【悩み別英検対策】単語が覚えられない?語彙力強化のヒミツ

こんにちは!4技能型英語塾のキャタルのマーケティングチームに所属しています、Karenです。

英検合格に必須となってくる語彙力。キャタルでもレベル問わず、英検対策においては語彙力強化に苦戦している生徒さんが多く見受けられます。そこで今回は英単語の暗記、語彙力の強化に関する情報をまとめてお伝えします!

英検における語彙力の重要性

英検で単語力が最も必要とされるのは大問1の空所補充問題です。文脈に合った適切な単語を選ぶことが求められるこの4択問題は2級までは20問、準1級と1級では25問出題されます。英検ではCSEスコアという統計的手法を用いた採点方法が採用されているため、具体的には何問正解しないと不合格とは言い切れませんが、合格には7割程度の正解率が必要と言われています。

英検においてはその他の問題でも単語力は必要となってきます。長文読解問題では前後の流れからある程度、単語の意味が予想できますが、それでも語彙力があった方が優位であることに変わりありません。リスニングではどんどん問題が流れてくるため、意味を思い出す時間は十分にありません。そういう意味でも語彙力は全ての問題において大事となってくるため、英検合格を目指すにあたって必ず強化したいスキルになります。

英検レベル別・出題英単語の特徴と覚え方

英検3級から英検1級では必要な英単語の語彙数は大きく異なります。

英検レベル別必要単語数

英検3級は中学卒業程度のレベルなので必要な語彙数は約2,100語となっています。英検準2級の必要語彙数は2,600~3,600語程度、2級の場合は3,800~5,100語程度、準1級では約7,500〜9,000語の語彙力が必要なってきます。そして1級の必要語彙数の目安は約10,000~15,000語です。

各レベルごとの出題英単語の特徴や覚え方はレベルごとに紹介している下記の英検対策記事からご確認ください。

英検における効果的な単語暗記法

キャタルでは英検対策の語彙力強化において最も大事なポイントはボキャブラリーカード(単語カード)の活用です。単語を暗記する方法としていわゆる暗記カードを活用される方は多いことかと思います。キャタルも暗記カードに似た、ボキャブラリーカードを作成しますが、ただ表に英単語、裏に英単語の意味を日本語で書いたカードではないのが特徴です。詳しくは英単語の正しい覚え方!語彙力を強化する効率の良い学習方法を徹底解説にて解説しているのでご確認ください。

その他にも英単語を情景で理解し、音読しながら暗記するのもキャタルで大事にしている単語の暗記法です。実際に、私も英検準1級の単語を覚える際は、文章の流れで単語の意味をイメージで覚えたり、CDで音源を聴きながら暗記し、無事英検準1級に合格しました!私が行った具体的な英検準1級の勉強法については英語嫌いだった私が、英検準1級を中学3年生で合格した勉強法を読んでいただけたらと思います。

英検対策における英単語カードの重要性

英検のリーディングが一番課題だったHさんは、キャタルで毎回ボキャブラリーカードを活用して語彙力を強化。

キャタルの英検対策では、毎レッスン20枚のボキャブラリーカード(単語カード)を作成します。そして、もともと購入していた英検の過去問の教材を使って、問題文に出てきた単語を覚えるために自分でもボキャブラリーカードを作って練習しました。

キャタル入塾前に英検2級に挑戦したものの不合格だったことから、次こそ合格するためにキャタルに来てくれたHさんはその後2回目の挑戦で無事英検2級に合格されました。>>小学校6年生で英検2級合格!音読と英単語カードが成長のカギ

単語カードの作成は集中力も必要な作業になります。また、作ることよりも、作った後にどれだけ英単語の意味を覚えられるかということが大事です。英検対策の中でも特に語彙力の強化に課題を感じている方はぜひ英語塾キャタルにご相談ください!学習カウンセラーがお子さまにあった英検対策・英語学習法を提案させていただきます。