英検3級のレベルってTOEICやTOEFLとの難易度などを徹底比較

  • LINEで送る

英検3級

この記事では英検3級のレベルについて解説していきます。英検対策に強い塾。4技能型英語塾のキャタルは、ただ合格するだけでなく英検2級レベルを十分に満たす、一生使える英語力を身につけるための塾です。バイリンガルの正しい英語学習法で英語力を高めて英検3級合格を目指します。この記事では、英検3級の難易度や合格点・合格率、4級との違い、具体的な勉強法・対策を紹介します。

英検とは

英検は、正式名称を「実用英語技能検定」といい、公益財団法人日本英語検定協会が主催し、毎年約250万人以上が受験する日本で最も知名度のある英語技能検定です。

英検では「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能が問われるため、総合的に英語力を身につけていくことが可能です。さらに、学習レベルに応じて5級、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級の7つのグレードが設定されているため、短期的な目標にもしやすく、小学生から社会人まで幅広い年代の方が毎年受験しています。

開催回数:年3回
開催場所:全国各地の本会場、及び団体申し込みの準会場
受験料(3級・本会場受験の場合):4,900円
申し込み方法:インターネット、コンビニ、特約書店にて申し込み

英検取得のメリット

英検を取得するメリットは、何と言っても受験することでスピーキング力を着実に身につけることができる点です。日常会話からビジネス会話まで、幅広い場面を想定した試験が設けられており、英語で実践的なコミュニケーションを取ることができるようになります。

また、グローバル化が進む現代において、英語の4技能の習得が重視されています。そのため、一部の高校や大学では英検資格取得者に対し入学試験や単位認定の際に優遇を行うなどの活用が進められています。

さらに、英検を取得すれば、海外留学時の語学力証明資格として活用したり、教員採用試験での優遇措置を受けられたり、通訳ガイド試験受験時に英検1級合格者は英語の筆記試験が免除されたりと、英検資格によって活躍の場を広げることもできます。

英検3級のレベル

英検3級のレベルは、中学卒業程度とされています。英検の公式サイトによると5~3級の習得目標は「使える英語の登竜門」とされており、3級はまさに基礎的な英語力の集大成としての級と言えます。3級の語彙力は2,100語程度で、身近な英語を理解し、使用できることが求められます。

3級の合格正答率は65%弱です。しっかり対策を行い、確実に得点できるよう勉強しましょう。

3級の試験内容

3級は、一次試験の筆記とリスニング、二次試験の面接形式のスピーキングに分かれています。ここでは各試験の内容を解説します。

一次試験

一次試験は筆記50分、リスニング約25分で構成されています。
場面は家庭や学校、公共施設やアナウンスなどを想定したものが出題され、話題は趣味や道案内、休日の予定といった内容が出題されます。

・リーディング(4肢選択式)
短文の語句の空所補充(15問)
会話文の空所補充(5問)
長文の内容の一致選択(10問)

・ライティング(記述式)
質問に対する回答を25~35語を目安に、自身の考えとその理由を2つ記述(1問)

・リスニング(3、4肢選択式)
会話の応答文選択(10問)、会話の内容の一致選択(10問)、文の内容の一致選択(10問)

二次試験

面接委員と1対1の個人面接で、面接時間は約5分間です。
話題については、読書週間、冬のスポーツ、四季などから出題されます。

・スピーキング
音読(1問)、パッセージについての質問(1問)、イラストについての質問(2問)、受験者自身のことなど(2問)

英検3級と4級との違い

4級ではスピーキングは希望者のみ受験することができる録音型の面接でしたが、3級からはスピーキングテストは必須となり、形式も面接型の試験に変わります。面接形式のため、英語で的確なコミュニケーションを取ることができるか、話す力がより的確に測定されます。

さらに、4級は筆記試験がリーディングとリスニングのみであったのに対し、3級からはライティングが加わります。

3級からは試験内容ががらりと変わりますので、当日あわてないためにも過去問を解くなどして対策をしておきましょう。

Toeicとの違い

TOEICは、世界的にスタンダードな英語試験の一つで、英語を母国語としない人たちの英語力を測定するために生まれた試験です。TOEICはリスニングとリーディングの2つの技能が問われる試験です。特にビジネス英語でのコミュニケーション能力の測定に特化した試験内容のため、大学生や社会人に人気の英語資格です。

