英検3級のリスニング対策!効果的な勉強法と高得点がとれるテクニックを紹介

英検3級のリスニング対策!効果的な勉強法と高得点がとれるテクニックを紹介

この記事では英検3級のリスニングについて解説していきます。英検対策に強い塾。4技能型英語塾のキャタルは、ただ合格するだけでなく英検3級レベルを十分に満たす一生使える英語力を身につけるための塾です。バイリンガルの正しい英語学習法で英語力を高めて英検3級合格を目指します。この記事では、英検3級の難易度や合格点・合格率、4級との違い、具体的な勉強法・対策を紹介します。

英検とは

英検(正式名称を実用英語技能検定という)は、日本英語検定協会が実施する英語技能全般を測定する検定試験として1963年に創設され、1968年には「文部省認定の技能検定」の認定を受けました。日本における英語技能検定の中で最も長い歴史を持ち、年3回、全国各地の受験会場で実施されています。

試験は難易度別に7つのグレードに分かれており、英語に関する「聞く」「読む」「書く」「話す」の4つの技能を測定し、合否判定と英検CSEスコアという英語力の国際的な評価指標による成績の通知がなされます。

毎年300万人近くの志願者を集め、中高生を中心に人気の高い検定試験であり、大学入試や就職試験における英語力を客観的に証明する資格として活用されています。

[kanrenc id=”5778″]

3級の試験内容・流れ

英検3級は筆記(リーディング、ライティング、リスニング)形式で行われる1次試験と、面接形式のスピーキングテストの2次試験の2段階に分けて実施されます。試験の難易度は中学卒業程度とされ、求められる語彙数は2,000語程度と言われています。ここではリスニング試験が行われる1次試験を中心に、試験内容と流れについて解説します。

試験内容

1次試験は、リーディング・ライティング・リスニングの3つの形式で行われます。ライティング試験は記述方式、リーディングとリスニングの試験はマークシート方式で回答します。いずれの試験についても、扱われるテーマは天気に関する話題から歴史、海外の文化といった知的なものまで幅広く、家庭や学校での電話でのやり取りなどを想定した場面設定が多く見られます。

配点・時間配分

リーディング試験が大問3つ、リスニング試験は第1部から3部までに分かれています。どちらの試験も多肢選択式で30問ずつの出題、1問1点で採点されます。また、ライティング試験は作文形式が1問、内容・構成・語彙・文法の4つの観点ごとに0~4点の評価が付けられ、16点満点です。

制限時間は、リーディング試験とライティング試験で構成される筆記試験が50分、リスニング試験は25分とされ、1次試験全体で75分の試験時間となっています。制限時間に対して問題数が多いので、適切な時間配分が大切です。

例えば、制限時間50分の筆記試験を45分(リーディングに30分、ライティングに15分)で終える時間配分にすればリスニング開始まで5分の余裕ができるので、この時間を使って筆記試験の見直しを終えて、次に行われるリスニングの選択肢に目を通しておくといった時間の使い方ができます。

合格点・合格率の目安

2016年度から合否判定方法が変わりました。従来の得点を合算した結果で合否を決めるのではなく、英検CSEスコアを使って技能ごとにスコアを算出して合否を判定します。英検CSEスコアという絶対的な基準を導入することで、検定試験の級や回が違っても客観的な英語力の比較ができるようになりました。

公式HPで公表されている3級試験のCSEスコアの合格基準は以下の通りです。

1次試験

合格スコア:1103
満点:1650

2次試験

合格スコア:353
満点:550

およそ65%の正答率が合格ラインです。リーディング・ライティング・リスニングの3技能全てにおいて基準をクリアすることが必要ですが、合格率が50%台なのでしっかりと対策して臨めば充分合格できる試験だと言えるでしょう。

