英検直前対策!実力を発揮するために当日やるべき5つのこと

今週末はついに英検ですね!今日は英検受験予定の方に向けて、最後の英検対策として受験当日・受験直前にやっておきたいことをご紹介します◎ぜひ参考にしてみてください。

早く起きてしっかり脳を活性化

一生懸命勉強したのに、試験で実力を発揮できないのは一番もったいないですよね。少しでもケアレスミスをなくすために大事になってくるのが、試験前日の寝る時間と試験当日の起きる時間。ギリギリまで詰め込み勉強をしたい気持ちもわかりますが、試験中に影響がないよう、試験前日は早めに寝るのが吉。最後の詰め込み勉強をしたいのであれば、試験前日の夜ではなく試験当日の朝に少し早く起きてやるのがおすすめです。一般的に人間の脳が完全に働くまでに3時間〜4時間かかると言われているので試験開始時間の3時間前には起きて、朝少し勉強することで脳の準備体操をするのがいいかもしれません。

適度な糖分と炭水化物で集中力を高める

試験当日は気合を入れるためにも、いつもと違うものを食べようという方もいるかもしれませんが、いつも通りのものを食べることをオススメします。万が一、試験中に気持ち悪くなったり、お腹が痛くなったら大変ですもんね。朝食べるものはその日の集中力にも影響してきます。あまり食べすぎると脳ではなく胃に血が流れてしまい、お腹がいっぱいになって試験中眠くなってしまうので食べ過ぎにも要注意です。適度な糖分と炭水化物の摂取を当日は意識してみてください。

英語脳へスイッチON!

普段はもちろん、試験当日も起きた状態は日本語脳かと思いますができるだけ早く英語脳に切り替えるタイミングを作るようにしてみてください。例えば、朝ご飯を食べている間や会場までの移動時間は英検のリスニング教材の音源を聞くなど、英語を聴く時間を作るのが英語脳にシフトする一番簡単な方法。二次試験ではスピーキングがあるため、口を動かして英語を話すこともした方がいいですが、一次試験はスピーキングがないので、抵抗感なくリスニングテストに望めるよう耳を慣らすことを最優先にしたらいいでしょう。

時間に余裕を持って気持ちにも余裕を

言わずもがなかもしれませんが、電車の遅延や、会場がわからず迷子になる可能性も考えて時間に余裕を持って会場に向かうことをおすすめします。会場が混雑していてエレベーターに長蛇の列、なんてこともありえますよね。落ち着いて試験に臨めるよう試験時間ギリギリに到着ではなく、時間に余裕を持って会場に行きましょう。

とにかく不安要素になりそうなことは全て排除すること。予備の筆記用具を持っていくことや会場が寒かった場合の上着など、落ち着いて試験が受けられるように自分で事前に準備できることはしてみてください。

周りは無視して、自分の力を信じて

ここまできたら、あとは集中して試験を受けるだけ。周りに自分よりめちゃくちゃ小さい子がいても動揺不要。頑張って勉強してきたので大丈夫と言い聞かせてテストに臨んでください。また、テスト中も英検CBTであれば周りと進み具合が違うのが分かって焦ったりするかもしれませんが、制限時間内に終われば問題ないので自分のペースで進めれば大丈夫。

最後に大事になってくる自信は、日頃の勉強がやっぱり影響してきます。試験当日に成果をきちんと出すためにも、しっかり準備してきたと胸を張って試験に臨めるようにしておきたいですね。英語塾キャタルでも、英検対策カリキュラムを受講してくれていた生徒さんから「キャタルで頑張って勉強していたことが安心感につながり、自信を持って受験できた」というお声をいただいています。英検対策をしっかり行いたい方はぜひ一度英語塾キャタルにご相談ください◎