英検3級は、TOEICで320~620点に該当します。

GTECとの比較

GTECは、通信教育事業の最大手であるベネッセが主催する英語検定です。英検と同じく英語4技能を測定します。GTEC CBTであれば自宅でのオンライン受験も可能で、受験方法が柔軟な点が大きな特徴です。私立中・高一貫校の多くで採用しているため、受験者は中高生が多いです。

英検3級は、GTECで1400~1699点に該当します。

TOEFLとの比較

TOEFLは英語を母国語としない人たちの英語力判定を目的としてアメリカで開発されたスコア型の英語試験です。英検と同様に、読む・聞く・話す・書く、の英語4技能を測定します。英語圏の大学や大学院へ留学する際の合否基準に採用されています。TOEFLにはいくつか種類があり、小中学生などを対象とした「TOEFL Primary」や、中高生を対象とした「TOEFL Junior」も用意されていますが、一般的にTOEFLと言えばTOEFL iBTを指します。

英検3級は、TOEFL iBTでの該当得点はありませんので、TOEFL iBTはより上級者向けの英語試験と言えます。

勉強法・対策

英検3級に合格するためには、英語4技能をバランス良く習得していく必要があります。ここでは英検3級向けの勉強法と対策についてご紹介します。

リーディング

まず、英語力を身につけるためには、リーディングに限らず語彙力をつける必要があります。単語や熟語に関しては通勤・通学の合間に勉強することができるので、毎日コツコツ勉強していきましょう。覚える際は、同義語・対義語などの複数の情報を絡めて覚えたり、発音したりすると記憶への定着も高くなり効率的に覚えることができます。

また、リーディングでは文法や長文の対策も必須です。文法は中学校レベルのものは網羅しておくことはもちろん、長文に関しても過去問を解く、簡単な物語を読むなどして長文を読むことに慣れておきましょう。

ライティング

ライティングは、与えられたトピックに関して考える練習をし、意見の書き方については以下の形式に当てはめてみると自身の考えが伝えやすくなります。

①自身の意見
I like ~.
I have two reasons.

②一つ目の理由
First,

③二つ目の理由
Second,

④まとめ
For these reasons, I think ~.

リスニング

リスニングは、スクリプトを見ながらシャドーイング練習も行うと性格に英語が聞き取れるようになり、同時にスピーキング力も磨くことができます。聞き取れない音は発音できない音であることを覚えておき、正しい発音ができるようになるまで声に出して練習しましょう。

スピーキング

スピーキングは、応答内容、発音、語彙、文法、語法、情報量、積極的にコミュニケーションを図ろうとする意欲や態度(アティチュード)などの観点で評価を受けます。よって、英語で自然なコミュニケーションを取れるように、友達や先生などを相手に、英語で話す練習をしてみましょう。練習相手がいない場合でも、独り言でも良いので、英語をしゃべる練習を意識して行うようにしましょう。

キャタルなら本物の英語力が身につく!

以上、英検3級の概要と他英語検定との比較、英検3級の勉強法と対策についてご紹介しました。

独学で「聞く」「読む」「話す」「書く」の4つの技能を習得していくのはなかなか難しいと思います。また、3級の試験に合格することができても、一生使える英語を身につけるというのはとても大変なことです。そこで、4技能型英語塾キャタルでより効率的に英検対策を行い、一生使える英語力も同時に身につけてみませんか。

4技能型英語塾のキャタルでは、高いコーチングスキルを備えたバイリンガル講師の元、質の高いフィードバックと徹底したインプット・アウトプットを繰り返しながら着実に英語力を身につけることができます。

キャタルでは、無料体験レッスンも実施しております。ぜひ一度、無料体験レッスンにお越しいただき、教室の雰囲気や講師がお子様に合っているか、キャタル流メソッドがどんなものか、実際に見て、体験して、通われるか決めてみてください。

【無料レポート】次回の英検受験で、合格を目指しているお子さまに!

英検に強い!英語塾キャタルの2018年度の英検合格者数、617名!

英検2級の合格を目指して何度もチャレンジしている方こそ知ってほしい、本当に使える英語力が身につくキャタルの勉強法を無料公開!
英検に合格できたけど、英語が「書けない」「話せない」。
そんな子どもたちをたくさん知っています。
本質的な英検学習で使える英語を身につけ、英検にも合格できる「受かる+使える」英語学習法をご紹介。

・なぜ、小学5年生で英検1級に合格できたのか
・英検の大きな誤解と落とし穴は◯◯だった
・英検にも合格できる、使える英語も身につく勉強法とは

など、特別無料レポートを読むだけで、お子さまの英検の勉強が劇的に変わります。
是非、お子さまの英検合格にお役立てください。


ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。