4級との違い

4級試験との1番の違いは、面接形式のスピーキングテストの2次試験が必須となることです。面接では語彙・文法・発音などの基礎能力だけでなく、英語を使って状況に応じた自然なコミュニケーションを取れるかといった話す能力のより深い審査が行われます。また、筆記試験においても新たにライティングの試験が加わり、4級試験と比べると全体的に総合的な英語力を試される仕様になっています。したがって、合格するためには各技能をバランスよく習得する必要があります。

英検4級に合格のための勉強法・対策総まとめ英検4級に合格のための勉強法・対策総まとめ

勉強法・対策

英検3級のリスニング試験対策としてどのような勉強法をとればよいでしょうか。ここでは、リスニング試験の効果的な対策として、「シャドーイング」をご紹介します。

シャドーイングとは、英語音声を聞いたすぐ後から復唱することでリスニング能力を磨く学習方法です。リスニング能力は、英語のリズムやイントネーションに慣れることでしか向上できません。シャドーイングを繰り返すことで、今まで聴き取ることが難しかった単語が理解できるようになります。このシャドーイングは声に出すことでよく使われる会話表現を自然に覚えられ、また、スピーキング能力も鍛えられるので、2次試験対策としても有効です。

英検3級のリスニング試験対策としてのシャドーイングでは、ただ漫然と取り組むのではなく、最初は音声スクリプト、つまり英文を見ながら行い、次に音声なしでの音読、そして最後には英文なしで行うという風にメリハリをつけるとより効果的です。

使えるテクニック

このようにシャドーイングを通してリスニング能力が向上できたとしても、本番の試験には緊張感があるので力を発揮できるとは限りません。しかし、出題形式がある程度定まっているので、過去問や予想問題などを繰り返し解き、試験前にパターンを掴んでおけば慌てずに済みます。

ここでは、英検3級のリスニング試験で使える回答手順のテクニックをご紹介します。

問題冊子にあるイラストや選択肢を予めチェックしておく

印刷されたイラストや選択肢から何かヒントが得られないでしょうか。指示文が読み上げられる間にチェックしてみましょう。例えば、全ての選択肢が動詞であれば登場人物の行動を訊きたいのだなと推測できます。

会話の冒頭と最後に注意する

会話の聞き取りでは、会話のテーマをできるだけ早く掴むことが大事です。そのヒントは冒頭のセリフに含まれていることが多いので、しっかり注意を向けましょう。そして、会話の最後は正解の選択肢に直結することが多い部分です。おきまりのWhoやWhenなどの疑問詞で始まる問いに的確に答えるためには、会話の最後を注意して聴くことが重要です。

ただ、これらは確かにリスニング試験への多少の対策になるとはいえ、あくまでテクニックに過ぎません。本当の英語力をつけることには繋がらないということはよく理解しておいてください。

キャタルなら本物の英語力が身につく!

ここまで、英検3級のリスニング対策をテーマに、過去問や例題から本当の英語力をつける方法について解説してきました。英検3級のリスニング対策を独学で取り組むのは難しそうだと感じた方、シャドーイングをもっと実践的に取り組みたいと感じている方、あるいは小手先のテクニックの習得では満足できない方、これらすべての方々にキャタルをおすすめします。

キャタルでは、優れたコーチングスキルを備えたバイリンガル講師による密度の濃いレッスンが行われます。対面での徹底的なインプット・アウトプットの反復学習により、英検3級のリスニング試験はもちろん、海外に出て行っても堂々と英語を扱えるレベルまで英語力を高められるでしょう。

無料体験レッスンも行っておりますので、レッスンが合うかどうか試してから通うか決めることができます。

本物の英語力を身につけたい方はぜひご一考ください。

英検3級のリーディング・長文問題対策で合格に必要な勉強法やコツを教えます英検3級のリーディング・長文問題対策で合格に必要な勉強法やコツを教えます 英検3級のライティング対策本物の英語力を養うための方法伝授英検3級のライティング対策本物の英語力を養うための方法伝授 英検3級のスピーキング対策勉強法のコツが詰まってます英検3級のスピーキング対策勉強法のコツが詰まってます