長文の勉強法もあります。初心者が陥りがちな誤った勉強方法をここでは2つ紹介します。

単語をひたすら覚える

長文を読むときに、分からない単語が出てくる度に辞書を引いていては、英文の読解能力がつきません。英検の試験では分からない単語は必ず出てきますので、単語推測力を用いて読むようにし、覚える単語の量はある程度見切りをつけましょう。

復習せずに新しい長文を読んでいる

長文の勉強で必要なのは量ではなく質です。量をこなせば長文を読めるようになると思って、丁寧に復習せずに新しい長文を読んでいると効果が出ません。また、長文問題はリーディング力だけでは足りず、問題の解き方を覚えたり、出題傾向に慣れたりすることが重要です。間違った問題は理解できていなかったり、苦手な部分だったりすることが多いため、しっかりと復習して苦手を克服しておきましょう。

キャタルなら本物の英語力が身につく!

こ記事では英検3級の長文対策について紹介してきました。多読をしたくても英語が苦手な方、初めての英検の試験で失敗したくない方は是非キャタルへお越しください。バイリンガル講師によるハイレベルで丁寧なレッスンとキャタル流のメソッドで英検対策はもちろんのこと、一生使える英語力を身につけることが出来ます。キャタルのバイリンガル講師との丁寧な反復対面練習で、英語のインプットとアウトプットを繰り返すことによって、バイリンガルレベルの英語能力を身につけることが出来ます。キャタルでは無料体験レッスンも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。